« Waiting on the world to change | トップページ | ビキニデー60年目に聞いた苫米地サトロの「青空」 »

夏の地図

Photo  去年末は江戸時代にいたが最近は縄文時代にいる。場所は三鷹市。

 東京に出てきて初めて暮らしたのが三鷹なので思い入れは深いが今いる場所は初めて。早稲田大学の学生達を数名引き受けることになっが、年を聞くと息子と同じで、またぼくが三鷹にいた頃と同じ年頃でもあるので感慨深かった。

 三鷹にいた頃の記憶は何故か夏の記憶ばかり。狭いアパートだったが、田舎から一緒に出てきた友達と東京で知り合った友達が渾然一体となってたまり場のようになっていた。皆、何かに一生懸命だったが筈だが何に一生懸命だったかは思い出せない。ただ暑くて、愚かなことをいっぱいして、また情けない思いをいっぱいした。

 “すべての季節が過ぎ去ってもぼくは夏のまま”。ザ・ハイロウズ、『夏の地図』の一行。

 http://j-lyric.net/artist/a00f6d1/l010ef3.html

 甲本ヒロトの詩は既成の作家や詩人の影響がない。彼の生身の体から発せられている真にオリジナルなことばの礫だ、と思う。この前、図書館で“甲本ヒロト全詞集”を読んだらその本の中でもステージ同様、彼は裸んぼのままだった。笑って、そして読む前より少し元気になった。元気にされた。

 “6月と9月はさまれたのが夏じゃない/宝物の地図 胸のポケットに入ったなら”。

 学生さんたちは考古研なので一様に考古学というものに真摯な情熱を秘めていて、ぼくのように穴を掘ったらお金をくれるところがあると連れられていってそのまま仕事になってしまった人間からすると少し眩しい。まだ拙い情熱だけどそれに触れるとぼくもヒロトのうたを聞いたように少し元気になる。この前、寒かったから「遠慮しないでハウスの中に入れ」と言ったら「外がいい」と言われた。皆、車座になって喋って笑っていた。彼らは夏のまま。まだ2月だけど。これからまた寒くなるというけれど。

|

« Waiting on the world to change | トップページ | ビキニデー60年目に聞いた苫米地サトロの「青空」 »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Waiting on the world to change | トップページ | ビキニデー60年目に聞いた苫米地サトロの「青空」 »