« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

うなぎの話

Photo  先日見に行った歌舞伎『東海道四谷怪談』の三幕目・本所砂村隠亡掘の場での直助権兵衛は“うなぎ取り”だった。あんなでも商売が成り立つのだがら当時はさぞ天然のうなぎがそこかしこにいたのだろう。しかし、一度に大量に取れるものでもないと思うので、当時もやはり貴重な食材だったろう。

 そこのところが気になって調べると、江戸の頃、隅田川、神田川、深川などで上物のうなぎがたくさん取れたらしい。なあんだ。しかし、江戸も初めの頃はうなぎは下賎な食べ物で、がまのほ状に串に刺したものを焼いて味噌を付けて食い「まずくて仕方のないもの」だったとか。当時の金で一串16文、1文=20円として320円ほど。そばが一杯16文だったから、つまりはその程度の食べ物だった。

Photo_2  

 これが天明年間(1781~1789)に醤油、味醂、砂糖等の調味料が発達し、現在の蒲焼のようなスタイルが確立すると、一皿200文(4000~5000円)とたちまち高価なものになる。翻って「忠臣蔵」の外伝的要素が濃い「四谷怪談」の舞台は言わずもがなその約80年ほど前の元禄期。つまり直助権兵衛は下賎な食い物の下賎な食材を取るのを生業にしているということになり、それを知ると彼がどんな悪党なのか、さらに主人公の右衛門がどんなところにまで身を落としたのか分かるようで場に凄みが増す。彼らの「悪」のしぶとさとうなぎの生命力が重なって、まさに「首が飛んでも、動いてみせらぁ」なのだ。

 古典の中の「うなぎ」と言えばもう一つ、落語の『鰻の幇間(たいこ)』があるが、こちらは明治期の噺なので、さすがにもううなぎは芸人(実は詐欺師)と幇間(たいこもち)が酒の肴に喰う粋な食べ物ということになっている。芸人に食い逃げされ、店に置き去られた幇間はその後、半ばやけ気味に、一緒に出す新香や部屋の掛け軸、また酒器についても「こっちは伊万里でこっちが九谷・・・」と、薀蓄を垂れながら文句を言うから、本来ならこうあるべき、といったものがすでにこの時代には出来上がっていたことが分かる。

 少し話題は古いが今週の月曜日22日の土用の丑の日はうなぎを食べなかった。私が住む日野市のある地域には昔、多摩川の堤防が大雨で切れ掛かった時、大量のうなぎがやってきて身を挺して守ってくれたという伝承からうなぎを食べないとする地域があるが、

 http://ehon.hinoshuku.com/archives/page08/post-16.php

もちろんそんな理由じゃなくて、ただ高いから。それとちゃんと薬を飲まない私は例によってまた通風気味で食を控えていたということもある。しかし、思うに私が子供の頃はうなぎなんぞは年に何度か、それこそ大事な客が来た時とか祝い事とかの日に、ありがたがって、かしこまって食べていたもので(寿司もそう)、こうした手に届かない感じの方が個人的には本来の姿という気がする。

 因みに以前、土用にうなぎを食べないとする地区の古老に「じゃ、何を食べるのですか?」と聞くと、その人は「ようするに夏バテしないように精のつくものを食べりゃいいって考えれば、やはり肉。」と言っていた。その他、全国色々で、「う」の付く食べ物ということで、馬(うま)肉、牛(うし)肉、うどん、うめぼし等の例がある。

 芝居や映画に小道具として食べ物が重要な意味を持つ場合があるが、このうなぎのように描かれている時代によって意味する「格」が違う場合があるだろう。また古典においては何を意味しているのか現在では感知できないものもいっぱいあるだろう。今まであまり考えなかったが作者はそうした細かいディティールまで気を使っている筈で、それを考えるのも面白い。

 この7月は早々ととんでもなく暑くなり、仕事もいそがしくて首がついていても動けなくなる日が多かった。暑さは少し落ち着いたが、夏はまだまだ続く。

 二の丑の日の8月3日には何を食べようか。(写真は嘉永5年(1852)の江戸前大蒲焼 番付表。幕末の頃、江戸には221件の鰻屋があったとか。)

| | コメント (0)

27度目の歌舞伎~東海道四谷怪談

Photo  昨日、やっと新しい歌舞伎座に行ってきた。見たのは歌舞伎座新開場杮葺落・七月花形歌舞伎 夜の部 『東海道四谷怪談』。

 お岩・佐藤与茂七・小仏小平に菊之助、民谷右衛門に染五郎、四谷左門に錦吾、伊藤喜兵衛に団蔵、お梅に右近、直助権兵衛に松禄、他。

 今回は大詰に歌舞伎座では実に30年振りの上演となる「蛍狩りの場」があった。若き日の右衛門とお岩が七夕の夜に逢瀬を楽しむ幻想的なシーンだが、これがあったせいか、観終わって今までこの話に抱いていたものとちょっと違う感想を持った。そもそも過去の悪事が発端とは言え、それを理由にお岩を実家に戻してしまった父・四谷佐門に、岩を返せ、と言い募り、断られ、それで彼を殺してしまうところが芝居の始まり。

 右衛門は悪党ながらそれなりに岩を愛していたのだろうな、と今回特に思った。だとしたら、仲むつまじい「蛍狩り」から本編のような凄惨な物語に変わっていくまでの男女の、人間の過程そのものが怖いと思った。

Photo_2  翻って菊之介の岩は哀しみに溢れていたとはいえ、怖くなかった。生涯に9度も岩役をやった三代目菊五郎は「お化けは心安く、幽霊は心苦しく。」と言ったというが、菊之介の岩は「哀れ」が「怨み」に勝っていた。江戸の頃は菊五郎の岩を見ただけで失神した人もいたというが、今、芸の力だけでそれだけ怖い岩というのは可能なのだろうか。可能なら見てみたいと思う。

 染め五郎の「色悪」ぶりは貫禄がついてきたのか、良かった。だから、やはり怖かったのはこちらの方だ。

 「戸板返し」や「提灯抜け」など夏歌舞伎らしい仕掛けは見事で、江戸の昔、良くこんなトリックを思いついたものだと感心することしきり。ただ疑問に思ったのは例の「蛍狩り」の蛍の表現。今回レーザーライトでやっていた(多分)が、30年前はどうしていたのか。江戸の昔は。

                      ☆

 電話で聞くとチケットは完売で、相変わらず幕見で見たが、新歌舞伎座になって幕見のシステムも少し変わっていた。並ぶと順番に整理券が貰えて開演20分前に再び4階に番号順に並ぶ、ということに。以前のチケットを買ったら息を切らせながらあの長い階段を上っていくというのはもうなくて、エレベーターで行く。便利になったが味気ない気もした。また、地下鉄東銀座駅構内がおみやげ売り場になっていて、以前は幕見の客は係りに断って館内に入れてもらうというルールだったので、これは前より良い。また隣に「富士そば」ができて、芝居がはけた後、ちょっとかっこんで行くのにこれも良い。

 今回は通し狂言だったので全部見たが、幕見があるとまた気軽に芝居に足が向くというもの。もともと歌舞伎座でこうして観劇を始めたのでなんだか懐かしさもあった。来月は「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)」かな。おかえり歌舞伎座。

 

 PS ついでにもう一つ書くと、序幕 「宅悦地獄宿の場」の宅悦女房役であの中村屋の小山三が出ていた。絶品。

| | コメント (0)

角田光代の「曽根崎心中」を読んだ。

Photo_2   最後に初が、“徳兵衛が嘘をついていたとしたら、徳兵衛が九平次をだまそうとしていたなら・・・(P161より抜粋)と、疑念を抱くところが新しいと思った。300年の間、浄瑠璃、歌舞伎、映画等、様々なジャンルで繰り返し上演されてきた話だが、そのような視点を持つだけでいきなり物語は新たな奥行きを増す。そして遊女たちを取り巻く闇がいっそう深くなる気する。

 しかし、その闇を踏み越えてもなお先へ急げと二人を導くのは哀しい運命を辿った幾多の遊女達の霊=魂である。角田光代はこの小説で過去のそうした女性たちの無念をはらそうとしているかのようだ。

 こっちや、もっと奥深く。もっと奥にお入り。早く、早く、早く、早く。離すんやない、はぐれるんやない。(P164より抜粋)。

 近松の心中ものでは男達は誰も皆呆れるほどのダメ男だ。『冥途の飛脚』の忠兵衛、然り、『心中天の網島』の紙屋治兵衛、然り。そしてこの『曽根崎心中』の徳兵衛もそう。

 だが、それに相対する女達は誰もが賢く、義理固く、健気で、強い。この女が一緒に死ぬに、果たしてこの男で釣り合うのか?と、どれを観ても思うのだが、この小説ではそんな気にならなかった。それは初の独白という形で当時の遊女の置かれた悲惨な環境と心理が細かに描かれるからで、こんな事は勿論、小説でなければ出来ない。

 2時間ちょっとで一気に読んでしまって、これは文楽や歌舞伎でこの物語を見るのと丁度同じくらいの時間ではないだろうか。

 私が読んだ角田光代の小説は他に『対岸の彼女』と『八日目の蝉』の二つだが、偶然、二つとも「逃げる」話だった。で、今回のこの『曽根崎心中』も。詳しくは知らないがこの人は何か「逃亡者」というものに特別な想いがあるのでは?と思っていたら全く違う文脈をテーマにした古い雑誌の特集に彼女のそれに似た体験談を見つけ(逃亡者だったというのではない)。腑に落ちた。で、こうした話、こうした古典のリライトを彼女でもっと読みたいと思った。

 いちいち引用しないがこの小説には「恋」についての定義のようなセリフが様々に出てきて、自分がどれに一番共感できるか考えてみるのも面白い。

 近松は中の、どれに大きく手を打つだろうか? 

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »