« 台湾ドラマ「悪との距離」を見始める | トップページ | 腰痛で一日寝る (180) »

いつまで続くか分からない

 朝、起きてテレビをつけるとNHKEテレで韓国語。今年の生徒は満島弟。まだ初歩だがさすが役者だけあって、ただ復唱するのではなくセリフ風。上手い。

 天気予報ではこの梅雨前線の影響による雨がいつまで続くかの心配。コロナ禍もそうだが「いつまで続くか分からない」というのが何につけ今年全般を支配している気分だと思う。ホント、いつまで続くか。

 朝、レタスとシーチキンのサラダ。それとコーヒー。

 現場は少雨決行だったが始業から11時まで途切れなく雨で、待機場所も車や簡易のパラソルしかなく前半は皆意気消沈した雰囲気。だがその後、雨が止んだ途端、意外にも薄日が差してくる時間もあったりで、さっきまでが嘘のように仕事がはかどった。遺物の取り上げと大きな溝の断面の分層、またその写真撮影。まだ半分だが掘りあがった様子はなかなか迫力があって関係者が複数見に来て驚いていた。

 昼はガストのランチメニュー。エッグハンバーグランチ。久しぶりに入ったが、コロナの影響で店に入るとまず手の消毒を促され、注文はタッチパネル式。ウエイトレスさんは全員マスクで近寄るのを避けるような感じで、食後、支払いも現金の場合はトレイに置いてお釣りもトレイに。安心だし、もちろんこれでお良いのだが、何故か興ざめな気分もあり。来週から弁当にするか。

 夜は 鳥骨付き肉の煮物と味噌汁、豆腐、キムチ、また昨日の残りの焼き鮭。

 「悪との距離」第2話。

 その後、日ハムVSオリックス戦を見る。今日から観客を入れての試合が再開される。日ハムファンの息子がそのプレーに一喜一憂していたが、ちょっと席を外した瞬間、オリックスの新外国人にライナー気味のスリーランを打たれさよなら負け。残念。

 今週は良く掘った。体のあちこちが痛くてへとへと。だが充実感はたっぷり。9時半就寝。

|

« 台湾ドラマ「悪との距離」を見始める | トップページ | 腰痛で一日寝る (180) »

片吟日記(201)」カテゴリの記事