« 宇多田ヒカルの「花束を君に」 | トップページ | いわきculbSONICで仲井戸麗市を見た。 »

約30年ぶりに恩師による映画の講義を受けた。

Photo_2  昨日、有明の武蔵野大学で約30年ぶりに恩師による映画の講義を受けた。「ウェスタンからハードボイルドへ~アメリカ国家建設神話の崩壊」。取り上 げた映画は「荒野の決闘」(1942年米 ジョン・フォード監督)と「チャイナタウン」(1976年米 ロマン・ポーランスキー監督)。

 「マカロニウェスタンには教会と学校がない」とは淀川長治の名言だが、本家アメリカの西部劇には勿論、教会と学校がある。ヒーローは荒野から町にやって 来て悪を倒し、秩序をもたらすとまた荒野へと去っていくが、その時、町には病院、教会、学校等(文明の象徴)が残されるのだ。映画「荒野の決闘」の主人公 ワイアット・アープの盟友ドク・ホリデーは医者だし、ヒロイン"愛しのクレメンタイン"は教師。建設前の教会における日曜礼拝でのあの有名なダンスシー ンでは星条旗がたなびいている。

 しかし、その後、西部劇が作られなくなって、代わって作られるハードボイルド映画では事件が収束(解決ではない)しても決して町に秩序はもたらされない。悪は居直って在り続ける。それどころか主人公ですら多少いかがわしい人物であり、ただ一線を越えそうなところをギリギリで自らの信条・哲学に踏みとどまるのだ(それによりさら悲劇が起きてしまったとしても)。

Photo_4  映画「チャイナタウン」でジャック・ニコルソン演じる探偵はかつてチャイナタウンで起きた出来事がトラウマとなっているが、それについては最後まで語ら れない。この物語には最初から空洞がある。だが映画にはシーンごとに様々な暗喩や散りばめられている。

 恩師は若い学生達に今回の都知事の不祥事を例に、ユーモラスに説明していた。事件には初めから空洞があ り、一応、収束はするが(決して解決ではない)、悪は居直って在り、町(東京都議会)に真の意味で秩序はもたらされない、我々はハードボイルドな世界に住んでいるの だ、と。

 昨日はどうゆうわけか打ち上げでぼくが恩師にカクテルを振る舞うことになっていたが、二人で「ギムレットには早すぎる」(レイモンド・チャンドラー著 「長いお別れ」の中のセリフ)を連発しながら原宿のレンタル・スペースに移動・・・だが最後には無事シェイカーを振れた。良かった。

 30年前、この恩師の授業をジャックして別の講演者を立てしまったりするふとどきな学生だったが、つくづく自分は損をしていたのだと思った。昨日、一回 分取り返した。来週は「ディア・ハンター」(1978年米 マイケル・チミノ監督)と「アメリカン・スナイパー」(2014年米 クリント・イーストウッド監督)。ヴェトナム戦争とイラク戦争について。講義があるのが平日で残念。

|

« 宇多田ヒカルの「花束を君に」 | トップページ | いわきculbSONICで仲井戸麗市を見た。 »

映画(19)」カテゴリの記事