« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

北茨城市の五浦海岸・六角堂に行った。

Cai_0638  
 昨日、墓参りにいわきに帰省途中、北茨城の五浦海岸にある六角堂に行った。六角堂はあの岡倉天心が思索の場として自ら設計したもので、国の登録記念物とされていたが2011年3月11日の津波で消失した。現在あるものは2012年に復興のシンボルとして再建されたもの。昨日、施設は休みでそばには寄れず、写真は五浦岬公園から撮影したもの(左の小さいやや赤みがかった建物が六角堂)。

 この六角堂周辺は好きな場所で以前にも書いた。

 http://penguin-pete.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_da7f.html

   東京では未だ銀杏の葉が残っていたりして異常気象だと苦笑していたが、昨日は寒く、さらに緯度を北にする岬の突端でそれは一入だった。海はいつまでも見ていたい様な深い藍色で、悔しいほど暮れの寒さに合っていた。自分は知らなかったが「天心」(2013年 松村克弥監督)なる映画があるようで、公園内はそのロケ地であったようだ。天心がこの地に創設した日本美術研究所の建物が復元されていて、中に後の日本美術の大家達の人形が一列に並んで創作に励んでいた。

Cai_0640  食事の後、郵便局で風景印を貰おうと思いたち、この付近のものなら当然この六角堂の風景を表わしたものだろうと思ったら、違った。興味が沸いて局員の女性に聞くとそれは地元の「御船祭」の様子なのだと言う。5年に一度、船に神輿を乗せてこの辺りを練り歩く奇祭があるのだとか。いつ頃のどんな季節に行われるものなのか。いつの日か見てみたいと思った。http://sakuragawa.tsukuba.ch/e252698.html

 年末年始は家族でいわきに帰省し、親・兄弟家族と過ごすのを長く通例としていたが、原発事故以降、弟家族が避難して、それもかなわなくなった。帰ってきた、と、以前は安堵して見た風景が、自分の中で少しずつ一つの旅の風景に変質してきたのに少し驚く。

 いわきでは50にして初子を儲けた友人の店「グリニッジヴィレッジ」へ行きお祝いし、そこでライブハウス「SONIC」の経営者兼、バンド・JUCE&LOVEのリーダー兼、ご当地アイドルグループ「アイくるガールズ」プロデューサーでもある関さんとも会う。先行発売で今はこの店でだけ買えるバンドのニューアルバムを購入すると、“東京でも宣伝して・・・”とタダでもう一枚貰う。それと「アイくるガールズ」のアルバム。墓参り後、帰りの常磐道はこの2枚のアルバムを聞きながらひた走しる。

 アイくるガールズのアルバムの中に関さん自身が作詞・作曲に関わった「明日ね!マイフレンド(ピアノ Version)」なる曲を見つけたが、それは特異な言葉遣いの自身のバンドのナンバーとは真逆な、震災後の地元民の心象を綴ったと思われるベタな歌詞。それを地元のアイドルに歌わせるという関さんの照れ&捻じれ具合が面白かった。

 https://www.youtube.com/watch?v=0KTI5LY978Q

JUCE&LOVEのニューアルバム「50/50 フィフティ・フィフティ」については機会を改めて是非また今度。

 一年が終わる。皆さま、お体を大切に。良いお年を。 

| | コメント (0)

The little Drummer Boy


 

 “クリスマスプレゼントは貧しい羊飼いや三人の博士たちが馬小屋の赤ちゃんのところに駆けつけたことにならったものだと思います。<中略>。貧しい羊飼いの少年は救い主が生まれたんだからプレゼントを持って行かなきゃ、と言われるのですが、自分には何もあげるものがないと思うのです。でも気を取り直して、自分には太鼓がある、赤ちゃんに太鼓を叩いてあげてもいいですかとマリアに聞くのです。マリアがうなずいてくれたので、少年は一生懸命太鼓を叩きます。すると赤ちゃんがニッコリ笑ったというのです。いろんな人がこれをテーマに、歌や絵本にしています。これは素晴らしいお話だと思います。”

「いのちのおとずれ クリスマス」ドン・ボスコ社より

 メリー・クリスマス。

| | コメント (0)

岡本おさみ氏死去~「襟裳岬」の頃  

Erimo_misaki_01  作詞家・岡本おさみ氏の訃報を聞いて、ここ数日、何年かぶりに吉田拓郎の歌をまとめて聞いた。「落陽」「祭りのあと」「都万の秋」「制服」「旅の宿」「襟裳岬」「アジアの片隅で」・・・私の好きな拓郎ソングの多くは彼のペンによるもの。そして、聞いてみて拓郎の70年代のあのカリスマ性の何割かは岡本氏の詞(うた)によるものだと思った。

