« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

逃げろ、ビート、逃げろ! 2012年 春 天皇賞 

Photo_4   

 逃げる、と言う言葉は、普段、あまり良い意味では使われない。ただし何かの戦略とか戦法として考えると少しニュアンスが違ってくる。80年代の浅田彰の著書に『逃走論』というのがあったし、矢沢永吉の『逃亡者』はとてもポジティブな歌だ。

 競馬をやらない人に「逃げ馬」と言っても意味は分からないか。最初から飛ばしていって最後まで逃げ切るという走りを得意とする馬。スタミナと持久力が武器だが、昔は自爆覚悟でスポンサーや馬名を覚えて貰おうとそんな走りを馬にさせる騎手がいたらしい。が、大概は途中で力尽き抜かれてしまう。

 今日の天皇賞はオルフェーブルの絶対一強が確実視されたような雰囲気だった。前回の阪神大賞典での“世紀の逸走”はかえってオルフェーブルのただものじゃなさを世に知らしめたようでもあって、新聞各紙はオルフェーブルを軸に流すのが正しい馬券買いのような意見がほとんどだった。

 ホントか?しかし、こういうのは面白くもなんとも無い。それで私が選んだ方法は相変わらず、ただ、好きで思い入れのある馬の応援馬券を買うという、ただそれだけ。私が買ったのは⑬フェイトフルウォーの複勝と①ビートブラックの応援馬券。

 フェイトフルウォーは以前、放馬後に勝利するのを目の前で見て以来好きになり、その後、何度か馬券を買ったがこの馬とは相性が悪いのか、私が買ったレースは走らず買わないとくると言うことが何度かあって、それで今回は複勝にした。ビートブラックはこれも以前、ビートジェネレーションがらみのイヴェントに出演した翌日の菊花賞で、馬名からの発想で買ったら複勝を取って、以来、何かと気にしていた馬。菊花賞は3000mなので今回の距離適正は一番良いような印象があった。

で、結果はビートブラックの先行逃げ切り。

  http://youtu.be/_-nu7bYaAXU

 生で馬が走るのを見ないとおれない体になってしまった私は、今日、わざわざ東京競馬場に出かけていって、東京のレースはただ眺めるだけにしてターフビジョンで京都での天皇賞を見た。最初、冷静に見ていたが、意外な展開に周囲がどよめくと共に力が入ってきて、最後の直線ではやはり叫んでしまった。逃げろ、ビート、逃げろ!

 レースが終わった瞬間、オルフェがこなかったという失望から東京競馬場にも大きなため息が漏れたが私は密かにガッツポーズ。単勝オッズ15960円、複勝3720円、大勝だった。

 競馬をやっていると時々、走っている馬の姿に色んな物事や人の姿が重なって見えることがある。今日のビートブラックもそうだった。あの馬は私。いや私たちだ。

 逃げろ、ビート、逃げろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bell

 

      見知らぬ国の
      どんな悲しみの眼差しで送られた
      落日の続きとも知らずに
      朝
      最初の光が街にはみ出すと
      眠らないあなたの足元で
      影が飛び去る
     
      

      砕け散り飛び去る影は
      無数の鳥になり
      羽ばたく と
      きれいな音を残し 空へと落ちていった
     
      

      Bell
      花の色が教えるのは
      一瞬に宿る
      永遠
     
      

      だが懸命に生きるあなたの手の中で
      一日は
      あまりに短く
     
      

      夜は
      静かに祈る人の
      閉じた目の中の優しい闇
     
      

      その中をまた光は泳ぎ
     
      夕焼けは朝日に
     
      悲しみは
      希望になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »