« 加油! | トップページ | 「母をお願い」を読んだ。 »

I saw the Light


眩しさから
目を逸らすことがことができない
胸の高鳴りを
抑えようとして苦しい
          
その時 レゴは瞬時に組みあがる
その時 風景は初めて色を得る


まるで 
音楽が奏でられる前の静寂
まるで
弦を調律する微かな響き
     
あの人の
たわいのない仕草の一つ一つが
何かの合図のように
乱反射して
見えるのは 何故


眩しさから
目を逸らすことがことができない
禁じられても
太陽を凝視する
子供のように


未来から呼ぶ声がする
     
偶然を
運命に変えようとして
今 広場の彫刻が
眩しさに向かって歩き始める

|

« 加油! | トップページ | 「母をお願い」を読んだ。 »

詩集「The letter」 (90)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 加油! | トップページ | 「母をお願い」を読んだ。 »