« 猫語 | トップページ | 一つ to T.O »

シネイド・オコナーの「I bive in you」

 昨日、フェイスブックになんの気なしに今やっているドラマ「Wの悲劇」で平井堅が歌う「Woman~Wの悲劇」を貼り付けたら、それは薬師丸ひろ子の曲だろう、というコメントを貰った。

 つまりオリジナルが良いかカヴァーが良いかというただそれだけの話だが、しかし、オリジナルのイメージが払拭されたとたん、その曲本来の良さが新たに分かるという事だってある。

 数年前、最も偉大なカヴァー曲は誰の何か?なるアンケートが某雑誌で行われていた。覚えているところで1位はジミ・ヘンドリックスによるボブ・ディランの「見張り塔からずっと」で、2位がガンズ&ローゼズによるポール・マッカートニー&ウィングスの「007・死ぬのは奴らだ」、そして3位がやはりガンズ&ローゼズでローリング・ストーンズのカヴァー「地の塩」だったと思う。確かにこの3曲ば、はすでにカヴァーした方の曲になちゃってる気がする。

 自分なら何を選ぶか?という遊びを頭の中でまたして、私が選んだのはシネイド・オコナーの『I belive in you』。原曲はボブ・ディラン。1992年のディランのデヴュー30周年記念ライブの時、彼女はある宗教上の問題を起こし大ブーイングで迎えられ、一人だけボブ・マーレーの「War」を歌う羽目になったが、もし、そんなことが無ければ彼女はあの時、この曲を歌う筈だった。

 

 つい最近、彼女のニュースが聞こえてきて、何度か結婚を繰り返し、精神のバランスを崩しTwiitterに自殺願望のような書き込みをして本国で騒ぎになったらしい。写真も見たが、太って別人のようだった。歌のほうはどうなのだろうか。

 今、ネット上の動画を見ていると彼女は実に様々の曲をカヴァーをしていて、ABBAの「チキチータ」なんてのもある。そして、あの声で歌われると全てがシネイド・オコナーの曲になってしまう。

 それにしても素晴らしい歌声。完全復活を望む。

対訳は例によってコメント欄です。

|

« 猫語 | トップページ | 一つ to T.O »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント


I belive In you

彼らは聞く、私がどんな気持ちか、
その愛は本物かどうか
そしてそれを貫き通すことができるのか、と
彼らは聞き、そして私を見ては眉をひそめる
彼らは私をこの町から追い出したい
私にいてほしくないないのだ
あなたを信じているから

彼らは私にドアを示し、
もう二度と来るなと言う
彼らが望むように私はなってやらなかったから
それで私は誰の世話にもならず
町を出て一千マイルを歩いた
淋しくはないさ
あなたを信じているから

あなたを信じる 涙と笑いの中で
あなたを信じる 離れ離れになっても
あなたを信じる 二日酔いの朝も
おお 夜明けのときも
おお 夜が消えるときも
おお この感覚は依然として私の内にある

だから 
あまり遠くまで行かせないで下さい
あなたのいるところにいさせて下さい
そうすれば私はいつも新しい
あなたが今日くれたものは
私には払えきれないほどのものです
そして彼らがなんと言おうと
私はあなたを信じています

あなたを信じる 冬が夏に変わる時
あなたを信じる 白が黒に変わる時
あなたを信じる 数から外されても
おお 大地が揺れても
おお 友達に見捨てられても
おお そんなことではもう私は戻らない

私に心変わりさせないで下さい
彼らが追い求める計画なんかと
関係の無いところにいさせて下さい
私は苦しみは平気です
土砂降りの雨も平気です
なぜなら大丈夫だとわかっているから
あなたを信じているから

 (詩・曲 ボブ・ディラン 訳 ナヴィ村 )

投稿: ナヴィ村 | 2012年5月 5日 (土) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/45137454

この記事へのトラックバック一覧です: シネイド・オコナーの「I bive in you」:

« 猫語 | トップページ | 一つ to T.O »