« 和同遺跡に行ってきた。 | トップページ | 「応答せよ1988」を見た。 »

八月の菓子

 
 誰も食べたことのない菓子の味を知るためには
 食べたことのある人から聞くしかなくて
 でも近ごろでは食べたことのある人は段々に減って
 その味がどんなものであるかはようとして知れない
 
 思えば自分が子どもの頃は
 食べたことのある大人が周りに沢山いて
 麦酒<ビール>なんぞを飲んだ折りなど
 こちらから聞かずとも語ってくれたもの
 
 ある叔父は口をすぼめて目を固く閉じ
 あれはすっぱいものだと言い 
 ある叔父は顔を真っ赤にして
 あれは辛かったと涙目に語った
 何故だが中には鼻息荒く
 何をそんなに誇るところがあるのか
 その頬をとろかすような甘さでも思い出すのか
 いじきたなそうにニヤニヤする人もいた
 
 無表情で黙っている人もいた

 誰も食べたことのない菓子の味を伝えるために
 また聞きのことばを誰もが喋る
  また聞き
 孫引き
 ひ孫引き 
 デマ
 あれは酸っぱい らしい
 いやあれは辛い らしい
 いやいやあれは甘い らしい そして
 ほんとうはすごく美味しい らしい と 
 
 目を固く閉じたりせず
 涙目にもならず
 いじきたなそうなニヤニヤ笑いもなく

 誰も食べたことのないその菓子はどの家にもあって
 もう何年も戸棚の奥にしまわれている
 誰も食べたことのない菓子の味を知りたければ
 食べてみればいいじゃないかと
 声高に言う人が近頃じゃ段々に増えて
 腹ペコの子供が夕暮れ 皿に手を伸ばす
 

 誰も食べたことのない菓子の味を知るためには
 食べたことのある人から聞くしかなくて
 でも近ごろでは食べたことのある人は段々に減って
 その味がどんなものであるかはようとして知れない
 
 誰も食べたことがない菓子の味を
 これから どうして伝えよう
 いつもは戸棚の奥の暗がりにしまわれていて
 毎年八月にだけ取り出してきては皆で眺めている

 あの菓子の味を
 

|

« 和同遺跡に行ってきた。 | トップページ | 「応答せよ1988」を見た。 »

詩集「The letter」 (84)」カテゴリの記事