« "狐火"を見た。 | トップページ | 「スマイルふくろうプロジェクト」のふくろうを買った。 »

僕らはまだ揺らめいている巨大なものの前にいる

 

昨日の3・11
PM2:46に

市の放送があって黙祷した
しかし 実際は

地震があったこの時間からさらに
約10~15分後に起きた津波によって

被害は
甚大なものになった

去年のその時のことを
思い出すと

自分は都心のプレハブの
3階にいて

何かのアトラクション
のような目に合った後

外に出て
現実とは思えないほど揺らめいている

高層ビルを呆然と
見つめていた

周囲も皆
騒然としていたが

実は その時にこそ
津波という

もっと具体的な
悲劇が始まっていたのだが

誰も知らなかった 
その時には

 

文字通り
悲劇が渦巻いているのに

何も知らずにいた
あの10~15分間が

その後の1年をずっと覆っていた
ような気がする

いくら いろんな事実が
明るみになっても

まだ自分は何かを知らないでいる
という感覚が あの時から始まったのだ

3・11は
終戦記念日や

防災の日のような
記念日や祝日にはならないだろう

僕らはまだ
揺らめいている巨大なものの前にいる

それは
高層ビルではない

 

    2012.3.12



今日は沈黙しよと思っていたが、思いがけず自分のブログの過去のある文章が普段より大勢の人に読まれていることを知り、せっかくだからと思ってその文章を行分けして詩のようにしてみた。

今日の2:46に自分の周りでは放送もサイレンもなかった。が、自分のこの時の気持ちは真空パックされたままです。黙祷。

|

« "狐火"を見た。 | トップページ | 「スマイルふくろうプロジェクト」のふくろうを買った。 »

詩集「The letter」 (90)」カテゴリの記事