« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

六月終わり

 今日で六月が終わり。という事は今日で一年の半分が終わったという事だ。早い。

 天気は朝起きると曇りで予報だと午後から雨とのこと。やりたい作業はあるが、ちょうど午後から休ませて欲しいという作業員がいるので、予報通りだと丁度良く、結果はそのようで予定通りだった。

 午後から現場中止になり、会社に戻って写真、書類の整理。

 帰宅して夕食後、雨で買い物に行けなかったということで、妻と近所のスーパーまで行く。自分は車にいる。

 娘と一緒に一日一話ずつという縛りで韓流ドラマ「愛の不時着」を見ていて今日は第7話。だが回を増すごとに面白くなって、娘、禁?を破って続きも見たいとのこと。どおぞどおぞ。自分は予定通り一話だけにしておく。

 その後はテレビ、NHK・BSで「アナザーストーリー」を見る。「岸辺のアルバム」と多摩川水害。

 昔、ドラマ『岸辺のアルバム』は全部見て好きで、その後、原作まで読んで以前このブログにも何か書いた。http://penguin-pete.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/4_a709.html

そして図らずも現在、多摩川の支流の浅川沿いに住んでいるので色々と身につまされた。今も外は雨が強くなってきていて、去年の台風19号を思い出す。

 ところでジャニス・イアンが歌う「岸辺のアルバム」の主題歌『Will you dance?』って、こんな歌詞だと知らなかった。あのドラマにも今の世相にもぴったりと思う。https://www.youtube.com/watch?v=3hG3uwqIwW8

 10時半就寝。

|

新現場初日。

 天気晴れ。昨日まで天候が不順だったためか体調悪し。きっと体が冷えたのだと思う。念のため体温を測ると36度5分といたって平熱。仕事をしていれば回復すると考える。

 朝、サラダとコーヒー、PA-3(ヨーグルト)、それとバナナ。

 今日から仕事は新現場。結局、車は現場内に置けることに。ただ今日は他社の掘削の重機その他が入るため、東府中駅前の現場に人、資材を下ろしたら府中駅近くの某所に戻り、駐車し、そこから折り畳み自転車でまた東府中に戻る、ということに。

 現場は狭いが回りが高い建物に囲まれているため日影になっている時間が多く、この季節には助かる。ただ晴れている場合、昼の時間は全面に陽が当たりテントか車が無ければ逃げ場がない。明日以降、車が停められて良かった。

 昼はスーパーで買ってきたかつ丼。前回の現場の近くにあったスーパーとはまた違うスーパー。前回と違って駅前なので食べるところは一杯あるもののこういうのが習慣化したか。店に入って注文し待つのが面倒くさい感じに。

 一日中動いて、汗をかいたら体調が良くなった。今日、暑かったのがかえって良かった。

 帰宅して 夕食はカジキのソテー、青菜のみそ汁、豆腐。それとバナナとトマトとアーモンド週間なる牛乳。

 Netflixで「愛の不時着」第6話を見る。先週から娘と毎日1話ずつ見ているが(日曜は2話)、今日のはさすがに続きが知りたくなり、娘ともう一話見るか迷うがやはり止める。全16話。あと10話ある。

 今日は新現場で初日でバタバタしたのかいつもより疲れていつより早く寝る。10時就寝。

|

また梅雨寒

 家の前のトマトのビニールハウスに雨が当たる音で目が覚める。結構、強い雨。昨日の蒸し暑さと打って変わって典型的な梅雨寒の一日。湿度が不快で窓を開けたままにしておくと体が冷え、調整が難しかった。

 朝食はミニメロンパンとサラダ、コーヒー。

 昨日、途中まで見て止めた「ブルーススプリングスティーン ブロードウェイ」の続きを見る。ショーの中でスプリングスティーンが「俺の人生の一部だった。」と語ったのは盟友・故クラレンス・クレモンズ、父親との確執、それと生家の前に立っていて今は切られてしまった木。特に最後の部分は自分も同様の経験をしたので故郷の家についての色々を思い出せずにいられなかった。https://www.sonymusic.co.jp/artist/BruceSpringsteen/info/496892

 この季節、実家の家の思い出と言ったら蛙の鳴き声だよなあ、などと思っていたら、その後、聞いた小川洋子のラジオで今日取り上げられていたのは草野心平の詩集。「ごびらっふの独白」「冬眠」「エレジー」などなど。田舎の家は田んぼの真ん中にあったので、夜、寝る時はカエルの鳴き声の宇宙の中に横たわるようだった。そして良く眠れたっけ。https://www.tfm.co.jp/ml/today/index.html

 山形から野菜が届く。最近は野菜中心の食事になったのでありがたい。

 昼はレトルトのカレーとトマト。随分、久しぶりに米を食べた様な気がする。

 昼食後、雨が止んだので妻、娘とドライブがてら買い物に出かける。豊田→八王子から411号線であきる野まで。どこも人が多かった。

 夕食はチキンのトマト煮。

 NHKで「戦国」なる番組を見る。発掘資料の科学的な分析と海外で発見された新資料から、新たな戦国時代の姿を読み解く・・・のような内容で面白かった半面、飛躍しすぎなところもあって少々残念。

 10時40分、就寝。

|

ディラン的、ジョン・プライン的、スプリングスティーン的

 仕事が長引いたと未明に息子が帰ってきて、その音で目覚めてしまい、眠れなくなって、結局Netflixを見てしまった。

 見たのは「ローリングサンダーレヴュー:マーティン・スコッセジが描くボブ・ディラン伝説」というボブ・ディランが70年代半ばに行った伝説的なライブツアーのドキュメンタリー。https://kenta45rpm.com/2019/06/13/rolling-thunder-revue-a-bob-dylan-story-by-martin-scorsese-netflix/

 若者による対抗文化(カウンターカルチャー)としてあったフォーク&ロックミュージックが、この頃は巨大産業に変貌しつつあり、映画はディラン一行がその風潮に一石を投じ、サーカスの一座のような形式で全米を旅した記録。

 先日、DVDになって戻ってきたジョーン・バエズの来日公演が74年でディランの初来日が78年だから、このローリングサンダーレヴューはちょうどその間にある。

 74年のバエズの映像にはまだあった対抗文化としての残り香がまざまざと記録されているが、初来日時のディランのステージはラスヴェガスのエルビスのショーのような感じだった(それはそれで大好きだが)。

 映画にあるローリングサンダーレヴューのディランのステージングは見たことないほどにエネルギッシュで、ライブパフォーマーとしてはまさに全盛期といった感じだが、後半は一行がツアーの無軌道さにうんざりしているような雰囲気も見られる。夢と挫折。色々なシーンや証言があるが、結局は音楽だけが残る、という感想を持った。

 見終わって一度寝て起きて、今度はNHK・FMのピーターバラカンの番組「ウィークエンドサンシャイン」で四月に新型コロナウィルスで亡くなったジョン・プラインの特集を聞くhttps://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0029_01&fbclid=IwAR1Vi7YkmjAWMsIDWjUyL3vWULla1Bl7-rbwKRbNAVxLYQsgKjgOECvwwVo

 ジョン・プラインは日本ではあまり知られていないが本国アメリカでは多くのビッグネームたちにカヴァー、リスペクトされるシンガーソングライター。聞いてブルース・スプリングスティーンのフォークスタイルの楽曲はこの人の影響が色濃いことを知る。アメリカ人の生活、喜怒哀楽がそのままに描かれている歌の数々。まるでレイモンド・カヴァーの小説のよう。

