« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

草野心平の「わが抒情詩」

 5/17に阿佐ヶ谷で聞いた中川五郎さんのライブでとりわけぼくが感激したのは我が郷土の大詩人・草野心平の「わが抒情詩」を歌ってくれたこと。

 http://japanese.hix05.com/Literature/Kusano/kusano14.jojoshi.html

 だいたいこうした「文学の詩」に曲をつけて歌おうとした場合、多少メロディやリズムにあわせて言葉尻や言い回しを変えたりするのが普通だが、五郎さんはこの詩を多分、そのまんま、歌っていたと思う。(一度、聞いたきりなので違うかもしれないが)。

 そしてこの戦後の焼け跡をうろつく心平の、その心情を吐露した詩を、3・11後の日本・日本人に重なるものだとして歌っていた。「美味しんぼ問題」の最中、東京にいる福島県人として、聞いていて揺さぶられるものがあった。

 Shimpei1977_2

 草野心平への個人的な思いは原発事故後このブログにも書いた。

 http://penguin-pete.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-1050.html

 この時は多分に郷愁混じりのものだったが、今、自分の中で彼の詩の数々がプロテストソング的な意味合いを帯びてきているのに気づいて驚く。本当は何も心配などしていない人達が違う目的で“風評被害”という言葉を口にしているのを見る時、特に。

 最後に「わが抒情詩」でぼくが一番好きなところ。昨日も飯を喰い、今日もまた笑っていても。

  考へることにはじまつてそいつをどうかするやうな。
  さういふ仕掛けになるならば。
  がたぴしの力ではなくて愛を求める。
  愛ではなくて美を求める。
  さういふ道ができるなら。
  例へばひとりに。
  お茶の花ほどのちよつぴりな。
  そんなひかりは咲くだらう。
  それがやがては物凄い。
  大光芒にもなるだらう。

| | コメント (0)

佐野元春・NO DAMAGE DELUXE EDITION~下村さんのライブ・レポート

 先日、阿佐ヶ谷のharnessというお店で、ある方から思いがけなく嬉しい事を聞いた。去年12月に発売された佐野元春の「NO DAMAGE DELUXE EDITION」の中の特製ブックレットの中に故下村さんの文章が使われているというのだ。

http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=0917&cd=no_damage

  2006年12月6日に火事で下村さんがこの世を去った時、少なからずぼくが驚いたのは、晩年の彼の周囲にいた人達の多くが彼が以前ちょっとは名の聞こえた音楽ジャーナリストだったということを知らなかった、という事。まあ、昔、何者であったかなんてことは関係なく、下村さんが素のままでも愛すべき人物だったということの、これは証拠でもあると思うのだけど。↓は下村さんの代表的な著書。

 Photo_4

 ただ、葬儀の後、その事に一抹の悔しさを覚える面々は何とか彼の書いた膨大な文章を記録に留めまとめておくことはできないものか、と口々に言い合った。中には国会図書館で当時の雑誌を逐一コピーしてきて、皆で手分けしてブログにアップしよう、という案まで出た。だが、それらは実行には移されず、7年の歳月が過ぎてしまった。

 因みに佐野元春についてあまり詳しくない人のために言っておくと「NO DAMAGE」とは1983年に発表された佐野4枚目にあたるコンピレーションアルバム。当時、佐野元春は人気絶頂の最中突如渡米を発表し、それは一つの「事件」だったが、その直前にそれまで発表されたシングルとオリジナル・アルバム(+「ナイアガラ・トライアングルVOL2」)の中から選曲された「NO DAMAGE」が届けられ、それはアルバムチャートで初のNO1を記録した。

Photo_2 この「NO DAMAGE」は同名の映画もある。佐野の第1期絶頂期「ロックンロール・ナイト・ツアー」の模様を捕らえたドキュメンタリー。

 この映画のフィルムは長く紛失したままだったが先ごろ発見され、去年夏、デジタル・リマスターされたものが東京で再上映された。「DELUXE EDITION」はこのツアーのライブ音源とDVD映像も含む超豪華版で、収められた下村さんの文章とは1983年雑誌「ガッツ」3月号に掲載されたこの「ロックンロール・ナイト・ツアー」のライブ・レポートだとのこと。ぼくはまだ読んでない・・・と書いてしまいそうになったが、もとい。読んだ。30年前に。絶対。

 教えてくれた方はある人にこの「NO DAMAGE DELUXE EDITION」を渡したいのだが連絡のつけ方が分からないと困っていて、驕って言うのではなく、どうやらその橋渡しができるのはぼくだけのようだった。それで、先日、ぼくは何年かぶりにその人に電話をかけた。懐かしかった。

 去年の夏は東京にいなかったので、ぼくは映画「NO DAMAGE」をまた見れなかった。近くの立川でやっていたのに。30年前も福島の地方都市で高校生だったぼくは無論この映画を見る術はなくて、その代わりに毎月出る音楽雑誌を学校帰りの駅ビルの本屋でむさぼるように読んでいた。当時は誰もがそんな風だったのだ。

 今、YouTubeに映画のシーンが細切れにアップされているが、その後、友人となる下村さんが30年前に文章で伝えようとしていた“熱”の断片に触れることができる。さっきまた見てしまったのは「ロックンロール・ナイト」。

 http://www.youtube.com/watch?v=McyjfFPsu6g

 1983年。27才の佐野元春と29才の下村さんと18才のぼく。今、一人のアーチストのファンでいることで、その後に起きた個人的な、様々な出来事を思って不思議な気持だ。同じ幻を見つめていた(ロックンロール・ナイト)ということか。

 なんにせよ音楽ライター下村誠の名がこうした形で今に残されたことが嬉しい。

| | コメント (0)

NAKED SONGS Vol6. Blwin' in the Winds2014~中川五郎さん。

            男の耳は聞きたいことだけを聞き
          男の目は真実を捻じ曲げる
          男の口は醜く歪み
          男の鼻はピノキオのように高い

          名も無い持たざる人々の願いが重なる
          どうしたら男の鼻をへし折ってやれるのか?

 

                                              by中川五郎 

  ボブ・ディラン「ライセンス・トゥ・キル」の替え歌の詩より

 

 昨夜は阿佐ヶ谷のharnessで中川五郎さんと風二吹カレテのライブで前座をやった。NAKED SONGS Vol6. Blwin' in the Winds2014。緊張した。五郎さんとCROSSは僕にとって例えば洋楽の歌を聴いていて歌の意味を直接耳で聞いて理解できたらどんにいいだろう、と思う時の不満を解消してくれる二人でもある。

 CROSSからはスプリングスティーンやトム・ウェイツやヴァン・モリソンみたいな物語風のバラッドが日本語で直接聞ける。しかも彼らのようなしゃがれた声で。以前、ぼくは彼がスプリングスティーンの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」のカヴァーをしているのを聞いて驚いたしまった。そして、翻って英語圏の人ってこんな風に聞こえているのだなあ、と思った。昨夜も「トム・トラバーツ・ブルース」を聞いている時も思った。絶品だった。

 そして五郎さん。五郎さんは店の中にいる誰よりも過激でユーモラスで、怒りに満ち、エロチックで酒のみで自由だった。五郎さんの歌については聞いていて思うことがいっぱいあった。

 日本語のロックやフォークはそもそもプロの作詞家ではないアマチュアが自由な発想で好き(勝って)なことが歌えるという喜びから始まった筈。なのに、長い年月を経て、自分で作詞・作曲をする人は増えたが、いつしか時々の常套句や既成のイメージ、慣れ親しんだ物語を歌の言葉として選ぶことが自明になってしまっているのではないか。ロック・フォークにおける言葉の進化の歴史は単に商業主義に流通する言葉の開拓史だったのか。五郎さんの商業主義とは無縁な歌の数々を聞いてそう思った。

 玄侑宗久のQ&A本をそのまま歌った歌や草野心平の詩を歌ったもの、チャールズ・ブコワスキーの男性器、女性器を指す単語そのものずばりを多用した詩「シャワー」の朗読、関東大震災時、千歳烏山で実際に起きた事件を取り上げたトーキング・ブルーなどなど。どの歌も味わい深いが、どれも発想そのものがとても自由で、歌う行為自体が現状への抗議(プロテスト)のようにさえ感じた。五郎さんのステージの後がセッション・タイムだったが、呼びかけられても気圧されて、一瞬、誰も動けなかった。皆、笑顔だったのだが。凄いものを見た。

 現在65才の五郎さんは60年代の新宿西口フォークゲリラの頃から歌で権力者や世の不正に抗議するということをずうとやってこられていて、今も国会前の群集の中「We Shall over come」を歌ったりしている。昨夜もいつものようにニコニコとしていたが、木曜日のあの安倍首相の集団的自衛権行使容認の会見に怒りを顕にしているのは明らかで、上のディランの「ライセンス・トゥ・キル」の替え歌を歌った。彼にライセンスを与えたのは誰か、と問うて。

 今の世の中の雰囲気からして「腰まで泥まみれ」を紹介したい気持ちもあるが、ここではもう一曲、昨夜の1曲目に歌ったワンダーアイズ・プロジェクトhttp://www.wondereyes.org/

の歌「For a life」を挙げたい。作詞は五郎さんで作曲は元頭脳警察のPANTA。

 五郎さんは大昔、ぼくがアルバイトしていたお店の常連さんで良く来ていたが、一番気さくそうなのに何故か話しかけられなかった。ライブ終了後、やっと話せた。嬉しかった。また昨夜は客席に、音楽の雑誌をよく買っていた頃、ライターとして名前をお見かけしていた市川清師氏が来ていてお会いした。そしてぼくと主催者の若松さんの共通の兄貴分だった故下村さんのことである密命?を仰せつかった。なんとか果たさねばと思う。

 そして小山卓治さん。凄くしっかりと握手する人だった。

 色んな人に会え、たくさん歌を聴いてスッとした一方で、自分の不自由さに軽い自己嫌悪を覚えた夜でもあった。まだまだだ。

 主催者の若松さん、また呼んでくれてありがとう。ご苦労さまでした。

 PS 今、五郎さんのホームページを見たらぼくの仕事場にいる人が関わっているライブハウス「地球屋」に、7月、五郎さんが来る。

http://www.goronakagawa.com/

また見に行こう。その時、↓の曲、リクエストしてみようかな。爆笑しました。

| | コメント (3)

安倍首相、集団的自衛権行使容認へ

Photo_4

  「鼻血」に関してはぼくも実際にそういう声を聞いたことがある。作者は取材した事実を書いているのだから別に嘘をついているわけではないだろう。

 「Undercontrol」と言った男は嘘つきだが。

 

| | コメント (0)

動画 いにしえからの警告

“太平洋側、東北沿岸の大津波が到達しなかった地域にサインのように多くの神社が建立されている事実を発見した建築関係者と考古学者。約500年前にも同規模の大津波被害の後、先人らは目印の為に多く社を建立。私たちは、その知恵を無視していました。”

   写真家 大野純一氏のTwitterより 

   https://twitter.com/ohnojunichi

 考古データを真摯に考えれば福島第1原発の事故は想定内だったという事か。

| | コメント (0)

谺雄二氏死去

 今朝、新聞で、去年の夏にお会いした谺(こだま)雄二氏が亡くなったことを知った。ご冥福をお祈りします。

 http://digital.asahi.com/articles/ASG5C4T10G5CPLZU001.html?_requesturl=articles%2FASG5C4T10G5CPLZU001.htmlamp

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014051202000137.html

| | コメント (0)

大相撲夏場所初日を見に行った。

3_2  今日、初めて相撲を見た。大相撲夏場所初日。見たのは午後2時の十両幕入り少し前から。年明けから何かと一緒に組んで本来の仕事とは違うミッションを共にしていたHクンは大の格闘技好き。プロレスを見るのに10年以上後楽園ホールに通ったというつわもので、またプロレスに限らず相撲も良く行くと言うので一度連れて行ってくれと頼んでおいたら、忘れずにチケットを取ってくれた。嬉しい。席は正面2階のイスの席で全体が見渡せて良かった。

2_3  今、横綱は白鳳、日馬富士、鶴竜と3人いるが、土俵入りの型は白鳳、日馬富士は不知火型。鶴竜は雲竜型・・・と、そんなこともHクンから教わりながら見た。取り組みは、白鳳、鶴竜は勝ったが、日馬富士は黒星スタート。個人的に好きな勢(いきおい)は負けで、話題の遠藤は白星。とにかく遠藤人気は凄かった。

Endo_2

 初日を見てしまうとこれから千秋楽まで各力士の勝敗が毎日気になってしまうだろうと思う。有名どころは勿論、十両から見たので新たに気になる力士も何人か増えたし。一人挙げるとチェコ・プラハ出身の隆の山。見た時は、えっ、と思ったが勝った。小さいやつが大きいのをぶん投げるのを見るのはやはり快感なのだと再認識した。

1_3  結構、真剣に見たので、あっという間に時間が過ぎてしまった。日が伸びたので外はまだ典型的な日曜日の夕方で、見終わったてから酒を飲んだり、ちゃんこを食べるとかするのはまた今度ということにした。Hクンは本場所はあと2回来る予定なのだとか。買いそびれたみやげはその時に頼もうか。

そうそう、話は前後するが入場の時の案内係りが元麒麟児・北陣親方だった。懐かしいなあ。

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »