« 詩先(しせん)でコラボ | トップページ | 4連休終わり。 »

CD『日常茶飯事』、届く。

 朝からまた強い雨。結局、一日中降っていておまけに湿度が高く(時折肌寒く)、過ごし方が難しい一日だった。今日も早朝より息子出勤、つられて起きてまた暇を持て余しNetflixでドラマ。朝食はテーブルにあるドーナッツとコーヒーのみ。

 午前中、買い出しに出かける。帰宅して昼食はチャーハン。自分だけ冷麺にしよと思いそれ用の食材を買ったりゆで卵を作ったりしたが、妻が作ったチャーハンを見ると美味しそうで、これでいいと予定変更。キムチチャーハン。美味しかった。

 午後もすっかり雨降りで、仕方なく朝見たドラマの続きを見る。

 見終わってFacebookを見るとメッセンジャーに友人から動画が届いているので、何気にクリックするとアドレスとパスワードを入れろとの事。入れてすぐにスパムと分かり、すぐにパスワードを変更し、セキュリティを強化した。何故、入力する前に気が付かないのかと娘に叱られる。ほどなくタイムラインにアカウントの乗っ取りにあったとコメントがある。

 すぐに対応したので大丈夫かと思うが弟に電話して自分発で変なものが届いてないか聞く。何もないとのこと。ついでに雑談。近況を聞く。

 夕方、コロナウィルスに感染し生還したニューヨークの日本人医師のインタヴューを報道特集で見る。決してただの風邪ではないと力説。自分も少しそう思い始めているところがあるので気を引き締める。

 夕食後、一日中家にいるのはさすがに気詰まりで、妻、娘とドライブに出かけようということになり、いざ出発という段になって、郵便受けに先日ヤフオクで落札したCDが届いていることを知らされる。早い。20年前の韓国のバンド、ローラーコースターの2ndアルバム『日常茶飯事』。



 せっかくだからドライブのBGMに聞いていくと妻、娘ともに想像していたの違ってカッコいいと喜色満面。どんなのだと思ってたの?↓は動画、アルバムオープニングナンバーの意訳。

 

君に送る歌


今朝 初めて目を開けた時
訳もなく涙が出た
あまりにも多かった二人の約束は
守ることはできないようで

ぼくが知っている話より
もっと悲しい話があって
もうずっ前から
君も知っているじゃない
“愛は終わった”

いつか どんな日であれ どこかで
この歌を聞くことがあったら
ぼくを思い出して ぼくが
君に送る歌

ぼくが知っている話より
もっと悲しい話があって
もうずっ前から
君も知っているじゃない
“愛は終わった”

いつか どんな日であれ どこかで
この歌を聞くことがあったら
ぼくを思い出して ぼくが
君に送る歌

君にだけはいつまでも
忘れられたくなくて
君さえいてくれれば
世界を全部
手に入れたと同じだったのに・・・

いつか どんな日であれ どこかで
この歌を聞くことがあったら
ぼくを思い出して ぼくが
君に送る歌

       意訳  Hiroshi Murata

 

 夜も雨。買ってきたアイスクリームを食べる。バニラチョコ。息子は今日も帰宅が遅そう。

 11時半頃就寝。

|

« 詩先(しせん)でコラボ | トップページ | 4連休終わり。 »

片吟日記(201)」カテゴリの記事