« 映画「白磁の人」~木を植える理由 | トップページ | ストウタカシの「Crying Moon」~二つの「Bell」。 »

30度目の歌舞伎~蛇柳(じゃやなぎ)

 仕事帰りに、今日、歌舞伎を見に行った。團菊祭五月大歌舞伎・夜の部・第二幕・歌舞伎十八番「蛇柳」。

 市川家の歌舞伎十八番と言っても十八の演目全てが演じられているとういう訳ではなく、中にはほとんど演じられない芝居や中にはわずかな資料が残っているのみでどんな内容だったのかも分からないものもある。

 この「蛇柳」もその一つ。平成25年(2013年)8月にシアターコクーンで当代海老蔵が復活させたが、古典のテイストをふんだんに盛り込まれてはいるのだろうが新作に近いのだろう。現代(いま)に作られる古典。海老蔵の意気込みが感じられる。さて、どんなものかと、見てみたいとずっと思っていた。丹波の助太郎実は蛇柳の精魂、金剛丸=海老蔵、住僧定賢=松緑、他。

Cai_0526_2_2
 話はシンプルで高野山奥の院にある霊木蛇柳。これは災いをもたらす大蛇を弘法大師が柳に変えたと言われるもので、この蛇柳にもののけが現れ仏法の妨げをするというので住僧定賢が退治するために現れる。そこに亡くなった妻の霊を供養したいと助太郎がやって来て・・・と、印象としては「黒塚」と「暫」が合わさったようなストーリーの舞踊劇。

 蛇柳もさることながら、今後、これが本当の古典とされていくならば定賢役も大事になるのだろうナ、と思った。劇評では色々言われていたが、僕は面白く見た。

 蛇が異常行動を起こすと地震が来ると言う説があるらしいが、今日、関東では大きな地震があって、四年前の悪夢が頭をよぎった。なので偶然にも市川家の睨みで厄払いした形になった。巳年なのに蛇退治を見て喜んで良いのか?という気もするが良い。今日は良い。

 家内安全、無病息災、病気平癒。

 写真は東銀座駅の木挽町広場で見た、ねぶた面(おもて)。歌舞伎隈取。竹浪比呂央氏作。
 

|

« 映画「白磁の人」~木を植える理由 | トップページ | ストウタカシの「Crying Moon」~二つの「Bell」。 »

歌舞伎(35)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「白磁の人」~木を植える理由 | トップページ | ストウタカシの「Crying Moon」~二つの「Bell」。 »