« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

ゴールデンウィーク、谷間の初日

 朝、濃い霧雨。今日で4月が終わり明日から5月。

 3連休があり、間に3日挟んでまた4連休となるゴールデンウィークのその間の初日。この三日を有休を使って10連休とする人もいるのだろうが自分は出社する。そんなに休んでもかえって体調を崩しそう。案の定、鼻血が出たり体の節々が痛んだりしびれたりしていて、おまけに喉がやや痛くて咳が出る。熱は無し。

 朝一番で遺物と写真の納品に府中に行く。抱えている仕事がこれで完全になくなったと思って会社に戻ったら、今年度いっぱいという締め切りを言われている原稿を頼まれその準備をやる。全20現分。令和7年の3月まで、ということだから急いでやらんでも。。。と思ってしまう。

 帰宅して夕食は、サバ缶(水煮)、パーラーツァイで一度簡単に食べ、写経してその後ゆっくりほうれん草の胡麻和え、ナムル、うどん汁などを作り、うどんを食べた。

 NHKクローズアップ現代で"カスハラ"の問題を見る。カスハラとはカスタマーハラスメントの略。いわゆる客の苦情。しかし最近はそれが行き過ぎて、さまざまな事件が起きているとか。息子がサービス業に従事しているのでじっくりと見てしまった。

 その後、Netflixで『涙の女王』を見る。韓流ドラマの常として、前半は説明的で段々と面白くなるのだがこれは最初から面白い。

 咳、喉の痛みがひどくなってきたので早めに寝る。22時頃。

|

一日中、寝る

 朝は晴れ。風が強い。天気は下り坂との予報。

 朝方の夢に亡妻が出てきた。こうした時、自分は意識的にハグして実在を確かめようとするが、今回も手、腕、その他を入念に触れてみたがハッキリと実在感があった。"ちゃんといるよ"のように妻は笑っていた。あるグループ(団体?)は表向きああだが、本当はこうだ、自分はもうどこにでも行けて気づかれないようにいられるから知っているのだ。。。のようなことを話していたが、そのグループが何だかは分からなかった(分かっていたが起きて忘れてしまったのかも)。

 昨日、特に激しく動いたわけではないのになんだかすごく疲れていて一日中やたらと眠かった。ただ普段、息子にショートスリーパーか?と聞かれるほど、自分は睡眠時間が短い方(それで大丈夫な方)なので、その反動が来ているのか。体の要求に任せて今日は家にいて寝ることにした。

 午前中、それと昼過ぎ少しまで近くの小学校で合唱の練習をしていて、ごろごろしながらすっかり聞き惚れてしまった。天使の歌声。大会でも近いのか?そうと言わずこれからもずっとやっていて欲しい。

 一度、至近の図書館に行き宮内勝典氏の『永遠の道は曲がりくねる』を借りて来て、後は読んでは寝て、起きては読んでをして過ごす。考えようによっては一番贅沢な過ごし方かも。

 夕方、ポストを見ると先日、ネットで買い物した詩集がメール便で届いていた。中上哲夫氏の『川の名前 その他の詩編』。85歳のケルアック。何故、ビートニクスは川が好きなのか。トム・ソーヤとハックルベリーフィンの末裔たち。故下村誠もそうだった。そして詩集は持っているだけ良いと思ってしまうほどに美しい本だった。こいういうのを見るとデジタルというのが逆に貧相に思える。詩も素晴らしくて自身の晩年を意識された作品が多いようだ。文字通り『遺言』という詩もあってその遺言とは"大食いの子孫たちよ、川を真っすぐにするな"というもの。最高。

 前に中古屋で手に入れたビーチボーイズの『ペットサウンズ』を聞いていたら、最後まで聞くと何も操作していないのにカウント数は増えているのにまた1曲目が始まるので?と思ったら、モノラル録音の後、今度はブライアン自らがリマスターを施したステレオミックスが始まり、その二通りが収められている版だったことに気づく。『ペットサウンズ』はロックのみならず現代音楽の歴史ですでに神格化されているほどの名盤だが、自分は白状するとイマイチその良さが分からなかった。だが、今日、その二通りの録音で聴き比べ驚愕す。『サージェントペパーズ』よりもこっち。。。。という人の言が大仰ではないと初めて実感した。

 夜、久しぶりにNetflixでドラマを見た。『涙の女王』。『愛の不時着』を作った作家、スタッフが作った新作とか。本国韓国で先日最終回が放送され、視聴率が『愛の不時着』のそれを越えたとか。見たのはまだ第1回にみ。今後の展開が楽しみ。

 変わりやすい天気が祟ったのか体の節々が痛い。連休明けからまた現場が始まる。用心しなくては。

 23時 就寝。

|

デモデダイナー行った

 朝、天気快晴。布団を干す。シーツ、タオルケットなども洗ったらうちは2階なのでベランダの干場がいっぱいになり干し方を思案する。なんとか全部干せた。

 昨日、テレビで見たが歴史的な円安とかでこのゴールデンウィークは海外からの観光客が史上最高とか。おまけにに日本人でも海外にはいかず国内で。。。という人が多いから都内と言わず国内有名どころは各地大変なことになっているらしい。自分は今回の連休はノープランで何処にも出かける予定はなし。家の近所を散歩し、普段読めないような本でもゆっくり読むというのが財布の事情も併せて一番良い過ごし方のよう気がした。

 と、思っていたが、やはり天気が良いと何かしたい、どこか出かけたいとなるもので、だからと言って上のような事情からそんなに遠くには行きたくなく、色々考えて福生のアメリカンダイナーにハンバーガーを食べに行くことを思いつく。プチアメリカ。基地の前、第5ゲート前のデモデ・ダイナー。車で良く前は通るが入ったことは今までになし。金曜日から休みで3連休最後の息子と行く。

 デモデダイナー 福生 | 際コーポレーション (kiwa-group.co.jp)

 横田基地の中は昔、基地内のハーフマラソンの大会に出るのにエントリーして入ったことがある。フォレストバイト・マラソン、という名の寒い2月(たしか)にやる大会。当日、風邪気味で、ただエントリーした人は記念品としてトレーナーを貰えると言うので、それだけ貰いに行くつもりが、中に入ったらBGMにアメリカンロックがガンガンかかっていて雰囲気が良く、結局、走ることに。ただ走り始めたらやはり体調の悪さはいかんともし難く途中で棄権。手を上げてその旨を係に訴えて米兵にスタート地点までジープで送ってもらったという思い出。でかいんだよ、基地。

 ただいざ店に着くと、皆、考えることは同じなのか、中々の込み具合。しかし、せっかく来たのだからと思い名前を書いて並ぶこと20分。店内とテラスのどちらでも良いと印したが、やはり店内の雰囲気も味わいたいと思っていたところ、案内されたのは店内だったので良かった。

 店は典型的なアメリカのダイナーで、これも昔、グレイハウンドバスでアメリカ横断というのをやった時に入った店の幾つかを思い出した。アメリカ各地のバスディーポにはこうしたお店があって、バスの休憩に止まる度入ったもの。バーガーキングが多かったが、中にはオリジナルなお店もあってこの店はそんな店のどれかに似ているような気がした。

 自分はクラシックバーガーを、息子はチキン・パインバーガー?を頼む。自分のはオーソドックスなハンバーガーで問題なかったが、息子のはデカすぎて、こういうのは皆どうやって食べるのか?ときょろきょろ周りを見てしまった。いくらでかい口あけても、ガブリとはできなさそう。ハンバーガーはパテの肉が炭火で焼いた風な感じの(実際は分からない)焼きたてで肉肉しく、ルートビアと一緒に食して、美味かった。

Demode-1


Demode2

 
 帰宅後は最初の予定通り?読書。ジム・フジーリ著『ペット・サウンズ』を読む。

 夜は大河『光る君へ』と『アンチヒーロー』を見た。ニュースで衆議院補欠選挙で自民全敗を知る。このまま今後も世論も投票行動もドミノ倒しのようにどんどん行けば良いと思う。

 23時半、就寝。干したばかりの布団は気持ちいい。

|

娘と競馬

 天気曇り。

 昨日泊った娘は今日帰ると言うが、このゴールデンウィーク後半はオーストラリアに行く予定で、向こうの友達に作業用の手袋を買って行かなくてはいけないらしく、帰る前にワークマンに連れて行けとのたまう。

 娘の友達はワーキングホリデーを利用してメルボルンにいて、そこでこれからワイン作りに使用する葡萄栽培の仕事をするらしい。手袋くらい向こうにももちろんあるが日本のワークマンのそれはモノが良くて丈夫で安いという印象がその友達にはあって、それでどうせ来るなら買ってきてくれと頼まれたのだとか。

 昨日から三連休の息子は朝から会社の集まりが多摩川沿いのグラウンドであるらしく、そこまで送っていって欲しいというので皆で出動する。その帰りがてらワークマンにも寄って娘の用事を済ます。

 一度帰宅してさて娘を近くの駅まで送ってやって、後は一人で勝手に過ごせば良かろう、福生の基地の近くのハンバーガー屋でも行くかと思っていたが、ちょっとした会話の弾みから二人で競馬をやることになり東京競馬場に行くことに。明日が京都で春の天皇賞で今日は普通の土曜競馬だが、馬たちは今のこの時期、東京でも走っていて、一度生で走っているところを見せてやるのも良いだろうと思った。

 大谷の通訳の事件もあって、ギャンブルに対する苦言提言は全くその通りで返す言葉はない。

 着いたのは第5レースの頃。早速、パドックに連れて行き周回している馬を見る。おしりの筋肉の付き方や馬の発汗の様子、歩き方など見方を教えながら、スポーツ新聞の馬柱の見方も教える。それと買い方。1着の一頭だけ当てるのを単勝、1、2着の2頭を順番関係なく当てるのを馬連、順番通り当てるのを馬単、それを3頭でやるのを三連複、3連単。。。という具合に。それとオッズ。馬柱の最後に2.6とか、70.5とか書いてあるが、それは単勝で100円賭けて勝つと、260円、7050円になるという配当を表したもの。

 娘は第5レースで馬単で3頭の馬にそれぞれ100円ずつ賭けて、内1頭が当たる。配当は460円で300円使ったから160円の勝ち。自分は馬単を2通り買ってダメで200円の負け。娘は小さいころからトランプのババ抜きでも負けると呼吸困難になるほど泣きわめくほど負けず嫌いだったので、儲けた額より勝ったということが嬉しかったらしい。喜んでもらえて良かった。

 6レースと7レースはやらずスタンド5階のレストラン街で食事。競馬場内が超絶きれいなこと、高級感があることに娘が驚く。それに家族連れが多いことにも。自分はハンバーグステーキを、娘はチキンステーキを食べる。もう一レースやって帰ろうということで第8レースの予想を食事をしながら考える。昨夜、上白石萌音の新曲『スピカ』を聞いたがニシノスピカという馬がいるので1頭はそれ、藤井風のライブも観たのでもう一頭はライブインステラという馬にして、自分はその2頭の馬単、娘はニシノスピカと他もう一頭の馬単。結果はまた娘が勝って100円で配当は960円。良かったね。

 競馬は馬主、厩舎、調教師、騎手などそれぞれの人達の思いもあって人馬一体のドラマ。ギャンブルということももちろんあるが、儲けや勝ち負けより馬事文化そのものを楽しめるようになればそれで良いのだと、少しは親らしいことを言って退散した。宮本輝の『優駿』読めよ~。

 帰宅して、ビールを飲んで昼寝。起きて、昨日作って残っている炊き込みご飯とパーラツァイで夕食。

 テレビで歴史的な円安で海外旅行者殺到の上、この連休で日本人も様々に出かけるのが合わさって各地オーバーツーリズムで大変とのニュースを見る。

 22時頃、就寝。

|

三人揃う

 朝、今日も天気快晴。

 都心の様々な現場にそれぞれ助っ人に行っていた本社メンバーが帰ってきて賑やかだった。昨日自分が掘削位置の設定を手伝った現場を今日からこのメンバーでやるとの事。

 自分は自分の現場のことが一区切りついたので請求書を持って府中に行く。行く途中にラジオで聞いた上白石萌音の新曲が素晴らしかった。

 上白石萌音 "スピカ" Music Video (youtube.com)

 その後は相変わらず写真整理とその納品用の台帳作りをやった。詳しくは書かないが大昔の仕事が色々残っていて、そのことで最近周囲が右往左往している。自分は遠い昔に自分の分はすべて書き上げしかも全部保存してあるので何の問題もなし。ある人にそれらを見せたら超驚かれた。20年前のもの。どんなもんだい。

 帰宅後、炊き込みご飯、パーラーツァイ、ほうれん草の胡麻和え、カブのステーキにんにくバター醤油がけ等、一気に作る。娘が帰ってくるので大したものはできないが、多少、おかずを多く作ろうと思って。

 楽天戦がやってないので、久々に横浜×巨人戦を見る。8回まで2対1で横浜が負けていたが見ているうちに逆転したので気分が良かった。

 娘が帰ってきて食事に付き合いながら晩酌する。テレビでYouTubeを見る。娘に藤井風のデスクコンサートの動画を教えてもらいそれを見る。その後もずっと藤井風三昧。

Fujii Kaze: Tiny Desk Concerts JAPAN (youtube.com)

息子も途中から参戦し、久しぶりに3人揃う。

 0時頃、就寝。

|

もう夏日

 天気快晴。夏のように暑くなるとか。もう夏日。

 仕事は相変わらず会社で整理作業だが、午後、自分の担当ではないが会社近くに新しく現場ができるようで、その掘削位置の設定など手伝いに行く。

 車のウォッシャー液がなくなっていたところ、息子が用意してくれたものが大きなコーラのペットボトルに入ったままだったのを、やっとこさ補充した。もっと水で薄めた方が良かったのか。

 ゴールデンウィークにオーストラリアに行くと言っていた娘に電話して詳しい予定を聞く。明日、一度帰ってくるとか。

 帰宅途中、自分と息子の分の靴下を買う。

 夕食は餃子。焼くだけの冷凍のを買ってきたが、フライパンにくっついてしまって上手く焼けなかった。その他 ほうれん草の胡麻和え、キュウリとマグロ缶詰のあえ物など作る。

 テレビで睡眠学の世界的な権威が睡眠の質を向上させる方法を語る番組をやっていて見る。目からうろこのような話が多くてずっと見てしまった。特に部屋のドアを開けて寝たほうが良いとする話に納得する。睡眠中の呼気で発生する二酸化炭素の量は意外と尋常でないと知る。それが原因で朝方、一度目が覚めてしまう人がほとんどとか。

 早速実践する。0時頃、就寝。

|

買わなければ

 朝、おにぎり昆布でおにぎりを2個握る。天気は今日も雨でまた寒い。また寒暖差で体調を崩しそう。

 先日、弟と電話で話た際、故・松村雄策氏が生前、ブルース・スプリングスティーンの当時の新作『ウェスタン・スターズ』を批判した文章について話したのだが、自分はそれを書店で立ち読みか何かで目にしたのだとばかり思っていたら家にあった。

 以前プリンスの全アルバム解説がある号のロッキンオンを買ったのだがそこにあった。読むとアルバム全体を批判しているわけではなくて中の3曲が昔の西部劇映画の映画音楽のストリングス、ホーンアレンジを明らかに意識していて、何故?こんなものを作ったのか?とあった。

 アムネスティの活動に参加したりして、ネイティブアメリカンの歴史をブルースが知らないわけがない。ブルース・スプリングスティーンは弱い者の側に立つ人間ではなかったのか?この3曲だけはステージで演奏しないで欲しい。もしやったらあなたはブルース・スプリングスティーンではなくなる。。。というのが文の骨子であった。今は音楽評でも何でもめちゃくちゃ褒めるか貶めるかしかのどちらかなので、久しぶりの松村節に接し、初めて読んだときは快哉を上げたもの。記事を弟に写メした。

