« 日記 2012.夏  8/14~8/18 いわきー山形 | トップページ | 改装中の歌舞伎座と「黒塚」 »


しがみつく手を幹から放し
蝉は地に昇天した

 

最後に目に映じたのは
揺れる緑の葉と枝と
その間を流れる

 

青空ー

 

時々 虫取り網を持った
子供らに
風のように追われもしたが
大概、お前はじっとして
宇宙語みたいな
梵音を
ずっと夏中
唱えていたっけ

 

真言を生きる
蝉の一日は十年 ゆえに
蝉の寿命は七十年
労働に明け暮れる
ぼくの十年は一日 ゆえに
ぼくの寿命は七日 あと三日

 

昼休み 神社の境内に寝転ぶ
ぼくの目に映じるのは
揺れる緑の葉と枝と
その間を流れる

 

青空ー

 

ミーン。

|

« 日記 2012.夏  8/14~8/18 いわきー山形 | トップページ | 改装中の歌舞伎座と「黒塚」 »

詩集「The letter」 (91)」カテゴリの記事