« 朝、スタージェンムーン(チョウザメ月) | トップページ | ブリンカーと卵の薄皮 »

紙さん、いつもこんな痛い思いをしているのね。

 本日、頭を三針縫うケガ。間抜け過ぎて詳しく書かないが、一言でいえば自爆。これから来週の仕事打ち合わせを、、、というところで、しかも依頼者の庭先でのことで情けない。

 初め、何が起きたか分からなくて、なんだかおでこの辺りがぬらぬらするなあ、と思ったら、地面にボッタっと血が一滴落ちて、それからあっという間に、ズボン、シャツ、顔、腕などが血だらけになった。自分の手のひらに自分の血が溜まるのを初めて経験した。

 初め、頭なので血がいっぱい出てビックリしたが、傷は大したことが無く、血は冷たいタオルで強めに抑えていたらすぐ止まった。しかし念のため病院へ。CTを撮り、後で傷が開いくとまた面倒なので縫おうとことになった。

 ただ縫うと言っても、傷の周りに何本か麻酔を打つのも痛いらしく、同じ痛いなら麻酔を打つよりホッチキスのようなもので止めた方が早い、と医者が言うのでそうすることに。ただし、はっきり言って、このホッチキスのようなもの、の方が、当のケガの傷を負った時より数倍痛かった。三か所。紙さん、いつもこんな痛いを思いしているのね。

 というわけで、午後は早退して家で寝る。全然、平気なのに。。。と思っていたが、やはり血が多く出たので少し貧血気味だったのか。しばらくぐっすり眠る。

 被っていた帽子、シャツ、ズボン、止血に使ったタオル数本、どれも血だらけだったが、今、妻が洗濯したらきれになって、部屋干しされているそれを見て少し安心する。

 それにしても、随分、皆に迷惑をかけた。大反省。

|

« 朝、スタージェンムーン(チョウザメ月) | トップページ | ブリンカーと卵の薄皮 »

片吟日記(248)」カテゴリの記事