 氏が上げた3曲をさっそく通勤中の車で聞くと、うん、確かに、と思った。子供の頃、父親がカセットで西部劇音楽特集のようなカセットを持っていて車でよくかけていたが、そこにあった『リオ・ブラボー』とか『黄色いリボン』とか、なんかそんな音楽を想起させるに十分だった。アメリカで今一番苦境に立たされているプア・ホワイトと呼ばれる人たちにブルースは寄り添おうとしてこうなったのかな、と考えた。

 仕事は先日終わった現場の写真整理。次の現場のメンバーが一人足りなくてどうしようかと思っていたところ、手配が付きそうで安心する。

 昨夜、ネット動画で中上哲夫氏の朗読を聞いた(見た)が、今はネット上に彼の詩が少なからずあって、休憩時間、昼休みなどにひとしきり読んでしまった。メルカリだかなんだかそんなので白石かずこ氏が中上氏の詩集の帯に寄せた手描き原稿が高値で売られているのを見つけ、それも驚く。白石さん曰く"日本のケルアック"と、あった。

 自分は中上氏の行き過ぎないユーモアや諧謔味のある詩がかっこよくて好きだが、確かにそれはケルアックの翻訳家だけあってケルアックのそれに通じていると思う。最新詩集が出たことを知る。買わなければ。

 【新入荷詩集】中上哲夫『川の名前、その他の詩篇 2011~2021』は、とてつもなく洗練されていた|横山ゆみ/詩・よこやま書店店主 (note.com)

 もうかなりご高齢のはず(現在85!)。皆、今の日本にケルアックがいるんだぞ。

 夜、自分はパスタで、息子用に親子煮を作った。

 0時ころ、就寝。

|

お肉の人

 天気曇り。ただ寒いと思ってそれなりの服で出かけたらそうでもなく会社で中に着ていたシャツを一枚脱いだ。

 昨日、宿題にしていた遺構の問題が解決する。些細な問題のようだが、考え方によっては色々なことを大掛かりにやり直さなければならなくなる可能性もあったので、シンプルな方に落ち着いて安心する。

 先日までやっていた現場の整理作業も今日で終わり。その作業と並行してゴールデンウィーク明けから始まる現場の仕込みをやる。五月ともなればここ最近はもう夏のように暑くて、今のメンバーは自分が一番最年少という高齢者軍団なので先々が心配になる。

 一人息子を抱えるお母さん二人とほぼ一日一緒にいて、大きくなって巣立ってしまう時は二人とも大変でしょうね、と何気に声を掛けたらそれまでにぎやかにしていたのがいきなりしんみりしてしまって、まずいことを言った、と反省す。亡妻も息子と娘が仕事や留学でいなくなったときは凄かった。いわゆる"バードネスト症候群"というやつ。母親とはありがたいものだと今さらながらに思う。

 夜、自分は冷蔵庫に残っている様々なもので簡単に食事して、火曜日なので写経。帰宅時に少し離れたスーパーに買い物に行き、それから諸々を始めたので終わった時間が結構遅くなった。なので息子用にはレンチンすれば良いだけの鶏肉のチャーシューを作る。

 今日、一緒にいた一人に以前これのレシピと作り方を教えてあげたら、その人は料理が嫌いなのに、サッカークラブの練習前と後に息子さんが2度夕食を食べるので大変なところ、作るのが簡単でしかも喜ばれるので重宝していると礼を言われた。自分の名を冠して、家では"~さんのお肉"と言われているそう。確かに超簡単でそこそこ美味い。それにしても、お肉の人なっていたとは(笑)。

 ケルアックの翻訳者でもある詩人・中上哲夫氏の『エルヴィスが死んだ日の夜』を読む。諏訪さん、ナナオ亡き後、現存する日本最後のビートニクスという感をあらたにする。朗読会とかしていないのだろうか。ネットにいくつかある。生で聞いてみたいものだ。

詩人 中上哲夫『歌と彷徨 1』より「アイオワの風に吹かれていると」 (youtube.com)

詩人 中上哲夫『歌と彷徨 1』より「初雪」 (youtube.com)

 22時半、就寝。

|

考える

 朝、外は雨。そして肌寒かった。

 会社に着くと同時にある人から中央線で人身事故があって電車が止まっているので遅れるとの電話。了解。他にも日野駅周辺が渋滞していて遅れると、車通勤の人からも連絡あり。駅に救急車とか何かそういう車両が駆けつけてそういうことになっているのだろうと想像する。

 先週末に発覚した問題を解決すべく動く。どんな問題か簡単に言うと、去年末、自分が担当した現場に深くてやや大きめの中世のもと思われる竪穴状の遺構が出てきたが、それが埋まっていく過程に(完全に埋まらずやや凹んだ状態)また新たな穴が掘られ、そこに宗教儀礼(祭祀)のためと思われる道具が埋められていた。そして、その後に完全に最初の竪穴が埋まっていた。この場合、最初の竪穴と途中で掘られた穴は同一のものとして見るか別物と考えるべきかか。

 自分が引いた線から作成された土層断面図の版下と撮影した写真数枚を持って出かけ、ある人と検討する。が、答えは出なくてしばらく考えようということになる。それにしても。大の大人が昔の人が掘った穴のことをあーでもないこーでもないと考え続け悩み続け、我ながらヘンな(笑)仕事だと思う。

 出かけた足で、ゴールデンウィーク明けから7月半ばまでの現場を打診され、結局、受けることにした。今から夏の暑さに怖気ずく。

 帰宅して夜、昨日、貰った詩集のゲラをみながら、ページ数が少ない。。。という点をどうすべきか考える。ただ家にある色んな人の詩集を見て、必ずしも少ないと言うのでもないと思った。色々な案は浮かぶが、これはレコードからCDに変わった時の問題と良く似たことではないかと気づく。多く記録できるからと本来ボツにしたものや余計なものを入れ過ぎて、CD時代になってからいわゆる「名盤」というものの頻度が減った。作ろうとしているものはこれはこれでもう完成している。あっという間に読めてしまうがこれでいいと思った。ただ短いあとがきをつけようと思う。

 夕食は豚汁とサバの水煮缶とキャベツを使った炒め物。

 23時、就寝。

|

段々、出来てきた

 朝、薄曇りで予報では下り坂。だがこういう休日は嫌いではない。

 朝食は昨日のひじきご飯、味噌汁、サバ缶(水煮)、パーラーツァイなど。午前中、かなり長い間、電話で山形の弟と話す。その後、買ってあった市販の素ともやしでナムルを作る。

 夕方に京王八王子駅前のミスタードーナッツで待ち合わせ。今作っている本(詩集)の半組とデザインが出来てきたの一度見て欲しいとの事でそれを見ながらの打ち合わせ。現地には早すぎるほどに早く行って、久しぶりに八王子の駅周辺を散策した。

 その後、予定通りミスドにて打ち合わせ。ほとんどできていて、デザインは4種類ほど用意してくれていた。見せてくれたものはPCで作ったものだが、これは原案で本物はそれを元に手描きにするのだという。感謝しかない。

 ただ、このままでも良いがもう少しページ数があっても良いのでは?という指摘も受けて思案する。詩集は生前妻に贈った詩と、死後に書いた詩を合わせた追悼詩集なので、昔書いた小文を何か探して加えるか、それとも新しくもう数編書くか。。。と思案する。純粋にことばだけのものにしたいのでイラストや写真は今回はなし。完成を急いでいるわけではないのでと、宿題ということにしてもらう。

 帰宅したら息子がちゃんぽんのような野菜セットを買ってきてうどんを作っていた。自分は飲むだけで夕食はいらないと思っていたが、見ると美味そうで野菜だけ少し残しておいてもらって自分は自分でうどんを作って食べた。

 大河ドラマ『光るきみへ』を見る。その後、貰って来た詩集のデモ(ゲラ)を見続け、読み続けた。

 22時、就寝。

|

ジェイムス・テイラーのムック本

 朝、天気、晴れ。

『土曜の夜と日曜の朝』と言うアラン・シリトーの小説があるが、それで言うと今はその土曜が金曜に当たる。なので自分は土曜の朝が好きだ。ピーター・バラカンのラジオを聴いたり、本をあれこれ拾い読んだり、紹介されたYouTube動画を見る。

 以前、弟と村上龍の話をしたら彼にまつわる座談会のような動画がYouTubeにあるのを教えてくれて、今日は朝からそれを見た。それ以外にも良くある個人が私的ランキングを決める動画など。それらを見たら、はて?今、家に村上龍の小説って何と何があるのだろうか?と思って本棚を探してひとまとめにしてみたりする。思ったより色々あったが大好きな『海の向こうで戦争が始まる』が無い。いつか手に入れなければと思う。

 とは言え、今日、書店に出かけたのはそのためではなくてジェイムス・テイラーのムック本を買うため。先日の来日公演の余韻に未だ浸っている状態。コンサート当日、今回ツアーパンフはないがその代わりのように来日に合わせて編集されたムック本が置いてあった。息子はTシャツを買い、自分はCDを買って、本はあとで良いと思って買わなかった。少し早めに会場について時間つぶしと遅い昼食を兼ねてハンバーガーを食べたら思ったより高くて(UMAMIバーガー)、それでせこいところで倹約精神が働いてしまったのだった。

 行ったのは京王多摩センター、ココリス内の『丸善』。音楽関連の本が置いてあるコーナーに行ったらあっさりあったのでゲット。ようやく気が済んだ感じ。

 THE DIG Presents ジェイムス・テイラー (SHINKO MUSIC MOOK) | 五十嵐 正 |本 | 通販 | Amazon

 あとは帰宅してそれを読んでは寝落ちして、起きてはまた読んで。。。という休日。BGMに家にあるJTの音楽をとっかえひっかえ聴いてまた至福の時間。

 午後遅く、ウォークマンで『In the pocet』を聞きながら散歩がてら買い出しに行き、帰宅して料理した。ひじきご飯を炊く。それとまたパーラーツァイを作る。もやし、キャベツを包んだオムレツ等。

 夜、久しぶりに芦田愛菜&サンドの『天才テレビちゃん』を見た。今夜は文房具博士ちゃんで、文房具好きの甥のことを考えた。

 夕食後、またムック本。同じシンガーソングライターとして出てきた二人でもジャクソン・ブラウンはブルース・スプリングスティーン的なロッカーの方向行き、JTはスタイルを変えずに、ただその質を高める方向に行った、というようなことが書かれている箇所があってなるほどと思う。それこそが古さを郷愁ではなく新しいと感じさせる秘訣なのかと思った。どこぞのハンバーガーと同様に。

 22時頃、就寝。

|

駅前にラーメン&焼き鳥屋

 朝、天気は良いがまた風が強い。現場が終っていて良かったと思う。本社で整理作業。写真の整理をやる。

 夕方、去年自分が調査した現場の図面をデジタルトレースし版下を作ってくれているスタッフから質問を受け、聞いているうちに(図面を見ているうちに)大きな問題があることに気づく。特殊な状況なので特殊なようにしたが、セオリーで考えると矛盾があって、だがセオリーに戻すと問題が大きくなりそう。。。というそんなこと。何を言ってんだか分からないと思うが。いずれにしても来週。

 話は変わるが誰かのところに尋ねようとする時、降りた最寄りの駅で何か手土産でも買って。。。のようなことはないだろうか。我が家に尋ねて来る人の中にもそう思う人がこれまでにいて、だが一様に憤慨(呆れて)いたのがその最寄り駅に何もないこと。本当に何もない。昔は改札を出ると本屋で隣が薬屋(ドラッグストアではない)、その建物の2階は郷土料理屋だった。しかし、みんな潰れて何もなく、一昨年、やっとコンビニが出来たくらい。

 その駅前にラーメンと焼き鳥を看板メニューにした店が出来た。今朝、新聞のチラシに入っていてそのチラシを持って行くとトッピングの品がサービスになるという。なので、休みで家にいた息子と二人で夕食にと早速出かける。

Photo_20240423204801

 
 ラーメンは煮干し系の醤油ラーメンを、それと焼き鳥を数本食べた。ご夫婦でやっていて、奥様の方の日本語に特徴があるので、どちらからですか?と聞くと中国だという。うちも娘が中国は重慶に留学したことがありまして。。。と話すと、自分は北の方だとのこと。店内のテレビには繁体字の字幕が付いた昔の『8時だよ、全員集合!』がかかっていて、壁に沢田研二とドリフターズ、シンリジィ(何故?)のポスターが貼ってあった。不思議な取り合わせ。いずれにしてもつっかけで出かけて気軽に飲めるようなところがあればと常日頃から思っていたので嬉しい。また来よう。

 帰宅してネットを見ていて、オールマン・ブラザースバンドのギタリスト、ディッキー・ベッツが亡くなったことを知る。R.I.P。

23時就寝。

|

ジミー・ダック・ホームズ再び

 朝、四国地方で大きな地震があったとのニュース。伊方原発が近くにあるが大丈夫か?と思う。

 予定通り一度メンバー全員で現場に行き、ブルーシート回収、土嚢解体を行い現場完全終了。後は会社に戻り、遺物の洗浄作業と図面、写真の整理などを皆とする。整理作業の期間は今日を含め三日間。来週の月曜日まで出来るところまでやって、あとは内勤のメンバーに引渡しということ。

 現場期間中は一応、気が張っているからか耐えられたが、緊張が解けると肩と腰がかなり痛んでいるのに気が付く。今回は特に肩。五十肩気味のところにひたすらの掘削作業だったので終わるとかなりの痛み。破滅の音(大リーグボール3号。古い!)がしたかも。

 帰宅すると今日は午前中のみの仕事だった息子が寝ていた。風邪をひいたらしく体調が悪いとのこと。計らせると熱はなし。

 昨日、刻みすぎ、炒めすぎたジャガイモ、ニンジン、タマネギがあるのでそれに鶏肉を加え、カレーを作る。食材がそこまで準備できていると簡単。

先日、いわきのハンバーガー屋で着想を得た詩が頭の中で出来上がり、清書?してみる。いままで食べ物の詩というのは書いたことがあっただろうが(ラーメンの小説は書いたが)。このブログとFBにアップする。

 My Humberger Stomp: ペンギン・ビート急行 (cocolog-nifty.com)

 詩に出てくるジミーというのは以前NHK・BSの『マイ・ハンバーガーストーリー』という紀行番組で紹介されていた実在の人物。ハンバーガー屋の親父でブルースマンとしてCDも出している。↓ この人。

 Jimmy "Duck" Holmes – Cypress Grove – GRAMMY Nominee (youtube.com)

 23時半、就寝。

|

現場終了。『ケープマン』を聞く。

 天気、晴れ時々曇り。昨日ほどの風はなし。

 予定通り午前中、残りの調査をして現場終了。午後は撤収作業。後は明日、埋め戻しの業者と入れ替わりに残土山にかけたブルーシートを回収に来て土嚢を解体すれば終わり。

 サブスクは好きではないと言いつつも今日のように現場ー会社間を3度も往復するような時だとその移動中それで音楽を聴いてしまう。今日聞いていたのはポール・サイモンの『ケープマン』。『グレイスランド』=アフリカ、『リズム・オブ・セインツ』=ブラジルの後の中南米。自分はこれをあまりちゃんと聞いたことが無くて初めて通して聞いて恐れ入る。

 昔、村上龍の影響で古いキューバやプエルトリコの音楽を散々聴いたが、その後にヴィム・ベンダース×ライクーダーの『ブエノビスタ・ソシアル・クラブ』があった。しかし、こちらの方が何年も先だろう。ミュージカルの音楽として作られた楽曲で、そのミュージカルは興行的に失敗だったらしいが、それはもちろん完璧主義者のポール・サイモンのこと、その音楽は彼のソロの作品としても遜色のない出来。凄い。

 Born in Puerto Rico - YouTube

 帰宅途中、スーパーに寄り、買い物して、夕食にチキンのトマト煮を作る。夜は昼間と一転、音楽を聴いたり、テレビを点けたりせず、黙々と家事をする。ジャガイモ、ニンジン、タマネギを切りすぎ、炒めすぎで少し量を減らす。ラップして取っておけば明日、また違う料理に使えるだろう。

 洗濯機を回したり、洗濯物を畳んだりと、すべて終わってからやっとテレビを点ける。昨夜BSでやっていたのを録画しておいた『アパラチアトレイルの旅』のような番組。ものすごい強風と霧など、天気が変わりやすいことで有名な山をガイドとともに登る番組。歩くのは俳優の本庄まなみ。彼女が随分お若いので番組の解説を見ると2003年の作品だった。途中途中にソローの『森の生活』の一説のナレーションが挟まれて良い番組だった。

 ということで本棚から久しぶりに『森の生活』を取り出して手に取る。が、のぞく間もなく疲れて睡魔が遅い降参。

 入浴し、23時就寝。

|

強風で砂だらけ

 天気は晴れで良かったが強風なのが計算外な一日だった。

 全景写真を撮るのに発生残土のシートを開けたから一日中砂を被りっぱなし。大方の作業は終わり、明日、少しやってぼちぼち撤収。なんとか期間内に調査が終われそうで安堵する。

 昨日の日記にも書いたグーグルやスタジオジブリの入社試験問題は現場のある人にも出していて、それが分からなくて結構凹んだと、朝言われる。いやいや、僕も分からなかったですよ、と返事。まあ、そんな深刻なものではないのだから。

 答えは隣の40$のバッグを全部買い占めて100$で売るというもの。またトトロは草食か肉食か?と言う問題は、たいていの人は五月ちゃんもメイちゃんも食べられないのだから草食、と答えるが、トトロがあくびした際に見える歯が草食動物のそれだから、と答えた人が唯一合格だったとの話(真偽は不明)。知ってしまえば、ああ、なるほど、という答え。

 帰宅すると予想外に息子が先に帰ってきていいて、今日は15時までだったとか。シャワーを浴びて一息ついたら自分がクタクタに疲れているのが分かる。食事をあるもので簡単に済まし、火曜日なので写経。

 終わってテレビを点けたら地下鉄サリン事件の逃亡犯の再現ドラマがやっていてついつい見てしまうが、見ながら寝落ち。起きて入浴し(シャワーは浴びたがお湯につかりたくて)、ちゃんと寝る。

 23時半頃、就寝。

|

壁面にキノコ

 天気快晴。夏のような暑さになるとの予報。弁当にタッパーにご飯と、それとサバ缶一個を持って行く。

 通勤中のラジオで面白い話。グーグルの入社試験の面接で出た問題だとか。それはあるバッグをあなたは100$で売りたいのだが、全く同じものが隣の店ですでに40$で売られている。それでもそのバックをどうしても100$で売りたいと思ったらあなたはどうするか?というもの。特定の答えはなく、発想力を見ようとする問題だと言うが、一応模範解答があってそれを聞いて納得。確かにそれを答えたなら合格だろうと思った。

 それともう一つはスタジオジブリでの問題。それは「トトロは肉食か?草食か?」というもの。こちらは上より簡単だが、皆が答えるような理由ではない、という。そして皆と違うある回答をした人が唯一合格したと言う話。なるほど。

 現場に行ったら金曜日の夕方までは何もなかったのに、壁に掛けたブルーシートを開けると壁面にキノコが生えていた。結構立派に。グーグルレンズで検索したら色々出て来過ぎて、それが何というキノコなのか特定できなかった。それにしてもなんと爆発的な生命力。

 決戦、のように身構えて臨んだが現場だが、すでに先週末でピークを越えていたと悟る。まだ油断はできないがなんとか見通しがついた。現場は予報以上に暑くなって、雨対策に用意していたテントを日よけに張った。まだ4月なのになあ。

 終業時近くスマホを見ると友人から一昨日このブログに書いた記事の、ミュージシャン、グループ名に間違いがあると連絡が来ていた。失敗。自分は自分で書いた文章を校正できない欠点がある。帰宅後、すぐに直す。皆さん、失礼しました。

 久しぶりにパーラーツァイ(白菜のピリ辛甘酢漬け)を作った。男二人の生活だと肉ばかり食べるようになって良くない。夏に向けて痛風予防を兼ねて。

 五月にトノバン(故・加藤和彦)のドキュメンタリー映画が上映されると聞いて、YouTubeで彼の映像を色々見てしまった。

 23時、就寝。

|

早朝に帰る

 朝、5時にホテルを出る。息子が平塚でカートのレースに出ると言うので。常磐道はガラ空きで7時半に日野に到着。松屋で朝定食を食べた。

 あとはいつもの日曜日。帰宅して昨日の分の日記を書いて、洗濯、掃除、買い出し。皆のSNSを見たりしているうちに時間が過ぎる。

 夜はサバ缶(味噌煮)。味噌汁は昆布でだしを取ってちゃんと作ったが、今日はこれで良し。息子としばらく外食はいいと言い合っていたところ。

 夜、大河ドラマ『光る君へ』、NHK特集で認知症の行方不明者の番組を見た。22時半、就寝。

|

いわきに行って、れたすバーガーを食べ、ライブを見た

 天気快晴。朝、6時、いわきに向かって出発する。

 珍しく土日休みの息子と二人、互いに仕事が激務で疲れ気味なので近場の温泉施設に湯治にでも行くかと昨夜は話していたが、桜も気になるので、結局いわきに行こうと言うことになる。2年前、妻の逝去後、いわき回廊美術館のある山に桜を植樹したが、その咲き具合が気になっていた。

 それとFacebookで知っていたが、法政大学R&Bソサイェティ時代からの友人・後輩たちからなる結成38年のザ・スピードボールズとANIEKY A GOGO!、それと平凡’sと明星の、4組のライブがバロウズであるのも気になっていた。

 いわきには10時頃、到着。早速墓参り。その後、息子が小名浜の市場"ららみゅう"内の海鮮バーベキューを食べたいと言うのでそこに向かう。ただ自分の目的はもう一つあって、それは市場内にあるハンバーガー屋「れたす」でハンバーガーを食べること。↓に店の詳しい歴史&紹介記事を見つける。

朝日SALLY web マガジン (asally.co.jp)

 この店はまだいわきにマクドナルドが進出してくる以前からあって、多分自分が生まれて初めて食べた本格ハンバーガーではなかろうかと思う。自分が高校の頃は平の町の中にあり、この店がある為いわきマック1号店は潰れたのだとの伝説が当時あった(真偽は不明)。いつの頃から移転して行かなくなってしまったが、最近、またららみゅうに移ったと知って食べたいと思っていた。それがこれ。美味くて、懐かしくて、2個食べた。

Photo_20240414111701

 
 その後、息子が所望した通り海鮮バーベキューも食べる。ずっと運転だった息子にビール飲んでも良いよ、と言うと早速その通りにして陶然とした顔をしていた。そこから運転は自分に。

 いわき万本桜プロジェクト・回廊美術館の山に植樹した桜の木を見に行く。だが木は芽をつけているものの花は咲いていなかった。周りは今が見時の満開。少々がっかりしたが、枯れているわけではなさそうで周りの、ススキ、雑草を刈る作業をしてその場を離れた。同時期に植樹した他の木の様子も皆同様なので、今年はこのクラスの木は皆そうなのだろうと納得する。

 日帰りで、という考えもあったが無理と悟りビジネスホテルにチェックイン。15時半。16時半開場だと言うので早速その頃『バロウズ』に行くとすで知った面々が集まっていた。皆に久しぶりの挨拶。

 ライブはザ・スピードボールズ、明星、平凡’s、ANIEKY A GOGO!の順。R&Bにそれほど詳しくない息子のために、道中、ブルースブラザースのOSTその他を聞きながら来たのだが、スピードボールズの演奏は頭の中でそれと地続きになってすんなりと楽しめた。

 その後、明星衝撃(笑撃)の初体験。凄い(笑)。平凡’sは去年から一番回数を見ているが今日はギター(テレキャスター)の音が良くて以前よりさらに楽しめた。

 ANIEKY A GOGO!でsaxの加藤さんと最高の盛り上がり。最後のナンバーが自分が詩を提供し彼と共作した『Song Line』だった。以前ANIEKYと話した時、ツアーで全国を回るのに自分で車を運転し、高速を使わず。。。と聞いたので、自分はリトルフィートの『Willin’』のようなちょっとアンニュイなミディアムナンバーを想像して作詞した。だが出来上がってCDに収録されたバージョンは軽快なドライブミュージック。彼は全然疲れてなどいなかった。

 だが今日の演奏はラストナンバーということもあったのか自分が最初にイメージしたものに近かかった(ような気がする)。そしてコロナ禍を経てこの歌はライブハウスで歌う人と聞きに来る客、両者を応援する歌になったのだなあ、と思った。感動。今日は平凡’sに提供した『暑中見舞い』も聞けて両者に感謝。自分のことばがこうして歌として残るのは嬉しい。

 打ち上げに参加して22時半頃、ホテルに戻る。大浴場で入浴し、23時頃、就寝。

|

My Humberger Stomp


一つとして同じ顔はなく
そのうえ
ニヤリと笑って見える
トマトの赤が
はみ出ていると
舌を出しているようで
なあんだ
ストーンズのロゴかと思ったぜ

口のデカさを競うみたいに
齧りついたら
口の周りに付いたケチャップが
血に見えて
噛みつかれたのは
こっちかと
マジ、ビビったよ

ハンバーガー
チーズバーガー
ベーコンレタスバーガー
美味けりゃ床で踵を鳴らせ

トマト
ピクルス
レッドオニオン
窓の外は
土曜の午後のジャムセッションと
アメリカまで続く空の青


ニューオリンズのさらに南の
ジミーの店のチーズバーガーは
4$50セント
市販のパテで
パンは焦げてる
店主のジミーはブルースマンで
歌うと味に深みが増すと
テレビでやってた (ホントかな)

昔、初めて食べた店は
スモールタウンの
真ん中辺り
外はタクシー会社
それが40年ぶりに店に行ったら
窓の外が
海になってて
まるで食べてる途中に
拉致られて
港に置き去られたかと思ったよ

ハンバーガー
チーズバーガー
ベーコンレタスバーガー
美味けりゃ床で踵を鳴らせ

トマト
ピクルス
レッドオニオン
窓の外は
土曜の午後のジャムセッションと
アメリカまで続く海の青

アメリカまで続く海の青
アメリカまで続く空の青



  2024. 4.13  いわき ららみゅう内 『れたす』にて。

|

もう時間がない

 天気薄曇り。

 通勤中の車のラジオでTBSラジオ『金曜ボイスログ』をつけると、予想通りDJの開口一番は先日のジェイムス・テイラーのコンサートの感想だった。DJはシンガーソングライターでJT信者(笑)の臼井ミトン。自分の番組の企画の時より多くの人に声をかけられたと言っていた。どの辺の席にいたのだろうか。会いたかった。

 ネットにある時系列予報だと雨の心配はなさそうだったが、実際は11~13時頃、雨が降り、皆には昼休みをずらして取ってもらった。自分は止み間を見て撮影の仕事。人がいない方が捗る作業もある。

 古代道路遺構は掘方まで大体掘り上がる。ただその下に道が作られる以前の遺構がさら出て来てしまった。何の博打なんだか。掘立て柱建物跡その他。大き目な隅丸方形の跡が等間隔に並んでいる。もう時間がない。高齢者軍団なので自分が率先して掘らなければならないが、脚、腰、肩ももう限界。どうしたものか。

 帰宅して夕食後、整体に行こうと考えるが止める。今ほぐすとかえって酷いことになりそう。息子が作っておいてくれたチキンライスと中華スープの夕食。食後、買い物に出かける。缶チューハイ、つまみを買ってきて昨夜と同様に飲む。

 22時頃、娘にLineするとまだ仕事中とか。その後、23時半ごろ、電話あり。体に気を付けるようにと言う。

 0時頃、就寝。

|

何ハイ?

 天気快晴なれど朝寒し。日中は暖かかった。

 今日も道路跡の掘方をひたすら掘って断面の図面を作成した、としか言いようのない一日。

 左足の腿の裏側に激痛あり。腰痛あり、五十肩ありの状態。昼休み、休憩時間も仕事して、掘って掘って掘りまくって、あっという間に一日が終わった。汗みずく。気持ち良かった。ランニングハイならぬ、こういうの何ハイと言うのか。

 帰宅すると息子が休みで家にいたが、こちらも激務続きでずっと寝ていたよう。夕食の準備も何もできなかったようなので、シャワーを浴びて、外に何か食いに行くか?と誘うが、いい(行かない)と言うので一人で行く。

 映画『Parfect Days』で役所広司が仕事の後、風呂屋に行き、その後、浅草でハイボール(確か)を飲みながら焼きそばを食べるシーンがあるがああゆうのが理想。

 ただこちらは車で出かけたので酒を飲むわけにはいかず、帰りに缶ハイボールとつまみを買ってあとは家で飲む。これで十分。岡林信康の『山谷ブルース』の歌詞のようだが、ああゆう悲壮感はなし。チェゴ(最高)。

 22時、就寝。

|

『Ol' Man River』

 天気快晴。朝の内は冷え込むが日中は18℃くらいになるとの予報。昨日の炊き込みご飯をおにぎりにして持って行く。

 現場は先週末に検出された2件目の古代住居址と道路跡。今日は道路の"掘り方"を掘削する作業。大量の土が出るのでその置き場に難義する。

 掘方とは古代から人が道を作る時、初め溝状に掘りく窪め、そこに土を入れて突き固めるが、その時の土、状態のこと。検出する時は踏まれてさらに硬化した面を探り当てながら見つけるが、その記録を終えたら今度は初めに掘られた溝状の状態に戻して(掘って)再度記録を取る。

 今の現場では自分が一番若い!この仕事を始めた頃は「アンタが一番若いんだから」と言われ、こうしたパワーけ系の作業を最前線でやらされていたが、この年になってもまだそれが続いている。日本は凄い国になった。この作業、好きだから良いけど。掘方から遺物が多く出ることがあるが、今回はそれが少なくて助かる。

 休憩時間に自販機で飲み物を買おうとしたら財布の中に新500円玉しかなくて、複数ある自販機どれもが対応していなくて買えない。なんでこんな対応の利かない金を作ったのか、と思う。

 帰宅時、JTの『アメリカン・スタンダード』を聞きながら走っていたら『Ol' Man River』のところで丁度多摩川を渡るところ。夕日がきれいで、子供の頃、テレビで見たサミー・デイビスJRが歌うそれを思い出す。帰宅して夕食後、YouYubeで探したらあったのでひとしきり見てしまう。


 冷蔵庫に以前息子が買っておいてくれた黒ビールがある。痛風気味なのを理由に、また、買ってきてくれた時は中で原稿を書いている期間だったので飲んでも美味くないだろうと飲まなかった。

