« ダム | トップページ | 王ゲート、長嶋ゲート。 »

うめる

   Ⅰ.

   埋める
   死者を埋める
   犯罪の証拠を埋める
   ハイエナがかすめ取った
   骨付き肉を埋める
   盗品を埋める
   ゴミを埋める
   サラリーマンが
   違えた約束を酒の席で埋める
   予定を埋める
   クロスワードパズルのマスを
   文字が埋める
   考古学者が
   調査済みの現場を埋める
   熱い風呂を
   水で埋める
   SNSのコメント欄を
   ネトウヨが
   ヘイト発言で埋める
   株の損失を埋める
   命令の後の沈黙を
   従順な
   返答が埋める
   海を埋める
   珊瑚を埋める
   ダンプがバックして
   土砂が
   青い
   青い海を埋める
   
   何を弔った?
   何を隠した?
   どれだけ食った?
   何を取った?
   何処に投げた?
   どれだけ酔った?
   工程通り?
   どんなスローガン?
   何が分かった?
   ぬるくない?
   どんなフェイク?
   何に使った?
   誰の言いつけ?
   何を殺した?
   何色になった?

   Goddamn.

   私たちは生める
   詩を
   歌を
   物語を
   絵を
   新しいアイディアを
   互いの理解を
   まだ若い父親が
   震えて待つ
   産院の朝を
   生める
   赤ん坊を
   パンを
   次の食事を
   サラダボウルの淵
   の
   淡い光
   ミニマルな日々の
   点描の
   タブローを

   Ⅱ.

   うめる
   にわとりはたまごを
   かみさまはうみを
   うみたてのたまご
   うみたてのうみ
   うめたたまご
   うめたうみ
   うめたてられたうみ
   うみすてられたたまご
   うめる
   わたしたちはうめる
   こわされたものを
   ねじまげられたものを
   こわれたたまごを
   こわされたうみを

   うめる
   なんどでも
   うむ
   うめる
   わたしたちは
   うみをまた
   うめる
   うみをまだうめる
   うみを
   またうむ

   うみはまたうまれる

|

« ダム | トップページ | 王ゲート、長嶋ゲート。 »

詩集「The letter」 (87)」カテゴリの記事