« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

「カクテル」を読んだ。

Photo_3  主演のトム・クルーズが出演したしたことを悔やむ程に酷い映画だった「カクテル」。でもその原作は世紀の傑作と言われる代物であることをあなたはご存知だろうか?

 大昔、村上龍のエッセイで激賞されていたのを読んで以来、頭の片隅にずっとあり、書店・古書店に行く度になんとなく気にしていながらも見つけることができなかった小説。で、先日、ずっとあきらめていたのをYouTubeでビーチボーイズの「Kokomo」を見て思い出し、Amazonで探したらとあっさりとあった。そう、この「カクテル」は今、原書も翻訳も絶版という、増々レンジェンド度を高めている読み物なのだ。最低なもの(映画の方)が世に残り、最高なもの(小説の方)が消えていく・・・これも世の常なのかと憂いつつも、この休日はこれを読み耽っていた。圧倒された。

600ページ越えのピカレスク(悪漢)もの。そして、これ、作者ヘイウッド・グールドもさることながら、芝山幹郎氏の翻訳が凄い。原作のパワフルな言語遊戯のバーを軽々と(無論、軽々の筈はないですが)越えていき、読む者を泣かせ、笑わせ、酔わせ、欲情させ・・・・そのものズバリの俗語、猥語満載であるのにも関わらず作品全体に品格すらも備えさせると言う離れ業。酒をここまで美しく書いた本はない、とAmazonのカスタマーズレヴューにあるが、御意。村上龍はエッセイで「かのヘンリー・ミラーをしのぐ文体・・・」と言い、あとがきで芝山氏はこれを文学とは言わず「高級娯楽小説」と定義しているが、いずれにせよ確かにヤバイものをキメタ時のような特権的な読後感で・・・クラクラする。

Img_0185_5    

 ネット上で本書を検索すると出てくるが、如何せんどれも画像がないので写真をアップしておく。↑の最初が原書で次が翻訳。どうせなら原書のようなデザインにして欲しかった。ネットでこっそりと、またお近くの古書店などで見かけたら迷わずゲットされたし。もし所持していることが見つかったり、読むのが止められなくなったりしても・・・病院に送られたり、逮捕されることは・・・・・・ありません。

|

映画「オデッセイ」を見た。

 今日見た映画「オデッセイ」は火星に取り残された男が地球に帰ろうとする話。

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

酸素=地球の1/200、食料=31日分、通信手段なし、救出が来る可能性は4年後・・・ぼくはtrailerのこの歌い文句だけなら見なかったかもし れない。でも船長が残して行ったのが何故か70年代のダサダサ、デイスコ・ミュージックのヒット曲集!で、主人公がそれを生きる縁(よすが)に頑張る (本当は嫌いだけどそれしかないから)・・と人づてに聞いて俄然興味が沸いた。ディスコ・ミュージックがBGMのサヴァイヴァルSFムービー。新しい。

 

 ネットでは“火星版Dash村”などと早くも言われているが、言い得て妙。今後この手の音楽を聞くたびにぼくはあの赤茶けた火星の風景と無機質な 宇宙空間、それに有機栽培のジャガイモ畑を思い出してしまうだろう。どの曲もシーンに合っていて、もし歌詞を知っていると、この映画、面白さが更に増すのだろう。(さてデビッド・ボウイの「スターマン」はどんな場面でかかるでしょうか?)

 監督は「エイリアン」「ブレードランナー」のリドリー・スコット。主演は「グッドウィルハンティング」のエンドロール以来、ぼくが勝手にビートニクスの末 裔だと思っているマット・デイモン。音楽は70sディスコミュージックだが、映画の奥そこに60Sのカウンターカルチャーのメッセージが遠くこだましている気がした。
 