 氏逝去のニュースは“あの「襟裳岬」の作詞家・・”という言葉で伝えているものが最も多い。

 https://youtu.be/A71jPopHh-s

作詞・岡本おさみ、作曲・吉田拓郎、歌・森進一の「襟裳岬」は1974年にレコード大賞も取った名曲だが、当時は反体制文化の旗手・拓郎が、体制側に身を売った、と揶揄する声も少なからずあったと記憶する。もちろん今はそうした事は遠い過去へと置き去られ、歌の良さだけが残っている。

 年の瀬のこの時期に「襟裳岬」というと、やはり「レコード大賞」のことを考える。当時、レコード大賞は今よりもずっと権威があって、毎年暮れの頃は今年は誰が獲るのかというのが国民的な関心事だった。

 「襟裳岬」の頃、自分はまだロックもジャズも知らない小学生で、ジャンルなど気にすることもなく流行歌として何でも聞いて何でも歌っていた。「襟裳岬」の例の歌い出し、“北の街ではもう・・・”のところを森進一の物真似をして、上手いと祖父母に褒められたりしていた。大晦日、二人が管理人をしていた常磐炭鉱の浅貝保養所の食堂に親戚一同が集まって、皆で固唾を飲んで「レコード大賞」を見ていた。おじさんたちが段々と酔っぱらて声が大きくなる傍らで、私ら親戚同士の子供たちが駆けまわり、気が向くとテレビを見て歌っていたっけ。良い時代だった。

 岡本おさみ氏がどんな人生を送った人かは全く知らない。知っているのは彼が旅の詩人だったということ。ケルアックの小説やヴェンダーズのロードムービーを知るずっと以前に、旅への憧憬を私は氏の書く詞によって植え付けられていたことを知った。日本の演歌には何故か北を旅する歌が多いが、「襟裳岬」の詞はその終着点で一息つけるような暖かさと人を再生さすような優しさがあって、それが何処からもたらされたものなのか、今、興味がある。

 写真はウキぺディアにあった襟裳岬の写真。歌がヒットしていた当時“襟裳の春は何もない春です”という歌詞に住人が抗議するということがあったというが、今は島倉千代子が歌った同名の別のうたのもと並んで歌碑が立っているとか。

 氏のご冥福をお祈りします。

 日々の暮らしはいやでも/やってくるけど/静かに笑ってしまおう/いじけることだけが生きる事だと/飼いならし過ぎたので/身構えながら話すなんて/ああ 臆病なんだよね/襟裳の春は何もない春です/寒い友達が訪ねてきたよ/遠慮はいらないから温まっていきなよ。

 

                 (「襟裳岬」 詞 岡本おさみ)

| | コメント (0)

「グレート・ローカルヒーロー」を聞く~盆と正月

 

Juicel_cd  “大韓航空に乗って USAに渡るぜ ジョン万次郎みたいなスリルな旅で行こう (「盆と正月」 by関野豊 )”

 19年ぶりの2ndアルバムが出ると聞いて、19年前の1stアルバムをここのところ毎日聞いている。いわきの友人・関野豊のバンド、JUCE&LOVEの「グレート・ローカルヒロ―」。

 プロデュースした故下村誠が当時絶賛したリーダー関さんの特異な詞の世界が相も変わらず面白く耳に響く。特に3曲目の「盆と正月」。普通、「盆と正月が一緒にきたような・・」とは嬉しい事が重なった時に使う言葉だが、原発事故以降、復興バブルで黒字倒産も出ると聞くいわきの現況にあって、歌には自滅的・躁病的なユーモアの他にプロテストな響きが加わった、と思った。サビはこう。

 “Love・盆と正月繰り返す Love・気を抜くヒマもない 行っちゃってる人生”

 歌の始まりは、子供の頃、人の死を弔う家業なのに墓場で爆竹を破裂させる遊びをして、その罪悪感からくる心象風景だと、以前本人から聞いたが、その後は「盆と正月」にこそ忙しくなる自らの仕事に対するストレスと、そこからくるハチャメチャな妄想へと突き進む。歌は世につれても世は歌につれない、とずっと思っていたが、この場合、世がこの歌につれてしまったかのよう。

 その他、ポリスの「ロクサーヌ」を彷彿させる「ふたコブラクダに乗って」、ブルース・スプリングスティー的疾走ものの東北地方青年版「青春のオタケビ」、ニール・ヤングのような「満月」、方言全開の性歌「ザザンボの花」、そしてDNAのリレーを「バトン」ではなく「たすき」と表現したラスト「ワインディング・ロード」まで、関さんの言葉遣いはいちいち意外性に富んでいて、数年ぶりだが一気に聞かされてしまった。

 出会った頃、関さんは所謂「うた先」でデタラメな英語で曲を作っていて詞はなかった。僕らの仲間内で誰も彼の作詞の才能には気づかなかった。

 年明けに出るニューアルバムの題は「50/50 フィフティ・フィフティ」だとか。音楽の新作に期待を寄せる言葉としては適当ではないかもしれないが、この1stを聞いて思うに、新作での関さんの詞がまたどんな世界を見せるのか今から楽しみ。そしてその楽しみには19年という年月の他に、原発事故以降ということが含まれる。