 小説家カヴァーのデヴューとジョン・プラインのデヴューは時期が重なっていて(多分)、きっとその頃、アメリカにはこういう内省的な時間があったのだろう。たくさんのアルバムが出ているがほとんどが輸入盤。詩が大事な人なので歌詞対訳付きの日本版の発売を望む。

 昼、先日行った府中・東京総合卸売センター内のベトナム料理屋に今度は家族で行った。妻、息子は牛肉のフォーを食べ、自分と娘は鶏肉のフォー。フォー巻、生春巻きも食べた。先日食べた牛肉のより自分は鳥の方が好きだと思った。美味い。定番になりそう。

 夜、息子が友達から連絡があり、人が足りないとのことで草野球の試合に出ることになったと出かけていく。小中高のどこでも一度も野球をやったことない人間が大人になってから始めるという例はあるのか。

 実は昼間、息子、娘にあまり話したことのない父の話をしたばかり(ブロードウェイのスプリングスティーン的に)。https://rockinon.com/blog/nakamura/181384

 父は社会人野球の選手だった。息子にその血が流れているのか、帰ってきてナイターで本格的な球場でフルに試合に出たのは初めてだったと、まんざらでもなさそうだった。グローブとバットを買って練習すると言う。

 やったことのないことを何か始めたら?とこの前、行き詰っている風な息子に言ったばかりで、その時は語学とか釣りとか勧めたがまさか野球とは。灯台下暗し。面白い展開。

 10時半就寝。

|

一日中、写真整理。

 朝、起きたばかりの時は雨。その後、曇り。

 朝食は例によってサラダとコーヒー。自分は毎朝早起きだがそこに弁当を作るのに息子も起きてきてしばし話す。勤めているレンタカー屋の店内は某FM曲が設定されていて、昨日は一日中サザンオールスターズがかかっていて、最初は気にしなかったが、後半から苦痛だったという話で笑う。

 朝イチで次の現場の下見に行く。

 次の現場内に車を置く場所が無く、周辺のコインパーキングに一日停めておかなければならなくなりそうなところ、期間中ずっとだとまとまった額になるので交渉したところ、別の方法を検討してもらっている最中。

 実際、現場は某駅前なのでコインパーキングも最大金額の設定がされていなかったり設定時間が就業時間と合っていなかったりで高額。また朝の埋まり具合はどうなのか。それも知りたくて見に行った。建築、土木の仕事は自分らより1時間早いのが普通なので安い所はどこもすでに一杯だった。

 10時頃、社に戻り、その後は昨日までの現場の納品に向けて一日中写真の整理作業。某市は今回から仕様が変わりあちらもこちらも手探り状態で中々難しい。

 昼休み、フィルムカメラの件でその収集家?のT君に電話。仕事中にトラブルがあったばかりだとか。しばし話す。

 帰宅して、夕食はうなぎ。夜は米を食べないことにしていたが、さすがに頂くことにする。美味。

 Netflixで「愛の不時着」の第2話を見る。現実の朝鮮半島情勢を考えると随分に攻めた内容で面白い。韓国の、エンターテイメントの力を愚直に信じるその直球勝負さに感じ入る。

 一日中、蒸し暑かった。夜もまだ暑い。10時、就寝。

|

フォーを食べた

 朝起きると強い雨。しかし、通勤中からやや小雨になり、日中はほぼ曇り。時々晴れ間もあった。

 昨日に引き続きの整理作業。今日が最終日。作業場所の目の前は東京総合卸売センターで、昨日、前を歩いていたら中に新しくベトナム料理の店が出来たことを看板で知った。

 以前ここは中に海鮮丼(まぐろ丼)で有名な店があり、店は無くなってしまったもののその評判を引き継ぐように別の店が海鮮丼をやっている(たしか)。今日の昼はそれでも食べようかと思っていたが予定変更。ベトナムのフォーにする。

 店の案内をしている女性に聞いたら他のベトナム料理の店で出しているフォーは普通、乾麺で、ここは日本で初めての生麺のフォーなのだとか。近頃、府中にその工場ができたのだとか。

 春巻きその他のメニューもあるが、自分が頼んだのはもちろんフォー。一緒に行ったUさんは鳥肉のフォーで自分は牛肉のフォー。相変わらず痛風は心配だがたまになら良いだろうと思って。普通盛り、大盛とあるが普通盛りを頼む。

「パクチーは大丈夫ですか?」と聞かれるが大丈夫。その他、テーブルの調味料、チリソース、ナンプラー、ニンニク酢などの説明をされる。チリソース以外それらが料理にどういう効果をもたらすものなのか、恥ずかしながらあまり知らないままにうんうんと頷き、そう待たずして注文が出てきた。

Photo_20200626051201

 
 フォーは以前にも食べたことはあるが、確かに日本初と言うだけあって麺が美味しかった。日本人にはこうした麺類にレモンを絞るという感覚はないが付いてきたので絞る。それとさっき説明された調味料のうちナンプラー、ニンニク酢も少々。そして普通盛りという割に量が多く、食べ終わるとずしりときて米粉の麺だからなのか腹持ちが良い感じ。隣のUさんのを見ると鳥肉のも美味しそうで次はそれを頼もうと思った。

 「ベトナム語で"美味しかったです"は何といいますか?」と聞くと、店員さんではなく中にいた他のお客が「Ngon!」と教えてくれれて、自分も厨房に向かって「Ngon、Ngon」と言いながら店を出る。

 夜はクラムチャウダー。昼にベトナム料理の店に行ったと妻、娘に言うと今度、一緒に行こうという事になる。次回は春巻きも食べよう。

 食後、娘とNetflixで「愛の不時着」の第1話を見る。

 10時半頃就寝。

|

どら皮、再び。

 朝、目が覚めた瞬間いつも憂鬱なのは何故か?良い夢でも悪い夢でも。赤子が泣いて生まれてくるやつのインスタントなケースのような気がするが、毎朝、頭の中でネガティブな感情が鎮まるまで待ってそれから起きだす。ポジティブに変わるまで、とはいかなくても。今朝もそうだった。

 レタス、トマト、豆腐のサラダ、それとコーヒー。サラダは基本ドレッシングをかけるが、ない時はマヨネーズ。サラダの時、ドレッシングを選ぶのは一つの楽しみだが、今使っているのはキューピーのチョレギドレッシングでいわゆる韓国風。

 以前、韓国料理の料理教室に行ったらメインのメニューとは別に、一番簡単な韓国料理、という言い方で教えてくれたのは味噌に擦ったニンニクをちょっと入れ、それにごま油を垂らして混ぜたもの。ごはんのおともに良い。チョレギドレッシングはそれを思い出す。ごま油とちょっとのニンニクが肝と思われる。

 現場は朝イチで埋め戻しの業者が作業を始める前に残土山や現場の壁にかけていたシートを剥がして回収作業。研いだ移植ベラでUさんと土嚢をいくつも壊す。その後は某所に戻って一日中、図面、遺物の整理作業と資材整備。

 近くに和菓子の青木屋の生産工場があって直売店が併設されており、休憩時間そこに名物の「どら皮」を買いに行く。どら焼きの皮。以前も買った。ドラ皮、再び。アウトレット品でこれだけでも意外に美味しい。ここに来た時の定番のようになった。nifty.com/blog/2015/12/post-f1f5.html#comments

