« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

“前面展望”の誘惑

 NHKの番組「スーパー・プレゼン(TED)」でスローライフ、スローフードならぬ“スローテレビ”というものが紹介されているのを見た。

https://www.ted.com/talks/thomas_hellum_the_world_s_most_boring_television_and_why_it_s_hilariously_addictive?language=ja#t-799596

 半信半疑だったがYouTubeで似たような映像を探してしばらく見ていると、なるほど、と腑に落ちるものがあった。

 番組で取り上げられていたのは、鉄道の旅、船の旅、暖炉の火、編み物・・・などだったと思うが、YouTubeで一番近いものは何か?と考えて、見たのはいわゆる“前面展望もの”というやつ。バスや電車のスタートから最後までを無編集で撮影した映像のことで、そんなもの何処が面白いの?という声が聞こえてきそうだが、もちろん、面白くは無い。面白くはないが見てしまう。そして見ているうちに面白いと感じている自分を発見する、と言った感じ。僕が今まで見たのは

 ・山手線(内回り)
 ・山手線(外回り)
 ・京王線(高尾山口~新宿)
 ・山形鉄道フラワー長井線(赤湯~荒砥)
 ・世田谷線
 ・江ノ電(鎌倉~藤沢)
 ・韓国 釜山~金海軽鉄道 などなど。



 探すと国内外問わずいっぱいアップされている。画質はそれぞれピンキリなので良いものを選ぶのはもちろんだが、時間が長く、編集が全くされていなくてBGMやキャプションがついていないものがお勧めだ。つまり、できる限り疑似体験に近いもの。

 最近、テレビを買い変えてネットも見れるようになったのでテレビで見たが、PCでも、できればフルスクリーンにすると良い。それで急行の通過待ち合わせとか各駅での停車時間が長かったりした場面でも先送りしたりせず、その間にトイレに行ったり食事をするようになってくるとあなたもハマりつつある証拠だ。撮影済のものでもここまで楽しめるのだから、上述の番組の中でライブで七時間の船旅を番組にした時のことをノルウェイのテレビ・プロデューサーが嬉々として語っているが、確かに楽しかっただろうと思う。

 このスローテレビなるものが投げかけている意味を考えたり、分析したりするのは今はしないでおこう。ただテレビが現実を非現実に感じさせる装置として機能する面が日々強まっていく現状と逆行しているようで個人的には痛快に思った。

 また、このスローテレビなるものの代わり?として、今回“前面展望もの”を取り上げたが、これは元々、鉄道マニア、いわゆる"鉄っちゃん"の楽しみなのだと思う。"鉄っちゃん"という呼び方自体、"オタク"と同質の侮蔑的な意味合いを少なからず含む言葉だと思うが、僕は以前から彼らを高尚な趣味人として敬意を持っていた。今回、さらにその思いを強くした。

| | コメント (0)

바다と海

 

       窓の外の
       モノクロの景色に
       ことばで色を塗る
       二人が話すことばは
       違うから
       同じデッサンでも
       違う絵が出来上がる

       この揺れうごく大きな水を
       私は「海」と言い
       あなたは「바다」と言う

       あなたの「바다」の浜辺を
       ガブリエル・バンサンの
       絵の犬が駆けて
       遠い岬へと
       ハングルの
       足跡をつけていく

       いつか あなたの村で見た
       絵に描かれた船は
       私の故郷の港に繋がれた
       古い船に似ていた

       風は람(パラン)
       雲は름(クルン)
       雨は비(ピ)
       波は물결(モルギョル)

       ことばが風を孕むと
       船が動き出す

       星は별(ピョル)
       月は달(タル)
       夜は밤(パン)
       朝日は
아침해(アチメ)

       約束は
약속(ヤクソク)
       約束は약속(ヤクソク)

       潮の匂いがする酒場の
       窓と思っていたものが
       実は
       飾られた絵で

       いつしか
       あなたがそれを「海」と言い
       私がそれを「바다」と言う

        夏の夕暮れ時

       絵の中で
       船が
       ゆっくりと動いていた

| | コメント (0)

ストウタカシの「Crying Moon」~二つの「Bell」。

 2013年の6月に高円寺の「ペリカン時代」という店で詩の朗読のイヴェントがあり参加した。

 歌の"詞"と読む"詩"の違いのような裏テーマがあるイヴェントだったが、その中でTHE FROCKSのストウさんが僕の詩に曲をつけてくれるという企画があった。 「Bell」という詩。先日、ストウさんからメールがあって、新作のCDを作ったが「Bell」も正式にレコーデングして、共作ということで僕の名前もクレジットした旨とCDを送りたいので住所を教えて欲しいとのことだった。

 今日、帰宅すると届いていて、早速、聞かせてもらった。

Img_2520_640x640_3
 二つの「Bell」。

 http://penguin-pete.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-8c01.html#comments

 https://www.youtube.com/watch?v=DkCb5PLrYXw

 ライブで聞かせてもらった時も現在YouTubeにアップされている「Bell」もアコースティックの弾き語りだが、朗読イヴェントの時にもらったデモはちゃんとバンド演奏のように多重録音されていて、それだけでも感激していたのに、今回のニューアルバムではアレンジはさらに練られ本格的にカッコいいロックナンバーに仕上がっていた。しかもオープニングナンバー。嬉しい。

  この「Bell」という詩については、他の場所で読んだ時「ペリカンン時代」のイヴェントを見ていたという女性からこんな質問があった。 「ナヴィ村さんの"詩"では懸命に生きる人の手の中で一日は短い、とあるのにストウさんの歌の"詞"では長いとあります。どちらでしょうか?」と。  

 会場のMCでは亡くなった友人のために書いたものと説明したが、実はこの詩にはもう一人モデルがいる。説明は避けるが、晩年を過ごしていた友人には一日は短かったろうし、もう一人の方には長いだろう・・・と思って、実は最後まで迷った部分だった。だから僕の中で二つの「Bell」には矛盾がない。自分で読む時とこの曲を聞く時とでは思い浮かべる顔が違うが、迷って採用しなかった一方をストウさんが「歌」にしてくれたおかげで、僕は二人を同時に思うことが出来る。一番、感謝しているのは実はその事だ。
 
 自分が関わった「Bell」のことばかり書いてしまったが、ストウさんのニューアルバ「Crying moom」は全5曲。ストウさん自身も歌の“歌詞”とは別に“詩”も書く人なので、その辺りを興味深く聞いた。また、どんなところに音楽的なルーツがあるのかいつか聞いてみたいと思った。

で、 勝手に宣伝させてもらうが、このCDを聞きたいと思った方はこちら。↓

 http://ameblo.jp/stowtk/entry-12032476653.html

 初めてストウさんに会ったのは3・11直後の詩のチャリティーイヴェントでのこと。同じ福島人で、こうしてコラボレイトできてとても嬉しい。ストウさん、ありがとう。

このCDがたくさんの人に聞かれますように。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »