« 紙さん、いつもこんな痛い思いをしているのね。 | トップページ | 初ゴリララーメン »

ブリンカーと卵の薄皮

 本日、広島原爆の日から75年。朝8時15分に黙祷す。

 昨日に続き今日も暑い一日。つい先日まで梅雨が続き、今年は冷夏か?などと言っていたのが嘘のよう。現場じゃなくて良かった。昨日、頭にけがを負ったのでその傷も含めて恐る恐るの一日だったが、問題なし。迷惑かけた諸氏にそれぞれ恐縮する気持ち。大人しく過ごす。

 色々考えるに、人それぞれとは思うがマスクって競馬馬のブリンカーのような効果がないだろうか。気が散りがちの馬にブリンカー(覆面)をかぶせると集中力が増して速く走るようになるというあれ。

 自分もマスクをしていると物事に集中できるように感じるが、翻って周囲に広く注意がいかなくなるような気がしていた。運転中は極力外すようにしている。昨日のケガも普通なら絶対起きないようなことで、何かの結界を踏み越えたかのような、今も夢を見ていたような、狐につままれた気分。

 卵の殻の裏側にある薄皮を傷口に貼ると治りが早いと教えてもらう。プロレスラーや相撲取りは切り傷が出来た際、そうして治すらしい。ネットで調べると確かに色々と書いてある。今の傷にやるつもりはないが、今度、そう酷くない傷ができた時には試してみたい。

https://www.onedrop-cafe.com/eggshell-membrane-adhesive-plaster/

一日中、室内にいたが、それでも暑くて帰宅時にコンビニにノンアルコールビールを買おうと思って寄ったら、妻に遭遇した。ゴミ袋を買ったのだとか。

 夕食後、横になっていたら眠ってしまって、目を覚ますと結構な時間だった。テレビで「ダークサイド・ミステリー」が点いていて、フィリピンにおける山下財宝についてやっていた。面白く見た。

 11時就寝。 

|

« 紙さん、いつもこんな痛い思いをしているのね。 | トップページ | 初ゴリララーメン »

片吟日記(248)」カテゴリの記事