 “ダイナマイト見つけて 裏山に隠した 死んじまったバーちゃんの墓のすぐ隣に 誰かに言おうかな よそうかな それとも火をつけ逃げようか Love・盆と正月繰り返す Love・気を抜くヒマもない 行っちゃってる人生” (「盆と正月」 by関野豊 )

| | コメント (0)

どら焼きの皮

Photo_3  ドリアン助川著の小説「あん」ではさくらの花びらの塩漬を皮に付したどら焼きが着想されていた。近年、豆大福を良く食べるようになり、衣の塩加減を意識するようになって、どら焼きに関してもそうしたものもありかと思っていた。衣とあん。皮とあん。いずれも二つが合わさって豆大福だったり、どら焼きだったりするのだが、別々に食べるなど考えたこともなかった。

 先日、仕事場でお茶の時間に“どら焼きの皮”なるものを差し入れに頂いて、少々面食らった。聞けば、府中青木屋の工場直売店で、アウトレットものとして売っているとのこと。正式な商品は店の銘品「日々是黒どら」なるどら焼きだが、そのアウトレット品、つまり失敗したものを安く販売しているのだとか。頂いたものは中に十枚・二つ一組で5品入って200円と激安。そして初めて食べる「皮だけ」はこれはこれで相当に美味であった。

 食後、「このどら焼きの皮、すごく美味しいですね」なる問いかけに「うん、今度はどら焼きのあんだけ食べていみたい・・」などと言ってしまい爆笑を誘ってしまったが、この会話には後日談があって、実際にその後、自分でこの直営店を訪ねたら、なんと、どら焼きの「あんだけ」も実際に商品として売っていた。「日々是黒どら」も正式なものは一個160円くらいだが、アウトレット品は3個で250円。買ったのはまた「皮」だけだが、今度はまじまじと食べたら、皮には良く見なければ分からない程、ほんのちょっと傷が付いているだけ。これでアウトテイクにしてしまうとは・・・職人魂恐るべし、だ。

「あん」だけでも売っていると知って「この皮にあのあんを付けて食べたら・・・」などと考えてしまったが、それなら普通のを買って喰えって話。ただこれは失敗品でも食べ方、見方、使い方を変えたら違う価値が出るという、これはそういう話。

| | コメント (0)

猫の爪

Cai_0620_4  
 時々、無性に猫の爪を切りたくなる。昔、猫を飼っていた時、肉球を押すとぴょっと飛び出す尖った先端を専用の爪切でプチプチ切ってやるのが好きだった。神経がとどいているので深爪すると痛がるし、だからと言って先っぽだけちょっと切っただけではすぐに伸びてしまうので切るにも相応な長さがあった。そして、切られた後、猫は悔しいのか恥ずかしいのか、爪砥ぎをガリガリと引っ掻いて、なんだか「チキショウ、チキショウ・・・」と言っているようで可笑しかったっけ。

 Cai_0619 先日、テレビを見ていたら、今、ペットとして飼われている動物の数を猫が犬を抜いたのだとか。色んな事情があるのだろうが、一番の理由は人間自身に猫的な人が多くなって、同類を求めるようになったというのが本当じゃないかしら。なにしろ野良犬を全く見かけない代わりに猫を見ない日はない。敗残兵のようなボロボロなのも時々見かけるが、大概は栄養状態もよさそう。

Cai_0618  写真は借りている駐車場で、毎朝、隣の車の屋根で寝ている猫。自分を見ても逃げなくなったので、写真を撮ろうとガラケーを向けると、さすがに飛びのいた。だがその後、余裕をかましてあくびと“のび”。丸々と太っているので飼い猫だろう。だが、のらでも色んな所でエサを貰って、それぞれの場所で違う名前をつけられて優雅に生きている奴もたまにいるから真偽の程は定かでない。自分も、屋根=「Roof」の連想で密かにルーファスと名付けたが(呼ぶ時はルフィとルウとか)、ネットで名前検索するとゲームの「ストリートファイターⅣ」に同名の人物がいて、そいつは“腹タプタプの肥満体・デブ、陽気な饒舌・リア充・・・”のようなキャラクターとあるから、まあ、イメージから遠くない。

 Cai_0617十年前に愛猫に死なれて以来、猫を飼うことを止めにしているが、段々と子供たちが育ち上がってきて、それぞれが独立したら、もっと山奥に引っ込んで猫を飼って暮らしたいなどと最近、妻と話しているところ。ささやかな夢。それまでは「岩合光昭の世界ネコ歩き」と野良猫観察で我慢することにしているが・・・・何故だろう?どうしても時々、猫の爪を切りたくなる。

 お嬢さん(お兄さんかな)、うろうろしてるとヘンな男に爪をきられますよ。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »