« CM 「ただいま!いわき」を見た。 | トップページ | 3・11から四年目~味世屋のラーメン »

映画「ハナ~奇跡の46日間」を見た。

Photo_2 映画「ハナ~奇跡の46日間」(韓2012 ムン・ヒョンソン監督)を見る。ハ・ジウォンから入ってぺ・ドゥナに辿り着いたこの感じは、子供の頃、ポール・マッカートニーから入ってジョン・レノンにハマった時に似ている。つまり大衆性を入り口にして深いアートに出会うということなのだけれど。

 映画は1991年、千葉で行われた世界卓球選手権で史上初の朝鮮半島南北統一チームが結成され、当時、世界最強だった中国を倒し優勝した実話を元にしたもの。後半から泣けて泣けて目玉が溶けるかと思った。

Photo_3物語のイデオロギー的な舞台設定もさることながら、これはヒョン・ジョンファ(ハ・ジウォン)の目を通してリ・プ二(ぺ・ドゥナ)を発見するお話。そして互いに反目していた二人が小さな"統一"を成し遂げる話だと思った。

 リ・プ二(ぺ・ドゥナ)選手が左ラケットで、ヒョン・ジョンファ(ハ・ジォン)選手が右ラケットというのもレノン&マッカートニーのよう。因みに実際はぺ・ドゥナは右なのリ・プ二選手が左なので役作りのため直した、というのだからぺ・ドゥナ、恐るべし。
 昨今のアジア外交の悪化の影響からか日本では単館上映しかされなかった、という事実が腹立たしい。もっと多くの人に見られるべき映画だと思う。個人的にはこれがスポーツ映画のNO1。「ロッキー」を更新してしまっった。


↓この映画を解説したYou Tube動画を見つけた。
 
 韓国映画『ハナ~奇跡の46日間』は何故泣けるのか。

|

« CM 「ただいま!いわき」を見た。 | トップページ | 3・11から四年目~味世屋のラーメン »

映画(70)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CM 「ただいま!いわき」を見た。 | トップページ | 3・11から四年目~味世屋のラーメン »