« The letter | トップページ | 没後20年特別展 星野道夫の旅~あなたは私の家にいることができます。 »

暑中お見舞い申し上げます。

 暑中見舞い申し上げます。

 毎朝、会社の朝顔が幾つ花開いているのかを楽しみに出かけます。作ってもらった弁当にどうしてももう一品付け加えたい喰い意地の張った自分の最近の楽しみは、現場前のオリジン弁当のお惣菜を昼ごとに100g(大体200円前後)買って、メニューを完全制覇することです。いよいよ明日達成されます。レジのおばさんが優しい。エビ&イカチリソースが絶品です。

 去年末からだいたい府中にいて小さい現場をこなしてきましたが、6月末から市新庁舎建て替えに伴う調査をしています。もしかしたらしばらくここにいることになるかもしれません。府中は自分がこの仕事を始めた場所でして密かに縁を感じています。

 去年の今頃は赤羽にいて、その現場はエレファントカシマシのメンバーの母校を解体するそばから掘り始めるという内容で、しかも発生する残土の置き場がリーダーの元家の跡・・・ということもあり、結局、夏中彼らの歌を聞いて過ごしました。

Img_0684_640x464

 赤羽台団地は元旧陸軍の被服本省があった場所なので、その煉瓦造りの基礎を掘りだしただけでかの時代に逆戻りしたようでしたが、防空壕と思しき遺構の中に細長い楕円の硝子に何らかの液体が入っている物体を見つけ、すわっ火炎瓶か?と思ったら、全く違ってそれは「消火弾」というものでした。空襲などで周りが火の海になったら投げ込むようにと防空壕に備えられていて、それが起き去られたものなのかもしれません。それと缶に入った8mmフィルムが出てきたっけ。

 先週の日曜日、いつも行くラーメン屋に携帯を忘れ、気が付いて取りに行くと店は閉店で“月・火は休み”の貼り紙がしてありました。つまり週の初めの二日間、ぼくは携帯を持たずにいたわけで、それは落ち着かないような気楽なような、何とも言えない妙な気分でした。あの小さな機械がないだけで少し自由になれたような・・・その二日間、現場至近の神社には例の新しいゲームをする人々が鈴なりで、ガラケーユーザーでそれさえ不所持の自分の小さな無頼心がくすぐられたりしましたが、思えば我が細君は未だ携帯すら使わない人。彼女が日頃、何を疎んじてそんな風に暮らしているのか少しだけ分かった気がしました。

 携帯は水曜日に取りに行くと無事にありほっとしましたが、十年通って初めて無口な店主と言葉を交わしました。人間万事塞翁が馬。因みにそのラーメン屋には電話がありません。上には上がいるものです。

 今年はお盆休みもなさそうです。あんなに一生が夏休みだったら・・・としきりに夢見ていた頃が嘘のように、時々、仕事していた方が楽だと思う自分がいます。やっと大人になったのか、ある部分が怠惰になったのか・・・良く分かりませんが。

 毎年のことですが今年の夏も暑くなりそうです。謙虚に見せようとかなんとかそんな下心抜きに、マジにこの季節は一日一日を生きている感じがします。昨日は水を1リットル飲みました。塩飴が欠かせません。皆さんもご自愛下さい。

 ところであの8mmには何が映っていたのでしょうか。今度、聞いてみようと思います。

|

« The letter | トップページ | 没後20年特別展 星野道夫の旅~あなたは私の家にいることができます。 »

日記・その他 (68)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The letter | トップページ | 没後20年特別展 星野道夫の旅~あなたは私の家にいることができます。 »