« 花とカメラ T.Sに | トップページ | 辻仁成の「ムスコ飯」 »

ドラマ「奇皇后」を全部見た。

B890121b_2
 現在、NHK・BSで放送中の韓流ドラマ「奇皇后」を全部見た。たまたま第24話をテレビで見て興味を覚え、ネットの動画サイトで第1話を見たらハマってしまった。

 テレビ放送中の巻に追いつければと思って見始めたが、気が付くと時すでに遅く中毒状態に。「この続きどうなるのだろう・・・」の連続で、結局、全話見てしまった。全51話。疲れたが、見終わってしまって今はなんだか寂しいくらい。

 14世紀、高麗が元に支配されていた時代。貢女(コンニョ)の身分から皇后に上り詰めた実在の女性の話。物語はフィクションだが、大陸と地続きだとこんな物語が可能なのかと舌を巻いた。

 何せ長いので途中、繋がりが不自然だったり、二転三転する登場人物たちの立場に感情移入し辛いところもあったが、それでも見せてしまうのはそれぞれの役者の演技が良いからだろう。特に主人公スンニャン=ヤン・イを演じるハ・ジウォン。キレのあるアクション、ラブロマンス、カリスマ性・・・だいたい韓流ドラマを見るときは日本版でリメイクしたらこの役はだれそれ、と想像しながら見るのが常なのだが、この役だけは誰も思いつかなかった。凄い女優さん。

 また特筆すべきは数々の悪役たち。ヨンチョル、タンギセ、タナシルリ、ヨム・ビョンス・・・・目抜き舌抜き、毒殺、絞殺、焼印、鞭打ち・・・・拷問何でもアリの、彼らはもう本当に身の毛もよだつほどの悪人だが、彼らの策略に立ち向かうスンニャンの知略・機略が闘いを増すごとに彼らと同等の謀略、陰謀に育っていくさまが怖かった。これは凡百ある勧善懲悪の話ではない。そして、この悪人たちがそれぞれ物語から退場する時のセリフが意外にも物語に深みを与えていた。

 女性ならタファン(元の皇太子、後の皇帝)とワン・ユ(高麗の世子、後の王)のどちらがタイプかなどの話にもなるだろうが、ネットを様々覗くと案外ペガン将軍の甥で軍師のタルタルが人気のようだ。後にスンニャン=ヤン・イの影の師匠となるタルタル。なるほど男臭い戦場で彼だけ少女漫画の王子様風。テレビの吹き替えで見ている方には、是非一度、韓国語・日本語字幕で見ることをお勧めする。タルタルは顔に似合わず低音のイイ声で、魅力倍増することが請け合いです。

 NHK大河のほぼ一年分の量を、短期間で、言わばずっと韓国語のスピードラーニング状態だったので、そろそろ何か話始めてしまえそうな気すらしているが、覚えた言葉は「ペーハー!(陛下!)」だけ。ただ韓国語と日本語に同じ(似ている?)単語、語彙があることに気づいて個人的にはそれも面白かった。

 이 드라마 재밌어요 い どぅらま ちぇみっそよ~。

|

« 花とカメラ T.Sに | トップページ | 辻仁成の「ムスコ飯」 »

TV(3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花とカメラ T.Sに | トップページ | 辻仁成の「ムスコ飯」 »