 日本版のキャッチコピーは「70億人が、彼の還りを待っている」だが、映画を見て、ぼくらもひょっとしたら、この星の偶然の生存者にすぎないのでは?と思った。70億分の1の。そしてこの火星、もしかしたら未来(今)の地球の暗喩かもしれない。

|

「スマイルふくろうプロジェクト」のふくろうを買った。

Photo

 昨日は久しぶりに鎌倉へ行った。向かったのは「おもちゃ大好き&アナトールカフェ」というお店。山形に避難した弟たちが作る野菜を鎌倉その他に広く販売するのを手助けしてくれている旧友夫妻が新らたに始めた「スマイルふくろうプロジェクト」の“ふくろうちゃん”を手に入れるためだ。詳しくは↓をクリック。 

http://palavas.dreamlog.jp/archives/2016-02-02.html

 今年の3月11日は発生時と同じ曜日周りだったので例年より生々しく思い出されることが多かった。あの時、都心で帰宅困難者として一晩現場ハウスに泊まった翌朝、レンタル中だった3tトラックで、前日までの混乱が嘘のような甲州街道を富士山を見ながら帰ったのだった。そう明けて土曜日だった。帰ってすぐ布団を被り寝て、そして目覚めて原発事故を知った。

 今日は予定がないと言う息子と二人で出かけ、昼頃着いたので早速昼食をと鎌倉駅前のラーメン屋「海鳴(うなり)」に向かったが店はもう無かった。四年前、弟たちが作った最初の野菜(小松菜)を出してくれた店だが、あの時は食べに来て涙ぐんでしまったっけ。ここにも歳月は流れていた。

 http://penguin-pete.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-1920.html

 店でふくろうはきれいににディスプレイされていた。「不苦労」と書いてお守りになるのだと言う。確かに実際のふくろうはいつも大きな目を見開いていて、首も360°(右180°左180°)回り、何かを見張っているよう。見るととても丁寧な作りで家族一人に一つと思い4つ買った。

 いつも突然行くので旧友夫妻には会えなくて残念だったが、その後は改修を終えたばかりの大仏を見て帰路についた。最近、車の事故、不注意からくる違反が多くて免許の点数が残り少ないのを思い、写真のようにしてみたがこれでは気になって余計危ない。家で母の遺影の前に飾ることにした。いい感じ。

 リンクにあるように「ふくろうちゃん」を置いてくれるお店・事業所を募集中です。が、個人で一つからでも買えるようです↓。どうかお好きな「フク」を(「おそ松さん」第1話風)。

http://palavas.dreamlog.jp/archives/2016-02-09.html

| | コメント (0)

僕らはまだ揺らめいている巨大なものの前にいる

     

     昨日の3・11
     PM2:46に
     市の放送があって黙祷した
      しかし 実際は
     地震があったこの時間から
     さらに約10~15分後に起きた
     津波によって
     被害は
     甚大なものになった

     去年のその時のことを
     思い出すと
     自分は都心のプレハブの 3階にいて
     何かのアトラクション
     のような目に合った後
     外に出て
     現実とは思えないほど揺らめいている
     高層ビルを
     呆然と
     見つめていた

     周囲も皆
     騒然としていたが
     実は その時にこそ
     津波という
     もっと具体的な
     悲劇が始まっていたのだが
     誰も知らなかった 
     その時には

     文字通り 悲劇が渦巻いているのに
     何も知らずにいた
     あの10~15分間が
     その後の1年をずっと
     覆っていた
     ような気がする

     いくら
     いろんな事実が
     明るみになっても
     まだ自分は何かを知らないでいる
     という感覚が
     あの時から始まったのだ

     3・11は
     終戦記念日や
     防災の日のような
     記念日や
     祝日には
     ならないだろう

     僕らはまだ
     揺らめいている巨大なものの前にいる
     

     それは高層ビルではない            

                                                           

                  2012.3.12  




 今日は沈黙しよと思っていたが、思いがけず自分のブログの過去のある文章が普段より大勢の人に読まれていることを知り、せっかくだからと思ってその文章を行分けして詩のようにしてみた。

 今日の2:46に自分の周りでは放送もサイレンもなかった。が、自分のこの時の気持ちは真空パックされたままです。黙祷。

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »