« 高幡不動の紅葉 | トップページ | 花蓮・玉里安通温泉へ行く。 »

豆花(ドウファ) 


初めてなのに
見覚えのある空が広がっていた
見覚えのある笑顔 
花 ざわめき

〈空に吸われし 
天燈の群れ 〉
 
ことばを知らないから
幼児に戻り
故に
 目もまた
幼児の目になる

市場の
色が
味が
匂いが
音が
一斉に語りかけてくる 君は誰だ?

階段で
居眠りする犬
水彩の
水色の海が見える旅の茶屋で
口中に
甘い原色の花が咲く

懐かしいのに
見知らぬ空が広がっていた
その暮れ色と
煙の匂い


口中に咲く
甘い甘い豆花(ドウファ)
 


    2018. 1.3 台湾 九份にて。

|

« 高幡不動の紅葉 | トップページ | 花蓮・玉里安通温泉へ行く。 »

詩集「The letter」 (84)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高幡不動の紅葉 | トップページ | 花蓮・玉里安通温泉へ行く。 »