 今日のように体を動かした日は美味いだろうと飲んだら最初の一口でトリップしそうに美味かった。

 作っている詩集の装丁のデザインについて相談の連絡がある。その返信す。

 疲れたが心地よくて早めに寝る。22時頃。

|

コメント貰う

 朝から雨。スーパーのお惣菜で買った肉じゃがを弁当に詰める。子供が遠足の日の料理ができない母親みたい。

 現場は言わずもがなで中止。メンバーにそれぞれ電話しその旨を伝える。一度現場に見回りに行った後は会社に帰り、撮影した写真や日誌の整理等をする。雨は朝のうちは普通に強い雨だったが、時間の経過とともに風が強くなり、嵐のようになった。午後、やっと小やみになった隙に普段の発掘作業中に足りないと思われる、またこれから必要になると思われる資材を運ぶ。そんな一日。

 ジェイムス・テイラーのコンサートを見た直後、このブログに書きなぐりのようにして書いた感想をもう一つの方のブログに移したら、そちらにある方からコメントを頂いた。今回の来日公演についての色々をスマホやPCで見ている中で、一番、当日の雰囲気を伝えているレポートと思って"こんな風にかけたらなあ。。。"と羨望をもって眺めていたブログの方だったので嬉しかった。このライブレポート、素晴らしい。↓

 ジェームス・テイラー@東京ガーデンシアター/An Evening With JAMES TAYLOR & His All-Star Band|音楽の杜 (note.com)

 それとこちらのブログ。

 That's Why I'm Here / ザッツ・ホワイ・アイム・ヒア(James Taylor / ジェイムス・テイラー)1985 : 洋楽和訳 Neverending Music (blog.jp)

 自分の文章に『THat why I'm here』を歌う前にジョン・ベル―シについてJTが何か言っていたことについてちょっと触れたが、何と言っていたのか、また、そもそもその歌の歌詞の内容も自分は知らなくて、知りたくて検索していたら見つけたブログ。ジョン・ベル―シの葬儀の時に歌われたという『That Lonesome Road 』とコンサートで小澤征爾氏に捧げると歌われた『You Can Close Your Eyes 』の両方の歌詞対訳もこのブログにはあるので、それぞれの人生にそれぞれの歌が相応しいのを知り感じ入った。

 火曜日なので写経。その後、音楽を聴きながら溜まっている家事や料理を集中してやったらあっという間に時間が過ぎた。

 楽天VSオリックス戦を見る。5対4で楽天の負け。

 23時頃、就寝。

|

残り日数は実働7日

 朝、昨夜のカレーをタッパーに詰める。天気曇り。

 なんだか頭が仕事モードに切り替わらない月曜日。しかし、先週、月曜日にはコンパネ一枚と鉄のパイプ3本を持って行って土捨て場にしようとしているところに土留めしようと思っていたのを思い出し、それぞれ持って行く。発生残土が住居址側に流れていかないように。行ってすぐそれをやる。

 調査自体はいつまでも進まない感じだったので、決まりをつけて道路跡の全景写真を撮ってしまうことにする。検出の作業をこれ以上続けていてももうたいして変わらないだろう。日数は限られているので。

 やってしまいうと先々の工程がはっきりと見えてくる。作業に伴う清掃作業(全員で検出した遺構の新鮮な面を移植ベラで出していくこと)で大量に土が発生したので朝一に土留めをして良かったと思う。作業の残り日数は実働7日。急がなければ。

 詳しくは書かないが、ある人から長年苦しんでいたことに一つ区切りがつきそうだとの話を休憩時間に聞かされた。現実は小説より奇なり。良かったと思う。

 夜、夕食は麻婆豆腐をまた作ろうと思ったが、昨夜のカレーその他、冷蔵庫に細々したものが色々残っており自分はそれで済ませる。その後に息子用に料理をしようと思ったが、音楽を聴きながらやっていたら本格的に鑑賞モードに入ってしまい遅々として進まず。

 結局作ったが、その後、横になっていたら寝てしまい帰宅した息子に起こされる。入浴してちゃんと寝ようと思ったら、今度は眠れず、読まずに溜めていた新聞小説を読んでスクラップするのに切り抜いたりした。

 0時過ぎ 就寝。

|

虚脱感。

  昨夜帰りが遅かったのに朝、仕事で家を出るのが早い息子を町田まで車で送っていく。昨日のコンサートの興奮がまだ冷めやらぬ自分は会場で買ったCDを聞きながらドライブしたいと言うのが本音。

 帰宅してブログに昨夜の感想を書く。サラッと書くつもりでいたが、熱を帯びて結構本格的に書いた。セットリストも何もなく書き始めたので細かい点に正確さを逸した文章かもしれないが、"熱"があるうちに書いておきたかった。結局、午前中いっぱいかかった。

 昼食を食べ午後は出かける。ただ冷蔵庫に食材はほぼほぼあるので、買い出しというよりやはり音楽を聴きながらのドライブ。

 帰宅してもまた昨日買ったジェイム・ステイラーのライブCD。聞きながら解説を読んでいたら『Your Smiling face』には曲中に2回転調するところがあるが、ライブでJ・Tはカポタストを2回ずらしながら、フォーム(左手のコードの抑え方)を変えずに平然と演奏するとあって、あっ!と思う。昨日、見ていてそれをやっていたので、カポをつけ間違えたんだなあ、と思っていた。朝、息子ともその話をしていたのだった。間違ったわけじゃなかったのね、ごめんねJ・T。

 夜はカレー。昼間書いた文章いろいろ直しながらネットを見ていたら、昨夜のセットリストが発表になっていた。それを元に文章を少しに書き直そうかと思うがやめる。これはこれだし。

 夜、大河ドラマ『光る君へ』を見る。

  昨日をコンサートを楽しみにしてしばらく生きていたので、なんだか軽い虚脱感。金も随分使ったのでしばらくは質素に暮らそうと思う。

 23時半、就寝。

|

2024 ジェイムス・テイラーのコンサートを見に行った

  

 この記事はこちらに移動しました。

 2024.4.6 ジェイムス・テイラーのコンサートを見に行った。|The Basement Texts (note.com)

|

Our Town

 朝はまた雨。だが回復傾向の予報なので現場中止の心配なく出かける。10時頃、一度霧雨が濃くなって待機したがそれだけで後は普通にできた。ただ時間帯によってはなんと息が白いほどに寒くて、また寒暖差に体がついていかない感じ。腰がピキピキする。桜も侘しく見えた。

 古代の住居址の調査を終えたらその場所を発生残土の置き場にしようと目論み、さあ、あと一息と床面を剝がしたらまた別のもう一軒の住居址が出てきた。拡張(今で言うところのリフォーム)と言うのも良くあるが、これは時期差をもった別のやつと思う。東カマドの住居址でカマドはしっかり残っている。計画が大きく狂った。道路遺構もまだやることがいっぱい残っていて残り日数と作業量を考える。間に合うだろうか。

 昼、セブンイレブンのカレーパンとチャーハンのおにぎりとコーヒー。車で食事。ディズニーピクサーズの映画『カーズ』の挿入歌だったジェイムス・テイラーの『Our Town』をスマホで聞いた。J.T、明日見に行く。楽しみ。

 Our Town (from Cars) (youtube.com)  

 一昨日、健康診断の結果が届いていて、色々×がついているが想定通り。尿酸値と血圧と腎臓。ただ尿酸値と血圧は薬を飲まなければどのくらいなのだろうとわざと飲まないで診断に臨んだので素の数値が分かって良かった。血圧はほぼ正常値で、治療を続けて下さいとある。今、何もしていないのに。腎臓は去年、健康診断の結果を受けて精密検査をしたがそこで言われたことと同じで問題なしであった。やはり今のところ尿酸、痛風の心配のみ。

 夜、夕食は豚小間とキャベツ、もやしの炒め物と味噌汁。Netflixでまた『ごめんね、青春!』テレビ放送時は虫喰いで見ていて、今日見たのは見ていない巻きだったので面白かった。

 23時半 就寝。 

|

ジョン・ボーナムのドラムソロ

 朝のうち小雨が降っていたが始業時には上がる。諸事情により今日からまた車通勤。

 現場は古代の住居址を手掛けるグループと道路遺構を手掛けるグループの二組に分かれて作業。自分は道路組。発生残土の置き場が無くて住居址の調査が終わった後にその場所を捨て場にしようとの計画だがあともう少し。道路は方向、構造等、大体様子がつかめてきた感じ。

 去年末からこの春まで室内でずっと原稿の仕事をしていたせいで筋力が落ちたのが良く分かる。普通に作業しているだけでも足の筋肉痛が酷い。意識して歩くようにはしていたが。腰もギリギリ持ちこたえている感じ。気を付けよう。

 現場近くに公園があって朝から二人組のおじさんがベンチに座って喋っていた。今回の現場は狭くてトイレが無く公園に借りに行くのだが、行く度にその二人組が何故か気になった。昼に行っても、いつ行っても二人はずっと喋っていて、夕方になっても喋っていた。結局、一日中いたなあ、と、それだけの話。

 帰宅すると休みで家にいた息子がレッド・ツェッペリンのライブのYouTube動画をテレビで見ながら水餃子を作っていた。このライブのジョン・ボーナムのドラムソロを見てみろ、と言ってそこまで巻き戻してくれたので夕食を食べながらそれ見る。

 ジョン・ボーナムと言うとやたら豪快なイメージで、勿論、それはそうなのだが、意外と繊細なドラミングな印象を受ける。素人目(耳)にも様々な音色が分かる。そう言うと、息子曰く、それはジョン・ポール・ジョーンズと同じ意見だとか。ふーん。その後、ライブはジミー・ペイジのテルミンの演奏が延々と続いてチャンネルを変える。一人でこれを見た。

 昨日、Netflixが開通したので、エキセントリックな満島ひかりを見たくてクドカンの『ごめんね、青春!』を見たら、ずっと見てしまった。

 23時、就寝。

|

『ネイティブ・タイム』を読む

 朝曇り。昨夜の肉じゃがを弁当に詰める。今日も電車通勤。

 現場には自分より先にAさんがいて全員集まる前に今日の段取りなどを二人で話していると市から中止の連絡が来る。昨日の夕方に予報では午後から雨だが午前中はやる、と念を押すように連絡があったのでそのつもりで来たが、時系列予報で降り出しが早まったのでやはり止めるとの事。現場は期日というより日数で決まっているので中途半端にしかできないならやらない方が良いのは良く分かる。異議なし。中止。

 会社に戻って写真、日誌その他の整理をして、弁当を食べ、午後は有休を貰い休む。ずっと抱えていた仕事があったが年末から続いていた本社勤務中にすべて終わらせてしまったので(正式にはまだ受けていない仕事まで先回りして終わらせてしまったので)いてもやることが無い。清々しい。

 帰宅して、不燃ごみの日にも出すのがはばかられるような大型のゴミを市のクリーンセンターに持って行った。前回、電子レンジを捨てる時にも来たので、今期二度目。LEDライトに変えた時に外した古い照明器具などを捨てる。

 買い物して夜は麻婆豆腐。Netflixはアカウントが紐づけされていないと警告が出てその作業が面倒でずっと見ずにいたが、やり始めるとそもそものアカウントは娘のものなので、娘にメールが行ったようですぐに見れるようになった。メールが来たのでやっておいた、と速攻Lineが来た。仕事が早い。

 北山耕平さんの『ネイティブ・タイム』(地湧社)を読む。

Neitexibu


 山口さんの『Seize The Day 今を生きるための音楽』を読んだら、そこにヴィジョンクエストのことが書かれていた。ヴィジョンクエスト とはネイティブ・アメリカンのイニシェーションの事。北山さんのこの本の前作『ネイティブ・マインド』の後半にヴィジョンクエスト実践編というのが書かれていたが、自分は読んだだけでやらなかった。もちろん昔ナバホの居留区に行った時も。まさか山口さんが現地であれをやったと知り驚く。

 『ネイティブ・タイム』は辞典のように分厚くて本書の中にも"この本は1ページ目から最後まで読破しようなどと思わず、この大地に連面と続いていた時間に身を預けるように、風呂に入ったような気持ちで(要約)"とあって、ページには人類発生の時間から現在までの西暦がふられており、好きなページを開けて拾い読むことが目的にできている(と思う)。つまり日本列島の上(周辺アジア、島々)に起きた歴史を先住民の目で見ると言う本。発掘の仕事を35年!しているが、時々、モチベーションを喚起するように手にする本。毎度、発見があって面白い。

 23時就寝。

|

桜満開で弁当売り切れ

 朝、天気、快晴。昨日から現場へ電車通勤となった。すぐ近くなので家を出る時間が少し遅くても車より早く着くので気持ちに余裕ができる。

 再放送の朝ドラ『まんぷく』を見ていたがそれも終わって次の再放送朝ドラ『オオドリー』が始まる。これは当時全然見なかったのでどんな話か楽しみ。

 現在の現場の北側が甲州街道で昨日雨宿りに使った歩道橋を渡った先に公園がある。そこに昼に車で弁当が売りに来てワンコインで美味しく、食べ終わったゴミも引き取ってくれると聞いて、早速、昼休みに行ったが売り切れだった。

「スイマセン、今日は特別盛況で。。。」というので周りを見ると確かに普段より公園に人が多く、理由は桜。先日、ポツポツ咲いてきたと思ったら今日いきなり満開に。小さい子供連れの若いお母さんとかがシートを敷いていっぱい花見をしていた。植樹したいわきの桜が気になる。

Photo_20240403063201

 
 帰宅して写経。最近、気分が散漫で集中力が落ちた気がして今日はことさらじっくり書いた。その後の夕食の料理もいつもは音楽を聴きながら、テレビを点けながらやっていたが、それを止めて集中してやった。マインドフルネス。作ったのは肉じゃが。美味くできたと思う。結局、今日の夜はテレビは全く見ず、音楽も聴かずだった。

 『Seize The Day 』を読了。また元気を貰ってしまった。手元に置いておいてことあるごとに手に取りそうだ。

 23時半、就寝。

|

携帯が壊れた

 今日から4月。ただ1日の、嘘をついて良いと言うあれは嫌いだ。

 先週末、古代の住居跡が出ているトレンチがプールなっているのを確認していたから、今日は朝から水くみだと思っていたところにまた朝から雨。しかし、予報を見るとこれは朝の内だけですぐ止むとのこと。良かった

 だが、それを上回る事態が起きた。携帯が壊れる。会社から持たされているガラ携。充電してもディスプレーが真っ白で何度やってももうそのままだった。まあ10年以上使ったからな。仕方ない。

 携帯自体は会社に行って代替え機をもらえば良いが、問題は中身。電話帳にあった大量のデータが消えた。ガックリ。一度、現場に行き、資材その他をおろしてまた会社に戻り代替え機を貰う。少なくとも今一緒に働いているメンバーの番号は早く登録しなければ。

 作業は水くみの後はまた古代道路の調査。あるのは確かなのだが硬化面が不明瞭でハッキリしない。夕方、予想外に雨が降ってきて中断になるが、今の現場には休憩用のハウスが無く、仕方なく現場至近の歩道橋の階段下で皆で雨宿りする。なんちゅう仕事だか。結局、止んだ頃は就業時間。あまりはかどらなかった。

 夜はパスタ。明太子味のソースで食べた。その後、息子用にまた親子煮を作る。

  音楽を聴き、読書。昨日買ったブライアン・ウィルソン×ヴァン・ダイク・パークスの『オレンジ・クレイ・アート』とJ・Tの『Dad love's his work』。萩原健太氏のこのアルバムについての記事をネットで読み、『オレンジ~』がブライアン復活の端緒になったことを知る。

 オレンジ・クレイト・アート(25周年拡張エディション)/ブライアン・ウィルソン&ヴァン・ダイク・パークス (kenta45rpm.com)

0時頃、就寝。

|

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »