« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »

一つ to T.O

 

      会話の中に挟まれた
      漢詩の一行

      憑かれたように写生した
      北京の風景

      半島の土に学んだ
      白磁の碗

      それらをもたらす霊感の総体を
      あなたは
      「一つ」と言った

      愚かな行為に耽ることができる一方で
      なんと美しいものを
      作り出すのだろう
      人間の手は
      (それは はじめ 握手のために
      差し出された手だった。)

      その
      慎ましやかなものたちを生み出すための
      決して歴史には記述されない
      友情と
      時間

      「美しいモノとともに生きれば
      美しく死ぬことができる」by 岡倉天心

      あれ以来
      大陸の
      どの街角にも
      あなたの姿を見たという
      人はいない

      よく晴れた 休日の東京
      飾られた扁壺(つぼ)の中で
      夢は
      実現している
      というのにー

 

 今日、東京国立近代美術館工芸館に『越境する日本人~工芸家が夢見たアジア1910s-1945』を見に行きました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫語

     

     猫は長くないので
     とぐろを巻くというのはヘンな表現だが
     ヒーターの前で
     いつも気持ち良さそうに寝ているその猫は
     確かに 
     とぐろを巻いている
     ように見える

     今度生まれ変わったら猫がいいと
     昔、ジョン・レノンは言ったというが
     ぼくなら
     優しい主人がいる家の
     (できればきれいな女性が主人の家の)
      と いう条件を付けるな

     昨日 雨の中
     痩せて殺気だった目の
     敗残兵のような猫に
     コンビのおにぎりをあげようとして
     手を引っ掻かれた

     猫にもいろいろあるのだ

     最近、気がついた事は
     女性はすべて
     猫語を解する ということ
     暑いのか
     寒いのか
     何を いつ
     どう食べたいのか
     皆 分かる
     男が何を考えているか
     さっぱり分からないと言うくせに
     そのことを妻に言うと
     「だって男は犬だから」
     と一言

     なあるほど
     ぼくも早く
     猫語が解るようになりたいにゃあ    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »