« (What's so funny 'bout) Peace,Love and Understanding  | トップページ | ハタ迷惑のリレー »

映画「誰もしらない」~隠される子供

Story_p  映画「誰も知らない」(2004年 是枝裕和監督)を見た。この子供たちの窮状を誰か大人が打開しないのかと思い見続けていたが、最後まで手は差し伸べられなかった。出生届けを出されなかったので戸籍も無く、外に出るのを禁じられて生きる、父親がそれぞれ違う4人の子供たち。

 実際に起きた事件を題材にしているので現実の方は一つの解決を見たのだろうが、映画のラストシーンはこの出来事がずっと続いていくことが暗示されているように見えた。最近あった窓に目張りされた部屋に置きざられ死亡した子供の事件。また岡山の少女連れ去り事件の犯人は監禁用に部屋をリフォームまでしていた。是枝監督の予感が当っていたことは日々報じられるニュースの中に明らかだ。

 是枝マジックと言われる子供たちの撮り方。「そして、父になる」の時も絶賛されていたが、その讃辞には必ず“あの「誰も知らない」の~”との形容詞があった。母親に捨てられたと知った子供たちが頭ではなく体でそれを理解していく様が怖いほどにリアル。本当に傷ついた時、訓練された子タレの演技のようには子供は泣かないのだという、知っていた筈の事を改めて思い知る。

 映画を見た人は誰しもYOU演じる母親や周囲の男たちを酷いと思うが、誰も彼らを糾弾できない。一見、優しく、楽しく、きれいな母親は子供たちに好かれてさえいるが、何にもましてまず自分の欲望に忠実で身勝手で自己中心的。そして、あらゆる責任から逃れるように注意深く生きている。男たちは仕事の中に埋没していて頭を掻き掻き傍観している。本当の悲劇の最中に届いたあの軽薄な手紙の差出人は実はぼくらなのかもしれない。

 泥だらけで朝のモノレールに乗る無言の長兄アキラ(柳楽優弥)と、ふとしたことから子供たちと共生・共犯関係になる女子高生・紗希(韓 英恵)の二人が忘れられない。今の子供たちはあの荒野のような虚無感・無力感の中で生きる事をあらかじめ強いられているのか、と想像したら切なくなった。

 氷のような枯れた瞳で/ぼくは大きくなってゆく/誰もよせつけられない/異臭を放った宝石(映画挿入歌 「宝石」作詞・作曲タテタカコ)

|

« (What's so funny 'bout) Peace,Love and Understanding  | トップページ | ハタ迷惑のリレー »

映画(19)」カテゴリの記事

コメント

勝つ

投稿: | 2014年9月24日 (水) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (What's so funny 'bout) Peace,Love and Understanding  | トップページ | ハタ迷惑のリレー »