 昼、コンビニの海苔巻き。不味くはないが先日までのスーパーの品々とどうしても比べてしまう。

 昼休み中に自転車で次の現場の下見に行く。東府中のパチンコ屋の真ん前。出るのは古代の溝とか。どうなることやら。

 夜、とんテキ。肉食は止め菜食主義に、と思い始めていたが早くも挫折。それと豆腐と玉ねぎのサラダとみそ汁。自分だけさらにトマトを食べた。

 テレビは楽天VS日ハム戦。テレビで野球がついているのは良い。楽天は選手が一新した印象で投手陣、打線も良くなっている。今日も先行していたが逆転勝ち。

 寝しなにスマホで「おしえてイチロー先生!」という動画を見つけ、立て続けに見てしまう。イチローの回答が哲学者風でいちいち面白い。自分が質問するとしたら何だろうか。 https://www.youtube.com/watch?v=29aGTAGHX70

 10時半頃就寝。

|

終わりは始まり

 朝のうち小雨、のち曇り、夕方、晴れ。

 朝、またサラダとバナナとコーヒー。こんな風な食事に変えたらみるみる痩せてきて体が軽く調子が良い。YouTUbeでスリードッグナイトの「Joy to the World」を聴いたら対訳がついていてまさかの関西弁。だが雰囲気ぴったりで朝から爆笑す。

 https://youtu.be/Btf6X7kk3pg

 現場は残務を終え撤収作業。と思ったら次の現場の話。終わりは始まり。今の現場の整理作業を数日して来週からとか。また人の心配。あと一人誰かいないものか。

 昼はスーパーの三食おこわセットとごぼうのサラダとアーモンドコーヒーなる飲み物。このスーパーの弁当、総菜は美味しかった、と、ここは今日で終わりなのでちょっと残念な気分。

 午後、某所にて他社で同業の人の中に昔一緒に仕事をした人がいるのを発見す。ただ状況的に話しかけて良いものやら悪いやら。向こうは自分を覚えているだろうか?

 帰宅して夕食は肉じゃが、みそ汁、キムチ、豆腐、それとトマト。食後、妻が買い忘れたものがあるとかでドラッグストアへ。自分は車にいる。

 アナザーストーリーで「豊田商事事件の衝撃!」を見る。事件はもちろん知っていたが、詐欺に会った被害者のお金を取り戻すべく、その後、どのような努力があったかは知らなかった。

 夜、10時半就寝。

|

梅雨寒

 朝から雨。朝食はレタスとトマトのサラダ、バナナ、それとコーヒーと塩せんべい数枚。今日は予定では作業を少しして、撤収し、現場終了の筈だったので計画がズレた。

 先週末の金曜日に雨のため室内で図面・写真の整理作業をしている際、ある落ち度に気付き(それはやり直しの効かないもので)、実は今週末はずっとそのことが頭を離れずにいた。

 今朝、相手方まで出向きそのことを告げ謝罪する。結局、今回は不問に付す、と言ってもらえ安堵する。

 現場見回りの後、会社に戻り今日も図面の整理。一日中雨で梅雨寒。寒かった。

 昼はコロッケパンとひじきの煮つけ。それと野菜ジュース。

 帰宅し、夕食は鮭のホール蒸しと青菜のみそ汁、豆腐、キムチ、納豆。食事をしていると娘がまじまじと自分を見ていて「お父さん、痩せたね」と言われる。そうか。自分的にはまだまだ。

 昼間、仕事が休みだった妻と授業が休みの娘が録画したままになっていた映画『タクシー運転手』(韓 2018)を見たようで、その流れで録画してあるドラマ『応答せよ1988』を見ていて、自分もそのまま見てしまう。

 http://penguin-pete.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-aca9.html  

 このドラマは韓国のオリジナル版は100分で全20話。日本版は50分に編集し40話になっていて、初見はオリジナルを見たが、録画してあるのは日本版の方。

 だが先日、某ケーブルテレビでまたオリジナル版の放送があり全話録画を目指したが、忘れたり失敗したりして、つまり現在はどちらもがまちまちにある状態。当たり前だがやはりオリジナルが素晴らしい。

 娘は見るのを止められず、ずっと見ていたが、さすがに自分は途中でリタイヤ。就寝は11頃。 

|

MLBのキャップ

 天気曇り。今日は夏至で皆既日食で父の日だった。

 午前中はいつもの日曜日。息子は仕事、娘は友人と会うとかで新宿へ。自分と妻はドライブがてら府中で現場の巡回などをして、小平→新青梅街道→立川のドライブ。

 初め、巡回へ行く前、府中のスポーツデポにMLBのキャップを探しに行った。現在は楽天イーグルスのキャップを被っているのが常だが、それは例のクリムゾンレッドのやつで、それとは別に黒の大リーグのチームのものも何か一つ欲しいと思っていた。

 大リーグのチームで特別応援しているチームは今は無いが、かつてはボストン・レッドソックス(デヴィッド・オルティスとマニー・ラミレスがいた頃)が好きだった。しかし、スポーツデポはMLBの専門店のような所ではないのでニューヨーク・ヤンキースのものか大谷翔平のいるヒューストン・アストロズのものしかなかった。

 しかもヤンキースのものはマークだけはそれだが、キャップ自体は野球選手が被っているのとは別物のお洒落なデザインのものが多い。第一、ヤンキースだけは選択肢に無かった。だってジャイアンツみたいなものだろう?今度、専門店に行って別のを探そう。

 候補はボストン・レッドソックスかシカゴ・ホワイトソックス(映画「フィールド・オブ・ドリームス」のシューレス・ジョーから発想)、もしくはオークランド・アスレチックス(映画「マネー・ボール」から発想。緑だが)などなど。

 ところで日本のプロ野球は無観客で始まったが、大リーグはどうだろうか?今朝、息子と話したら、曰く、今年は戦争以外では史上初の中止では?とのこと。

 ドライブ中のラジオでは、夏至の日、イギリスでは一年で一番昼が長い日と言うが、フランスでは夜が一番短い日、と言うらしい。山下達郎談。帰宅してから知ったが、今日のコースが混んでいたのは所々で日食にまつわるイベントが開催されていたからとか。残念ながら今日、日食は東京は曇っていて見えなかった。

 夜は父の日ということでマグロの刺身にしてくれた。ただ痛風の事もあるので酒抜きで。しかし、久しぶりで美味しかった。

 大河ドラマは先週に続きお休みで、過去の名作の名場面集。今週は73年の「国盗り物語」。

 チャンネルをいじっていたら坂元裕二脚本のドラマ「スィッチ」をやっていて見る。阿部サダヲ×松たか子。松たか子っていつからこのような怪優になったのか。面白かった。

 11時半就寝。

|

遠くにいるけど、忘れません。

 天気快晴。湿度もなく久しぶりに爽やかな一日。ただ最近、寒暖の差があるせいで体がついて行こうと疲れていたのか、秋口のように一日中やたらと眠かった。

 朝、自分の朝食を作るついでに息子の弁当をつくる。いつも自分で作って勝手に出かけているが、最近、疲れ気味のようなので今日はサービス。といっても冷蔵庫に或るものを色々引っ張り出して詰めただけだが。

 午前中は韓国語教室の宿題をやる。現場が始まると毎日やることや考えることがいっぱいあって、家に帰ると解放感だけになって何もしたくなくなる。なのでこのところおろそかになっていた。始めるとやはり面白くてすぐに時間が経つ。

 昼は餃子。自分が宿題をやっている間、妻が買い物に行って近くのスーパーで買ってきたもの。一日の内、ごはん(米)は昼だけにしているが、餃子ならごはんはいいやと一瞬、思う。が、やはり食べる。久々に納豆も。

 娘が髪を切りに行くというので、妻に「あなたも切りに行けば?」と言うと、先日、切ったばかりとか。失敗。「角刈り」という言葉から何故かアニーレノックスの話になり娘と爆笑する。

 昼食後、外はきれいな青空で、窓を少し開けると涼しくて気持ちが良く、やはり眠くなり寝てしまう。

 午後3時からオンラインで韓国語。自分が考えた "遠くにいるけど、忘れません(멀리에 있지만, 잊지 않아요 =モルリエ イッチマン、イッチアナヨ)"という文章が意外にも褒められる。韓国語は「いる」も「忘れる」も「イッチ」という発音を含むので、詩でいう韻を踏んだような、ラップで言うライムのような形になっていた。意識して作文したわけではないが。

 授業後、あまり外に出ないのももったいないような天気なので立川に買い物に出かける。と言ってもその時間にはもう曇っていたが。書店、中古CD屋に行こうと思ったが、書店のみでCD屋は止める。

 夕食は豚キムチ。自分は肉は少しだけにしてサラダ、豆腐をメインに食べる。

 テレビ「世界ふしぎ発見」でホピ族、ナバホ族の土地の超絶風景を見て絶句。ナバホの居留区には30年前に行ったが、もちろんこんなところには行っていない(と言うか入れない)。The wave とBrain Rock。凄すぎて文章では描写できない。

 昼間、涼しくて気持ち良かったが、夜は寒くかんじるようになる。

 10時半頃就寝。

|

Joan Baez in concert Live in Japan 74

 一日中雨。朝、現場の見回りに行き、後は会社でずっと写真と図面の整理をする。

 四月に手に入れたジョーン・バエズの来日公演のブートレッグをDVDに焼くのを頼んでいたものが今日できてきた。家にVHSの再生機がまだあるのをいいことにビデオを買ったらいつの間にか機械が壊れていて見れなかったもの。

 時間がかかるかも、と言われても構わずに頼んでいたものだが、間に新型コロナウィルス禍があったせいでさらに延びて今日になった。

 見ると映像は1974年来日の時のもので当時テレビ放送されたものの録画。間に当時のテレビCMもあった。

 74年は昭和49年で自分は9歳。長嶋が引退した年で千葉の市川から福島のいわきに引っ越した年。当時のテレビCMを見ても記憶になく、古いCMという以外何も感慨はないが、時代の雰囲気だけは身に覚えがあるという感じで不思議な体験だった

Img_7400

 
 入っている曲は全部で14曲。ジョーン・バエズというと歌手であると同時に平和運動家、社会活動家として名高いだけにそうした映像を絡めた番組作りがされていてそれも興味深かった。

 中にギリシャの何かのデモ、運動の様子が映され、彼女がその非暴力な活動について語るシーンがあるが、いつの何の事だろうか?全然知らない。調べてみようと思う。

 曲については彼女の歌で有名なところはもちろんだが、ビートルズの「Let it be」もジョン・レノンの「Imagin」もその頃はまだ今ほどスタンダードナンバーという感じは無く、下に出る字幕もこなれていなくてかえって生々しい気がした。

 また多分、当時の最新ヒット曲のような感じだろうか、ジャニス・イアンの「ジェシー」を歌っていて、少し感傷的な映像が初見なのに不思議と懐かしかった。

 面白いのは「Going nowhere」の時の彼女のディランの物まね。バエズはディランの物まねが上手い。以前、ジョニ・ミッチェルがやる動画をを見たことがあるが、彼女も上手かった。まあ、そういうネタになりやすい歌い方ではあるが。

 そしてディランの「風に吹かれて」。サビを日本語に変えて歌っていてそれは"いいかい、坊や、お空を吹く、風が知っているだけだ"がその歌詞。へぇー。

 ジョーン・バエズはこの74年の来日以前に67年にも来日していて、その時のコンサートの模様はレコードにもなっているようだし、記事もネット上にあるが、74年の時のことを伝えるものはほとんどない。

 思いがけず高くついたし、映像も音声もあまり良いものではないが、貴重なものなのは間違いないと思うので大事にしようと思った。

 10時半就寝。

|

写真日和、発掘日和。

 朝はレタス、トマト、バナナ、それとコーヒー。

 今日は一日中曇っていて涼しかった。今日は現場の全景写真も含め撮影の仕事がメインだったので、影の付かない薄曇りの日は絶好の写真日和で発掘日和だ。朝の始業前にシートを剥いでしまってスムーズに事が進んだ。午前中に撮影終了。安堵する。

 昼、また例のスーパーに行って、例のおむすびを買おうとしていると従業員の女性が商品の補充にやって来て並べているので、「これ、なんで"偉大なおむすび"ってネーミングなんですか?」と聞いてみる。するとクレーマーか何かと思ったのか急にそわそわしだし困っている様子なので「変なこと聞いてごめんなさい。美味しいし、面白いネーミングだなぁ、と思ったものですから」とさらに言う。もう少しフランクな会話を期待したのだが、今はそうもいかないらしい。

 よって昼食は 偉大なおむすび、焼き鮭と焼きおむすび、それと二色サラダ(ポテトとマカロニ)。

 今日で撤収以外の全作業終了を目前というところで午後3時から雨。テントを張って切りのいいところまでと図面作業を進めたが無理は禁物と思い途中で断念する。明日は雨予報だが月曜日もう一日あるのでなんとか終われるはずだ。

 夕食はカジキの西京漬け焼き、かに玉、青菜のみそ汁、海藻サラダ、豆腐。

 昨日、お金が無く買いそびれた本を古書店に買いに行く。今日は休みで家にいた息子と。息子、探していた漫画「パイナップルアーミー」の持っていない巻を全部見つけて大人買い。後で借りて自分も読もう。

 帰宅して買ってきた本を数ページ眺めていると強烈な睡魔が襲ってきて、あわてて風呂に入り寝る。

 就寝10時半。

|

偉大な焼きおむすび(醤油)

 今日も暑かったが、昨日より湿度が低くやや過ごしやすかった。

 昨日、真っ黒に日焼けした腕を娘に見せたら「今はそういうのは健康的とは言わない」と言われる。自分らが子供の時は夏にいっぱい日焼けしておかないと冬に風邪を引きやすくなるとか言われていた。夏休みに入る前の先生の挨拶も「新学期、真っ黒になったみんなに会えるのを楽しみにしてます。」のような挨拶がスタンダードだったから、紫外線が体に悪いと分かった今もあまり気にしていなようなところが自分にはある。

 娘の世代はもう日焼け=体に悪い、というのが当たり前に教育されている(またそれが事実な)ので、健康的なイメージは全然無いようだ。批判を素直に受け入れ、極力長袖にしようと思った。

 昼、昨日に続き、またいなげやの「偉大なおむすび」。焼き鮭と、偉大な焼きおむすび(醤油)。焼きむすびはもちろん具は何も入っていないが、醤油の付け加減、焼き加減が絶妙で美味かった。この現場にいる間、食べていそう。

 仕事は楽勝ムードだったが、一仕事増えてまた工期が心配。大丈夫だとは思うが。

 夜はプルコギ、豆腐、ニラと卵のみそ汁。久しぶりに肉を食べる。美味しいが無くても良い感じになってきた。

 食後、妻娘とスーパーに買い物に出かける。昨日、現場でカットスイカを食べたら美味しくて、今日は何分の1かに切ったスイカを2個買う。それを半分にして家族四人分という計算。

 その後は娘と二人で近くの大型古書店へ。だが数冊選びレジでお金を払おうとした時、なんと財布に金が無いことに気付く。娘に聞くと娘も。がーん。で、あえなく退散。ま、読んでない本、家にまだあるし。

 買おうとした一冊は「最強の食事」というやつ。丸ごと全部実行しようとはつゆ思わないが、最新の栄養学の理屈はちょっと興味がある。今度、必ず買おう。

 ニュースで北朝鮮が韓国との共同の施設を爆破した事件の詳細を見る。どうなることやら。疲れているので今日も早めに寝る。10時頃就寝。

|

偉大なおむすび

 今日も暑かった。もう現場でマスクはしていられない。昨日は新型コロナウィルスの感染者より熱中症の被害の数の方が多かったとかの話。自分も熱中症は30年この仕事をしていて、去年、初めてなった。用心すべし。

 朝、現場で塩飴を貰った時「塩はナメクジもやっつけますしね。」とある人の口調で言ったら異様にウケる。

 昼休み、銀行にお金を振り込まなければならない用事があり、折り畳みの自転車で分倍河原から府中駅前まで行ったが意外に遠かった。しかも目当ての銀行は元の場所から移転してしていて、探したりしていたら時間が経ってしまった。

 急いで現場に戻り、途中、昼食はもう簡単でいいと思い、いつものスーパーに入っておにぎりを2個買い良く見ると「偉大なおむすび」という商品名。鮭とたぬき、とある。食べるとコンビニのおにぎりより手作り感が強くて、具が大きい。種類もいっぱいあるようだったので明日も買ってみようかとおもった。http://jpmpmpw.hatenablog.com/entry/2017/03/02/001142

 仕事は予定通り。午後休憩時に皆でカットスイカを食べる。今年初。美味かった。

 帰宅後、シャワーを浴び夕食の席に着くと、なんだか家族が険悪な雰囲気。何かでもめた様子。皆、腹が減っていて気が立っている時、我が家で起きがちな現象。なので久しぶりにボス猿度を発揮し一喝。その後、皆、満腹になるといきなり和やかな雰囲気に。分かりやすいというか、われら動物家族。

 疲れているので早めに寝る。10時頃就寝。

|

ほおずき

 一日中暑かった。予報だと33℃とか言っていたが現場はもっと暑かっただろう。

 朝、トマト、バナナ、コーヒー。この週末はずっと雨が降っていて、心配で何度か見回りして大丈夫と知ってはいたものの、朝、現場に着いた時はやはりシートを剥ぐまで心配だった。

 現場作業は全景写真を2度撮らなければならない状況。二度手間で狭いとは言え、人数が少ないのでなかなか大変な作業だった。しかもこの暑さ。作業員の二人に感謝。

 昼はまたスーパーの助六寿司とポテトサラダ。例によって保冷の水筒に氷入りのレモン水を用意したがすぐになくなる。

 昼休み、現場の一角にほうずきが群生しているのを作業員の一人に教えられる。良く見ると小さな袋が三つなっていた。鉢に移して持って帰りたい衝動に駆られるが育てるの難しいのだろうか。調べてみよう。

 帰宅途中、よっぽどビールか缶酎ハイでも買って行こうかと思うが止める。やっと痛風が治まったばかり。この夏は禁酒と決める。

 帰宅して風呂場に直行。すぐシャワー。生き返る。

 夜は冷やし中華。夜は炭水化物は取らないと思っていたが、夏バテも怖いのでこちらはしっかり食べる。美味。

 疲れたのと腰が痛いのとで横になっていたら、すぐに眠たくなってしまってそのまま寝てしまおうかと思ったが、あまりに早い時間過ぎると思い、なんとか起きる。結局、10時半頃就寝。

|

今日も一日中雨

 今日も一日中雨。朝食はレタス、トマト、キュウリ、魚肉ソーセージのサラダ。それとコーヒー。

 昨日と同様、府中の現場に見回りに行く。

 現場はブルーシートがかけてあるが新しいシートはまだ完全に防水が出来、古いシートは浸透してしまう。現場には10×10mのやや古いシートが全体にかけてあり、補足的に7×5mのシートが折りたたんでかけたる。昨日からあんなに降っているのに新しいシートの部分に少し水が溜まっているだけで、全体に水没しているようなことはなかった。よっぽど古いシートの浸透具合と土そのものの水はけの良さが合っていたのだろうか。明日の作業に面倒はなさそうで良かった。

 帰宅途中の小川洋子のラジオで今日紹介されていた本はガース・ウィリアムスの「しというさぎとくろいうさぎ」。世界中で結婚の贈り物などにされる有名な絵本だと言うが知らなかった。そして番組はこの本が50'Sのアメリカで週によっては図書館に置くのが禁じられたという逸話を紹介していた。https://www.tfm.co.jp/ml/today/index.html

http://radiko.jp/#!/ts/FMT/20200614100000

 帰宅すると11時近くで、今から買い物に出かけると昼を何処かで食べるという事になるが、もう少し待って、昼食を取ってから出かけようという事になる。ということで昼はチャーハン。久しぶりに食べた気がする。美味。

 買い物中は妻が店内で、自分は車でずっと読書。

 帰宅後、寝室の電気がちかちか切れかかっているのを取り替える。そんなに広い家でもないのに天井だけは高くて、作業はいつも一苦労する。取り替えついでに電気の傘もきれいにする。よけい明るくなった気がする。その後、昼寝。今日も奇妙な夢を見る。

 夜はメカジキのつけ焼きと豆腐、青菜のみそ汁。

 大河ドラマは新型コロナウイルスの影響で休止。代わりに過去の大河ドラマの名場面集のような番組で今週は「独眼竜正宗」とか。見ずに本を読む。

 その後、ケーブルTVでオアシスのライブをやっていて妻が見ていたがオアシスって自分は全く興味なし。歯磨いて寝よ。現在9時52分。

 

|

一日中雨。

 一日中、雨が降っていた。朝、かなり激しく降る時間もあって現場を見に行く。府中まで。だが水もあまり溜まっていず、壁の崩落なども無し。だがその時点での今のところ、という感じ。断続的に強く降ったり時に止んだりなので何度か見に来る必要がありそう。予報では明日も雨マーク。

 帰宅して、妻と買い物に出かける。豊田のイオンまで。自分は2階の書店にいる。ただ今は新型コロナウィルス感染予防のため、立ち読みはだめとかでちょっと手に取るくらい。

 いつも古書店にばかり行っていて新刊のある普通の書店が新鮮に感じいろいろと目移りする。先日、ドラマ化されていて見た『路(ルウ)』は期待外れだったが、原作を覗くと予想通りこちらはもう少し重厚な人間ドラマのようで買うかどうか迷う(結局買わず)。 

 帰宅後、昼食はカレー。昨夜はごはんなしのカレーだったがこれは普通のライスカレーで。お米は昼だけ。

 午後、暇なのでCDを探しにドライブ。空振り。

 帰宅して昼寝。なんだか奇妙で哀しい夢を見た。起きて勝手に喪失感にとらわれていて苦笑す。何であんな夢みたのだろうか?

 夕方、また雨が強くなる。家の近くで畑をつぶして建売住宅を建てている場所があって、そこの職人の兄ちゃんたちの喋る声がうるさい。あたりかまわずけたたましい笑い声。うちより近い家はもっと迷惑だろう。楽しく仕事し過ぎ。雨の中、大変だと思うが。

 夕食は家族は白菜と豚肉のあんかけ風炒め。自分は冷麺。

 夜、NHKスペシャル「混迷のアメリカで何が~デモに参加する人たちの思い」を家族で見る。黒人差別反対の動きから見る世界。中である政治学者曰く、今2020年は、1945年(終戦)、1989年(冷戦終結)以来の人類史的な歴史の転換点なのだとか。見終わって、息子、娘らと話す。

 昼寝したからか、あまり眠くならず。12頃就寝。

|

Murder of One

 天気予報では昨日と同じような予報。ただ昨日ほど風が無い。浅い古代の溝を掘り上げるだけの現場と思っていたところ、掘っ立て柱建物跡と重複しているのが分かって少し工期が心配になってきた。朝から気が急く。

 朝、バナナ、トマト、コーヒー。

 現場はこれも昨日と同じで、水が溜まっているものと思っていたが、大したことが無くて助かる。昨日、午前中で終わったので、午後、今後の作業の工程表を頭の中でざっくり作り、それにそって作業を進める。天気は予想していたよりすっかりと晴れて暑くなる。夏の日差し。やや大きめの保冷の水筒にたっぷりレモン水を持ってきたがすぐになくなる。

 作業中に一匹のトカゲを見つけ写真に撮る。現場初日の重機掘削の時もいて、踏みつぶされたら可哀そうだと思い逃がしてやった。そいつかな。

Img_7383


 昼はまたスーパーいなげやの五目ずしセットと根菜のサラダ。

 午前中で中止を覚悟していたが、結局、一日中仕事ができて良かった。脳内ノルマまも達成。

 帰宅後は例により、風呂場直行でシャワー。鏡を見ると日に焼けて真っ赤な顔をしている。二の腕も痛し。

 夜はカレー。見るテレビもなくてまたYouTubeを見てしまう。

ここのところ、90年代から00年代のアメリカのバンドばかり見ている。デイブ・マシューズバンド、ストリング・チーズ・インシデント、フィッシュなど。シンガーソングライターではベン・ハーパー。で今日はカウンティング・クロウズ。

 昔、お金が無く、今のようにネットもまだ発達していなかった頃は、CDなんか買えず(YouTubeとかももちろん見れず)、毎週土曜日夜の佐野元春の「Radio Fhish」をカセットテープにダビングし一週間そればかり聞いていた。

 上の挙げたバンドはその頃、佐野さんがプッシュしてかけていたものばかりで懐かしい。当時、番組で佐野さんは選曲によりイラク戦争反対を訴えていた。

 カウンティング・クロウズの「Murder of One」(一つの殺人)も確かその一曲。https://www.youtube.com/watch?v=app2QCas6Os

 夜になり豪雨になる。現場が心配。だが疲れて10時半頃就寝。

|

Waste (150)

 昨日の予報と夜の感じからすると、朝は雨の音で目覚めるはずだったのに、音は聞こえず、それどころか少し晴れ間も見えたりして拍子抜けする。ただ6月だと言うのに春先のような風の音。作業員に中止やら待機やらの電話をかけるつもりでいたのに時間に余裕ができる。

 レタス、トマト、キュウリ、魚肉ソーセージのサラダとAP-18。昨日に続き水筒にレモン水を作る。

 昨日の夜、雨が降っていたので水抜き作業用に柄杓やバケツ等の道具を持って行くが、現場に全然、水は溜まっていなかった。日野では降ったが府中は降らなかったのだろうか?などなど考えていると突然、やや強めの雨が降り出す。今日は降ったり止んだりなのだろう。通常通り作業を始める。

 簡単に終われると思っていた現場だったが、少し複雑なことになっているのが分かり気が引き締まる。

 昼食はスーパーの寿司セットとごぼうのサラダ。車の中で食べていると雨が段々本格的なってきて、1時で今日は中止にしようと連絡が入り、解散。どうせなら朝から降っていてくれれば良かったものを。

 午後は会社に戻り、写真の整理等。

 帰宅後、昨日までは真っすぐ風呂場直行でシャワーだったが、今日は肌寒くそうもいかず、いつもの手洗いうがい。夕食はアジの干物、豆腐、青菜のみそ汁、もやしのサラダ。減量は続く。

 夜、YouTubeでデイブ・マシューとトレイ・アナスタシオのデュエットによる「Waste」を見る(聞く)。Phishの名曲。美しい。

 https://www.youtube.com/watch?v=x88syANlUec

 歌詞対訳はこちら。

http://phishlyric.blogspot.com/2012/04/waste.html

 これから風呂に入って、本を読んで寝るって、まだ9時か。

|

SCIの「Crisis」

 今日も天気快晴。昨日、ペットボトルの水やお茶を買ってばかりいたので、今日は保冷の水筒にレモン水を作って持って行く。一年は早い。もうこの季節になった。

 連休中、意識してウォーキングをしていたが体重を維持するどころか太ってしまった。現場が始まると普通に日常を過ごしているだけですぐに痩せられる。昨日、体重計に乗ったら驚いた。このまま行けたら良いのだが。

 朝、サラダとコーヒー。

 仕事は測量屋が来て基準杭の設定をする傍らで確認全景の写真撮影。

 昼、筍のおこわ弁当とポテトサラダ。現場は休憩用のハウスは無く、キャンプやアウトドアの遊びの時などに使うテントがあるだけだが、日影があるのはありがたい。これで周囲が住宅地でなければ、などと思う。

 午後から風が出てきてシート養生が心もとなく感じ、皆に言って土嚢を多めに作る。予報だと明日から雨。ゲリラ豪雨のようになるのも心配。残土山に土嚢付きのロープをかける。

 帰宅後、すぐシャワーを浴びて夕食。ネットでアメリカのジャムバンド・ストリングス・チーズ・インシデントが医療従事者にリスペクトを伝えるためボブマーリーの「Crisis」オンラインでカバーしたとの動画を見る。カッコイイ。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=19&v=YxDJ2HRVm0A&feature=emb_logo

 夜、少しして雨音がする。やや強くて現場が心配。テレビは三宅裕司の「ふるさと探訪」今日は広島・福山。

 夜、11時半頃就寝。

 

|

Mercy

 天気快晴。30度を超える夏日。朝食はトマト、低脂肪乳。

 今日から久々の現場。SNSにデイブ・マシューズバンドの「Mercy」をアップする。良いエネルギーで仕事をしたいと思って。

 現場は京王線分倍河原駅から徒歩10分くらいの場所。3年前くらいにこの至近でやったことがあり、周囲の状況は分かっているのでディジャブ感強し。作業員、調査員、他社の関係者ともに皆、互いを懐かしいと言い合っているが、自分は全くそういう気持ちがしない。時間の感覚が人と違うのか?

 昼、旧甲州街道沿いのいなげやまで行き、鳥五目おこわの弁当とポテトサラダを買う。朝、自販機で水を買うがすぐになくなり、昼は麦茶を買う。毎日、これで行くと水分補給だけで随分と散財してしまうので明日から水筒を準備しようと思った。

 帰宅後、真っすぐ風呂。この季節は帰宅してシャワーを浴びて、夜、風呂に浸かるというのが常だか、またこの季節が来たのかと思う。だから夕食時は風が気持ち良くて気分が良い。体重計に乗るとコロナ自粛~ゴールデンウィークの頃から比べ7Kg落ちた。夕食は豆腐と肉じゃがの肉なし。

 夕方、気分が良いついでに散歩がてら買いもに行くがマスクをし忘れて、他の客が視線が痛い。こういう同調圧力って日本人はすごい。

 夜、テレビはBSでサンチャゴ・デ・コンポステーラの巡礼を見る。その後、アナザーストーリーで前にも見た「映画ロッキー誕生」の再放送をまた見る。また風呂に入り、11時就寝。

|

折り畳みの自転車

 朝から湿度が高い感じ。朝食はまたサラダとコーヒーのみ。

 仕事は先週末に引き続き、明日から始まる現場の準備。人、物の手配の難しさを知る。今度の現場は周りに店らしい店が無く、ちょっとした買い物等に行くにもかなり歩かねばならないので、家にある折り畳みの自転車を持って行くことにする。

 ホームセンターに行って、水のタンクを買う。このホームセンターには印鑑の自動販売機があって自分でデザインした印鑑が彫れる。以前、重慶に行った際、そこで知り合った娘の友人数名にここでそれぞれの印鑑を作って贈ったことがあった。今度、時間があるとき自分のも作ろうかと考える。

 昼はコンビニのおにぎりとコールスロー、ウーロン茶。痛風治療を兼ねてダイエットしているが、食べるものが段々、ワンパターンになってきた。

 人、物ともに夕方近くになって手配が付く。一安心。感謝。

 夜、冷やし中華。必要なものがあって食後買い物に出かけるが、結局、無く、ただの長めのドライブになった。BGMはGLIMSPANKYの3rd。

 テレビは見るものが何もなく、ブラジルかどこかの珍しいサルの生態がずっと映っていた。ワイルドライフ?かな。

 夜遅く、息子、したたか酔って帰宅。

 11時半頃、就寝。

|

映画「飢餓海峡」を見た

 天気曇りのち晴れ。蒸し暑い一日。今日も一日中家にいた。日曜の朝から午前中はいつも決まって見るテレビや聞くラジオの番組があるが、今日はどれも見ず、どれも聞かなかった。妻は一人で買い物へ。その間、娘と台湾のバンド五月天について話す。

 昼は冷麺を作って食べる。

 午後、録画してあった見ていなかった映画『飢餓海峡』(1965 内田吐夢監督)を見る。3時間以上ある映画だが、昔の日本映画の凄さを思い知る。1時ごろから見始め、終わったのは4時過ぎ。ズシリと重いものが残った。

 夜は豆腐麺の蕎麦とサラダ、青菜のみそ汁。大河ドラマ「麒麟が来る」はBSで6時から見る。桶狭間。コロナの影響で来週からしばらく休止とか。

 映画「飢餓海峡」を見たせいで、三國連太郎の自伝があたことを思い出し探して読む。11時半就寝。

|

Birds of Chicagoの「カラー・オブ・ラブ」

 天気曇り。大気の状態が不安定で夜に雨、雷の予報。朝、早く起きすぎたが二度寝も面倒と思いずうと起きていたらやはり一日中眠く、また季節の変わり目だからなのかずっと怠かった。

 朝食は例によりまたサラダとコーヒー。ただゆで卵が食べたくなり作る。あとで剥きやすいようにと殻に小さな穴を空けるのを常としているが、一つ失敗する。穴が大きくなりすぎてしまった。二つ作って一つは昼か夜に冷麺にでも使おうと考える。

 SNSにBirds of Chicagoのアリソン・ラッセルがバンジョーで歌うのをがアップされていて見る。曲は『カラー・オブ・ラブ』の後半の歌詞を今回の黒人差別撤廃の動きに賛同し変えたもの。Birds of Chicagoは黒人と白人の夫婦からなるユニットで、上の曲が収められているアルバム『Love in Wartime』の、二人が手をつなぐジャケット写真が希望を象徴しているように見えた。Facebookにアップする。

http://www.birdsofchicago.com/

 午後、オンラインで韓国語教室。段々、このスタイルにも慣れてきたが教える先生の方は葛藤があるようで、授業が始まる前、教授方がいろいろ変わって、どうするべきかなど話す。

 夕方、来週から始まる現場にどうかと電話していて繋がらなかった人から連絡がある。高齢なので通勤時のコロナ感染が心配だとのこと。そりゃそうだろうな。その後、しばらく世間話。久しぶりに声が聴けて嬉しかった。

 夜、家族のメニューとは別に自分だけ冷麺を作ろうと思っていたが、昼に家族が食べたスパゲッティナポリタンの残りがまだ多くあるのを見つけ、それで済ませる。それとサラダ。今日は何処にも出かけなかったのでこれでは少し食べすぎか。

 外は朝の予報どうり、強い雨と雷。凄く明るくなる瞬間はあるものの雷鳴はそれほどでもなかった。

 SNSの「七日間ブックカバーチャレンジ」の最終日はジェフリー・ティーヴァーの「ボーンコレクター」にする。テレビはどれもつまらなく、娘が昔のドラマ「野ブタをプロデュース」の再放送を見ていて自分もちょっと見る。どういう話の流れからか娘とウクレレを買おうという話になる。

 結局、一日中、頭の中で『カラー・オブ・ラブ』が鳴っていた。

 11時就寝。

|

小平へ、その後、府中。

 朝、豆腐、レタス、トマトのサラダ。それとコーヒー。

 ニュースは緊急事態解除後の新型コロナウィルスの感染拡大のを伝えるものと、アメリカの黒人差別に抗議するデモの様子。ベン・ハーパーの曲『How many miles must we murch』を思い出す。

 出社後、少しして、来週から始まる現場で使う測量機器を借りに小平に行く。この機にメンテナンスが必要な社内の機器数台も見てもらうと持って行く。甲州街道から東八道路で小平へ。午後からは府中。再度現場の下見に行き、その後、打ち合わせ。フィルムカメラを借りる。

 夕方、都心の現場に行っているYさんが会社に来て、久々に会う。都心の現場の様子を聞く。四月まで自分も通っていた築地の現場の様子その他。家庭菜園で余った?キュウリの苗を2本持ってくる。キュウリは昔、庭付きの家を借りていたころやってみたがウドンコ病になってしまい難しい印象があるとYさんに言うと、そんなに苦労したことはなく、毎年、一杯取れるとのこと。土が悪かったのだろうか。あの時。

 帰宅してすぐ、北朝鮮拉致被害者、横田めぐみさんのお父さんが亡くなったとのニュースを見る。起きた出来事のいたましさとその年月の長さを思って絶句する。合掌。

 夜は焼きそば。ダイエット中で炭水化物の塊のようなものはいけないと思い、自分は少しだけ。主には豆腐麺のそばと野菜。なんだかそれも慣れてきた。

 SNSへの「七日間ブックカバーチャレンジ」6日目は茨城のり子著「ハングルへの旅」。詩人は50才で韓国語を学び始め、10年勉強し、60才でこの本を書いた。始めた年が自分と同じ。

 また本書冒頭に何故ハングルを学ぶのかを問われ、詩人は箇条書きに色々述べた後、最近は「お隣の国だから」の一言で済ますようにしているとある。金言。自分も真似たいところだがいつも色々と説明してしまう。

 テレビは毎日見ていたドラマが終わってしまい、つまらないと思いつつチャンネルと回していると「ぴったんこカンカン」で大泉洋と香川照之の出演回数対決のような企画をやっていて二人の芸達者ぶりについ見てしまう。

 ごろっと横になっていたら、そのまま寝入ってしまいそうになって慌てて起きて風呂に入る。今日は暑かった。

 11時就寝。 

|

「ハッピーマン」のコーラス

  朝、体重計に乗るとゴールデンウィークから比べると4kg痩せていた。でも適正体重にはまだという感じ。もっとがんばろっと。朝、またサラダとコーヒー。

 仕事は来週から始まる現場の準備。資材を買いに行ったり、道具を研いだり。

 夕方、帰宅時、会社の駐車場を出てすぐ、知人に遭遇。毎年、この梅雨の時に体調に苦しむ人で、今が丁度その時なので少し心配していた所。元気そうでよかった。

 帰宅して、「今日の晩飯何?」と聞くと「みんなは豚肉の冷しゃぶで、あなたはその肉抜き」という妻の返答で、そばで聞いていた娘に笑われる。別にいじわるされているわけでも漫才をしているわけでもない。食事制限なのだよ。

 昨日、毎日見ていたドラマ「ブラックドッグ」が終わってしまってなんとなく暇。

 夜、駐車場に車を戻そうなどと思っていると、急に足をつる。今回、痛風の痛みが出た右足で、今でもちょっとかばって歩いている風なのでそれでだと思う。結局、息子が車を戻してくれるということになるが、なんだかそのままドライブへ。息子は最近、初期の佐野元春に興味があるようで、何枚かCDを持って行く。

 アルバム『SOMEDAY』の中の「ハッピーマン」と「ロックンロールナイト」のコーラスが故下村さんだと教えてやると凄く驚いていていた。特に「ハッピーマン」。曲の途中で数名が「わー!」と騒ぐところがあるが、あれが下村さん。思えばなんとぴったりな人選であったろうか。佐野元春、良く分かっている(た)。

 帰宅してSNSで「七日間ブックカバーチャレンジ」を今日はまだ何もアップしていないことを思い出す。五日目の今日は快楽亭ブラックの「歌舞伎はこう見ろ!」にする。

11時就寝。

|

蒸し暑い一日

 朝、3時半ごろ目が覚めてしまい、また寝る。二度寝。朝食はバナナと低脂肪乳のみ。その後、ドリップコーヒー。

 ニュースでアメリカの黒人差別撤廃デモが全米各地に広がっているニュース。

 朝ドラにまた志村けんが出ていて、また、まだ生きているように錯覚する。6月の今の放送分をあの時以前に撮っていたのかと考えると、いったん中断してしまうとドラマの収録って追いつくのが大変だろうなと思う。朝ドラ、大河ドラマなどを思う。

 今日は来週から現場が始まるので、その打ち合わせに府中に行く。コンビニの駐車場で昼食。とり五目おにぎりとポテトサラダとほうじ茶。

 相変わらずの人手不足で他の現場の責任者たちに電話で様子を聞くがどこも大変そうでどうしてもあと一人が見つからず。どうしようか。

 プロ野球の遅い開幕がやっと決まったと思ったら、巨人の選手二人が新型コロナウィルスに感染していることが発覚しどうなるかと思ったが、予定通り開幕とか。過去のゲーム再放送に飽きていたところなのでどのような形でも再開してほしい。

 夜、豆腐、ブリの西京味噌漬け、青菜のみそ汁。それとヨーグルトPA-3とバナナ。

 夜、韓流ドラマ『ブラックドック』最終回。良いドラマだった。明日から楽しみが一つ減る。

 『七日間ブックカバーチャレンジ』四日目は太宰治の『惜別』。戦時中、国威発揚のための国策小説を書けと国に要請され、太宰が書いたのは若き日の魯迅と東北・仙台の若者たちの友情を描いた青春小説。賛否があるらしいが自分は好き。太宰、なんという反逆児ぶり。

 いい加減完治したと思ったら、親指の付け根がまた腫れてきうんざりする。今回は長いなあ。喘息の薬の副作用なのか?と素人考えをする。それを吸引すると痛風発作が起き、痛み止めのロキソニンを飲むと喘息発作が起きる・・・・なんてことになっていやしないかと思い、どちらの薬も止めることにする。

 昼間、暑かった、が夜も少し蒸し暑い。現在21時54分。風呂入って、早く寝よ。

|

アスピリン喘息?

 今朝も薄曇りで肌寒かった。テレビでコロナ太りが問題になっているとのニュース。この言葉も初めは照れ隠しを含んだユーモラスなニュアンスがあったが、今はシリアスなものになりつつある。かくいう自分も自粛生活の運動量の低下と自粛めしのカロリーオバーが重なって痛風発作が起きたりの今がある。

 「七日間ブックカバーチャレンジ」三日目は田村隆一のエッセイ「自伝からはじまる70章~人生で大切なことはすべて酒場から学んだ」にした。

https://bookmeter.com/books/476479

 昼休み、家にあるロキソニンがきれているのを思い出しドラッグストアーで購入。またいつ何時使う事になるか分からないから。で、何気に箱の裏の説明書きを読むと、喘息の人は飲まないよう。。。のようなことが書いてある。社に戻り詳しく調べようとネットを見ていて、あ!と声を上げた。

 見るとロキソニンには喘息の症状を誘発させる副作用がある、とあって、やっと謎が解けた気持ち。痛風発作の痛みに耐えかねて、しばらくロキソニンを飲んでいた(病院からも処方されていた)。正式には「アスピリン喘息」という名称。知らずに負のスパイラルにはまり込んでいたのか。喘息の薬どうしてくれよう。。。。と言いつつまた少し足が腫れてきた。。。。。

 夕方、今度始まる現場にどうかと、I君に電話で聞くともう農業のバイトを始めてしまった、とかで断られる。残念。UさんはOK。

 夜、パプリカと豚の炒め物だが自分は肉抜き。サラダと豆腐麺の蕎麦とみそ汁。それとバナナ。本気でダイエットしないと、と言うと「結果にコミットしろ」と娘。

 ドラマ「ブラックドック」第15話を見る。いよいよ明日最終回。

 夜、小池都知事、新型コロナウィルスの感染者増加から東京アラート発令。って、東京アラートって何だ?

 もう寝る。現在22時23分。本を読んで、多分、就寝は11頃。

|

梅雨寒

 朝、霧雨のような天気。梅雨寒。梅雨らしい梅雨なのはやはりコロナ自粛で自然の何かが回復したからなのか。今日から六月。今年の夏がかつての夏のようであることを今から期待する。

 朝、レタス 豆腐、魚肉ソーセージ、トマトを切って、ちぎってのサラダ。昨日、ドリップ式のコーヒーを買ってきて今日はそれ。やはり香りが良い。

 テレビではアメリカの暴動が各地に飛び火しているとのニュース。夜間外出禁止はキング牧師が暗殺された1968年以来とか。一方、香港のデモ。現在二つの超大国がそれぞれに内戦を抱えるような様相でどうなることやら。暗澹たる気持ち。

 「七日間ブックチャレンジ」の二日目は『シービスケット~あるアメリカ競走馬の伝説』にした。ローラ・ヒレンブラント著でノンフィクション。https://bookmeter.com/books/403163 https://bookmeter.com/books/403163

 仕事はそろそろ現場にという話があり、明日からと心積もりしていると、いやそちらではなくこちらに、のような話で来週からということになる。

 夕方、先週、喘息では?と診断された病院へ。もう症状はなく全く問題ないという風に話すが、一応、アレルギーの有無を調べるとかで採血。また例の吸引式の薬を出される。次は2週間後とか。結構な治療費になるので次はどうするか考える。

 帰宅すると例の10万円給付の用紙が届いたので免許証か保険証のコピーを、と妻。明日、会社でと話すが、夕食を食べ、ドラマ「ブラックドック」の録画を見たらなんだか手持無沙汰になって、散歩がてら近くのコンビニまで二人で散歩。

 帰宅したらすぐ息子が帰ってきて、コロナ危機で特別許されていたマイカー通勤がそろそろまた禁止になるとか。

 夜、11頃就寝。

|

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »