« 猫語 | トップページ | 『旅をする木』~春のナヌーク »

一つ to T.O

 

      会話の中に挟まれた
      漢詩の一行

      憑かれたように写生した
      北京の風景

      半島の土に学んだ
      白磁の碗

      それらをもたらす霊感の総体を
      あなたは
      「一つ」と言った

      愚かな行為に耽ることができる一方で
      なんと美しいものを
      作り出すのだろう
      人間の手は
      (それは はじめ 握手のために
      差し出された手だった。)

      その
      慎ましやかなものたちを生み出すための
      決して歴史には記述されない
      友情と
      時間

      「美しいモノとともに生きれば
      美しく死ぬことができる」by 岡倉天心

      あれ以来
      大陸の
      どの街角にも
      あなたの姿を見たという
      人はいない

      よく晴れた 休日の東京
      飾られた扁壺(つぼ)の中で
      夢は
      実現している
      というのにー

 

 今日、東京国立近代美術館工芸館に『越境する日本人~工芸家が夢見たアジア1910s-1945』を見に行きました。 

|

« 猫語 | トップページ | 『旅をする木』~春のナヌーク »

詩集「The letter」 (80)」カテゴリの記事

コメント

そろそろ、また呑もうよ。今度は、関さん、ター、えーちゃん、ぜんちゃんも交えてさ。暑気払いなんて、どう?

投稿: 志村貴彦 | 2012年5月 5日 (土) 19時11分

 いいねえ、ただこの連休中はもう難しいから、今から呼びかけて夏の前にでも。

 今、イヴェントの企画をしていて不定期に昔の仲間で集まっています。

 今度集まる時、声をかけるよ。

投稿: ナヴィ村 | 2012年5月 5日 (土) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/45145428

この記事へのトラックバック一覧です: 一つ to T.O:

« 猫語 | トップページ | 『旅をする木』~春のナヌーク »