« 逃げろ、ビート、逃げろ! 2012年 春 天皇賞  | トップページ | シネイド・オコナーの「I bive in you」 »

猫語


猫は長くないので
とぐろを巻くというのはヘンな表現だが
ヒーターの前で
いつも気持ち良さそうに寝ているその猫は
確かに 
とぐろを巻いている
ように見える

今度生まれ変わったら猫がいいと
昔、ジョン・レノンは言ったというが
ぼくなら
優しい主人がいる家の
(できればきれいな女性が主人の家の)
 と いう条件を付けるな

昨日 雨の中
痩せて殺気だった目の
敗残兵のような猫に
コンビのおにぎりをあげようとして
手を引っ掻かれた

猫にもいろいろあるのだ

最近、気がついた事は
女性はすべて
猫語を解する ということ
暑いのか
寒いのか
何を いつ
どう食べたいのか
皆 分かる
男が何を考えているか
さっぱり分からないと言うくせに
そのことを妻に言うと
「だって男は犬だから」
と一言

なあるほど
ぼくも早く
猫語が解るようになりたいにゃあ    

|

« 逃げろ、ビート、逃げろ! 2012年 春 天皇賞  | トップページ | シネイド・オコナーの「I bive in you」 »

詩集「The letter」 (91)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫語:

« 逃げろ、ビート、逃げろ! 2012年 春 天皇賞  | トップページ | シネイド・オコナーの「I bive in you」 »