« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »

高幡不動の紅葉

 散歩がてらに高幡不動に行ってきた。紅葉がキレイだった。

Img_3148_800x600

Img_3149_800x600

Img_3152_600x800

Img_3153_800x600

Img_3155_800x611

Img_3157_800x600
Img_3160_800x600

|

Good bye 、冷蔵庫くん。

Img_3116_800x631  
 家の近くに新しいスーパーが出来て、開店記念セールでハーゲンダッツのアイスクリームが安かった。先日それを買ってきて風呂上りに楽しみに食べようとしたら、あらら、溶けてブヨブヨになっている。なんとそのタイミングで冷蔵庫が壊れたのだった。以前も似たような事があり、様子を見ていたら症状が改善されたので騙しだまし使っていたが、今回はついに復帰しなかった。それで昨夜、新しいのを買いに行って、今日、配達と古い方の引き取りがやってきた。驚いたのは引き取りに先立ち妻が最後の掃除をしながら見ると、壊れた冷蔵庫の製造年月日は1984年。33年前。

Img_3113 自分はまだ上京する前で、郷里のいわきにいた。ジョージ・ウォーエルが小説に書いた1984。スティーブ・ジョブスがIBMとの戦いにMacintoshで挑み、伝説のプレゼンをした翌年の1984。日本ではチェッカーズの『涙のリクエスト』がヒットしていた1984、そしてブルース・スプリングスティーンのあの『ボーン・イン・ザ・USA』がリリースされたのが1984だ。

 今PCに「冷蔵庫の寿命」と入れて検索すると、だいたい10~15年、と出てくるが、この冷蔵庫はその倍近く生きて?仕事したことになる。娘が生まれたばかりの時、貧しい若い夫婦に近所の電気屋さんが見るに見かねて中古品をメンテナンスして安く売ってくれた物で、その時ですでに13年選手。以後、20年、我が家にあった。人間で言えば何歳だろう?と、愚かにも電化製品を見て考えてしまった。

 妻曰く完全に使えないのは冷凍庫で、他の部分はまだ少しは冷えるのだとの事。妻は「直せばまだ使えるかもしれない」と、引き取り業者が廃棄ではなくリサイクル、という点に最後まで望みを託していたが、ぼくは知っていた。フロン使用なのでそれはもう無いということを。だが、もしも“昭和の暮らし”のような展示がある博物館にでも置いてもらえたら・・・と、ぼくも最後に儚く祈った。そして長年一緒に暮らした大型の電化製品って、まるでロボットのようだと思った。今日の午後はまるで『ロボコン』の最終回みたいだった。

    で、最後に、スプリングスティーンの「ボビー・ジーン」の歌詞になぞらえて、 I miss you baby, Good luck ,Good bye 冷蔵庫くん。長い間、ありがとう。

https://youtu.be/hWAkBrSEh3I

|

登戸研究所資料館の見学会に行ってきた。

 昨日、明治大学平和教育登戸研究所資料館の見学会に行ってきた。            

http://www.meiji.ac.jp/noborito/mean/index.htm

  Img_3061_800x689
 写真は風船爆弾。以前、郷里のいわきに帰省途中に立ち寄った五浦海岸で「風船爆弾放流地跡」なる碑を見たことがあるが、自分はもっと単純なものを考えていた。

http://penguin-pete.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_da7f.html

 仕組みを聞いたら高度維持装置など意外に精巧に作られていて驚いた。旧日本軍はこれで爆撃による成果を上げようとしていたのでは勿論なく、ウィルス兵器を使おうとしていたのだとか。同種のカウンター攻撃を恐れて実際にはウィルス兵器は使われなかったものの、それでもこの風船爆弾は約1000発がアメリカに着弾していて死者も出している。昨日、見学者の中には少女の頃この製造に携わったという方がおられ、聞いている色々な話がいきなり身近に感じられた。  

 誘われるままにどういう会なのかもあまり知らずに行ったのだが、資料館館長・山田朗先生の解説は、ここにこの施設が作られた経緯や地理的環境の話から始まり、次第に戦後史のミステリーにつながるような内容で思わず引き込まれた。スパイ兵器、対人毒薬などコワい話もあったが、自分が一番興味をひかれたのは贋札作りに纏わるお話。そんなこともしていたとは知らなかった。

 負の遺産を活用し、戦争の愚かさを立体的に考える良い企画だった。チラシを見ると見学会は12月にあと2回予定されている(2日と16日)。興味がある方は是非。

|

三鷹南口のフォー

Img_3018_800x600  

 先週末、原発事故からの避難先の山形で帰農し学習塾の経営もする弟が、田舎暮らしを指向する人たちのための催しで講演するため東京に来た。有楽町の東京交通センター内のふるさと回帰センターというところ。身びいきするわけではないが良い話だった。

 講演後、日野に来て高幡不動で飲み、翌朝は高尾の極楽湯で湯につかり、その後、30年前、二人で住んでいた三鷹に行った。昔良く行った幾つかの店を探したがことごとくなくなっていて、唯一、店名が変わり今も残っているラーメン屋を見つけたが、あいにくその日は休み。で、結局、その隣のベトナム料理屋でフォーを食べたがこれが美味。食べながら弟から、沢木耕太郎が旅先の土地で、若い頃にここに来たかった・・・のように言うと故・立松和平が、何故、そんなことを言うのか、今、ここにいることを喜べ・・のように言った、とかいう話を聞いた。そうだな、これからは、昔、通った店を探すなんてことは止そう、これからはここに来よう、と言い合った。

三鷹駅南口の『サイゴン』という店。

https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13185862/

隣は昔『江口』で今は『みたか』というラーメン屋。写真は弟が食べたトムヤンクン味のフォー。自分はベトナムカレーと鶏ガラスープのフォーのランチセットを食べたが、どちらも美味かった。

|

デニス・バンクス氏死去 R.I.P

 去る10月29日にデニス・バンクス氏が亡くなった事を、11月1日の弟のフェイスブックの記事で知りました。その日、日本は十三夜で、東京でもきれいな月が見えました。大学の頃、仲間と企画したイベントを通して彼を知り、後日、バイトしていた学内の語学教室まで恩師が連れてきてくれ直接お会いしたことがあります。R.I.P。

 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017103101001400.html

 http://blog.goo.ne.jp/au…/e/34f48aa7b448a450922314faff70ce3b

  昔 インディアンは花と遊びながら
  光る命の意味 花に学んだ
  花に学んだ

  俺とこの星との歌が歌えるまで
  夢はみちてひいて くりかえすだろう
  くりかえすだろう   

          作詞 KURO&大塚まさじ 歌 加川良

|

« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »