2017年 あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。年末に断食して、その明けに食べた食パンとホットミルクが物凄く美味かった。その後は徐々に戻し、大晦日・年明けの馳走、おせち、と相成ったが、胃が小さくなり吸収が良くなったのか少しで満腹。また意識して方々出掛けるようにもしていたので良く歩いて体重が減った。正月にこんなことは初めて。

 写真は初日の出。初富士を撮ろうと元旦の朝、平山橋の上に行ったら丁度日の出の時間で、拝もうと子供たちが集まっていた。それでパチリ。

 初夢は何か見たのかだけ分かっていて覚えていないのは例年通り。去年は緊急でIMRを受けたりしていたが、今年は体調も良く、おまけに暖かくて良い正月。さて、今日は何処に出掛けようか。

 皆さん、今年も宜しくお願いします。

Img_1138_800x600

Img_1139_800x532
Img_1140_800x600
Img_1142_800x600
Img_1143_800x600

| | コメント (0)

ブログ10年目。

 このブログを始めて先日28日で10年立ちました。これからも宜しくお願いします。写真は先日行った八王子・滝山城址にて。城めぐり企画中です。

Img_1042_600x800

|

新六角堂のガラス

Img_0931_800x600

 先週末、仙台ーいわき間の小旅行の帰路、北茨城・五浦の六角堂へ行った。何度も出かけている場所だが、2001年3月11日に津波で消失した後に復興された「新六角堂」を近くで見るのは初めてだった。新しい六角堂は復興時の調査で明らかになったことが盛り込まれていて良かった。遺跡の発掘現場では場合により「壊さなければ分からないよ。。」という言い方をする事があるが、文化財が被災した際、平時だったら決して知り得ないことが分かることがある。熊本城の石垣しかり、この六角堂しかり。新生六角堂は被災の記憶も含めた新たな遺産となっていた。

 Img_0935_800x592  

 天心自筆の棟札には「六角堂観瀾亭」と明記されており、「瀾」とは「波」で、それは「波を見るあずまや」との意味だとか。“天心は波に永遠性と絶え間ない変化を同時に認め、宇宙の本質と考えていた”と、現地の案内板にあった。建設時の「円筒法」でつくられたガラスは屈折が生じ、ガラス越しの景色が曲がって見えるのだが、新六角堂にもそれが使われていて凪いだ海でも波が生じているような効果が楽しめる。写真で分かるだろうか。

 周辺は震災前よりも様々に整備されていて他にも見どころはたくさんあるようだったが、時間が無くて見れなかった。今までも何度も来た場所だが、これからも何度も来ようと思った。

 Img_0927_600x800

  http://rokkakudo.izura.ibaraki.ac.jp/attraction

|

カザフの歳三

800x593  
 重慶に留学中の娘のルームメイトIさんはカザフスタン人で大の土方歳三ファンだとか。何故?思いつくのはアニメ「薄桜鬼」だが、来週末、今度は息子が妹に会いに重慶に行くのでお土産にフィギアでも授けようと思ってスカイプで聞くと、欲しいのはリアル土方の写真だとのこと。

 なんでもIさんは子供の頃から独学で日本語と日本文化を勉強していて、土方もその過程で知りずっと好きだったのだと言う。日本人が少ない重慶に日本人が来たと知り、ルームメイトになるのを申し出てたら、相手が日野出身たと知り大喜びだったとか。娘も初めてやったアルバイトがお土産物屋で「歳三まんじゅう」を売ることだった、と自己紹介したという。

 そんなこともあって先日、普段行かない高幡不動前の土産物屋「池田屋」に行って色々とグッズを見たりした。こんなもので良いのか?と思い昨日スカイプ越しに土方の写真・絵葉書を見せたら歓声が上がっていた。なんか不思議な気持ち。

 スカイプの向こうの娘はかなり中国語が話せるようになっていて、近くに誰かいると通訳して会話に混ぜてくれ、それがとても楽しい。色々な国の人がいて飛び交う言葉は中国語の他に英語、韓国語、カザフ語等々だが、昨日、何故か僕が話す日本語を聞いてカザフ語に聞こえると言われ、幾つか単語を教えてもらい口にするとウケしていた。娘を重慶に一人で旅立たたせてしばらく不安に付きまとわれていたが、最近、そんな様子を見てやっと少し安心したところ。歳三、守ってくれたのか。

 一番上の写真は娘が送ってくれたもの。例の硝子の橋か。今週末、訪中する兄を何処に連れて行こうかと娘&友人たちがスカイプの中で色々と思案していた。羨ましい。ダバイ!(カザフ語でCome on!のような意味?)と言われたが、ぼくは来年。 

|

ブルーにこんがらがって

Img_0818_800x587  
 双子なのでいわきに行くと時々弟と間違われる。なんとなくやり過ごすのだけど、先日、映画「君の名は。」を見た時、はたと思い立って慄然とした。それらの人たち、実は間違えたんじゃなくて本当に僕自身に何かを伝えようとしていた人たちなんじゃないかと?思って。

 そして映画を見終わってしばらくたって脳内に流れたのはジョン・レノンの「リメンバー」とディランの「ブルーにこんがらがって」。

 特に「ブルーにこんがらがって」だが、一頃ディランは大学で絵を学んでいて、同じ平面上にあらゆる時間を盛り込める絵画表現に感心し、歌でもこれができないか?と書いたのがこの曲とか。実際は不可能なのだが、その代わり物語は時系列に進まず、バラバラに分割して切り貼りされる。タランティーノの「パルプフィクション」やイニャリトゥの「バードマン」のようなあれ。それと「君の名は。」。そう言えばディランは自伝もこの手法で書いている。

 現在、スェーデンアカデミーが彼に連絡が取れなくて困っているらしいが、理由が“違う時空に行っていたから”だったら可笑しいな。

 「ブルーにこんがらがって」の“ブルー”って時間のことではないだろうか。あなたも、もし見知らぬ人に声をかけられたら、その人、未来のノーベル賞受賞者かもしれないですよ。

 写真は「ブルーにこんがらがって」が収録されている「血の轍(Blood on the tracks) 1975」の裏ジャケット。最初に聞く人には自分ならこれを勧める。

|

加油!

 今日、娘が留学のため中国の重慶に旅立った。ほとんど言葉の通じない場所に一人きりで行って、勉強しながら一年を暮らすなどと言う経験が自分にはないので、旅立ちに際してもアドヴァイ スらしいことは何も言えなかった。こう言う場合どの親もそうだと思うが、願いと言えば心身ともに健康で無事に帰ってきて欲しいという、ただそれだけ。

Img_0750_800x528_2
 先月、娘が山形に行っている間に、娘の友人達が秘密裏に寄せ書きをしてくれていて、それを搭乗直前にサプライズで渡す。このために朝四時に起きて七時に成田まで来てくれた N・Fくんに感謝。姿が見えなくなるまで僕ら夫婦は見つめていたが、ゲートを通過したら娘はもう一度も振り返らなかった。かっこよかった。

 ぼくも勧められた寄せ書きには娘の後押しで始めた韓国語で"셰상은아름답다(セサンウンアルムタプタ)"と書いた。中国はTwitterも Facebookもダメなのでやりとりは手紙でしょうと約束したが、どんな手紙が貰えるだろう?どんな手紙を書こうか。上のハングルの意味はその時に教え るつもり。写真は前日入りした成田のホテルから撮った今朝の空。加油!(これは中国語)。

|

没後20年特別展 星野道夫の旅~あなたは私の家にいることができます。

Photo  
 銀座で「没後20年特別展 星野道夫の旅」を見た。

 http://www.asahi.com/event/hoshino20/

入ってすぐのところのガラスケースに古い雑誌と二通の手紙が展示されていた。解説文を読むとそれは1969年刊のナショナルジオグラフィックの写真集「Alaska」と、星野道夫がある人と交わした手紙。

 若き日、神田の洋書屋でその雑誌の中の「ベーリング海峡と北海がぶつかる海域に浮かぶ小さな島」という空撮された写真を見て、こんなところにも人の暮らしがあるのか・・・と驚いた星野青年は手紙を書く。宛先はその島のシシュマレフ村の村長。「仕事はなんでもしますのでどこかの家においてもらえないでしょうか?」との内容だったとか。それから半年後、村長から手紙が届く。「夏ごろに来れば良いでしょう。あなたは私の家にいることができます。」

 展示されていたのはその道夫が見て衝撃を受けたという雑誌の見開きページと、その往復書簡だった。まだ何者でもない星野青年が丁寧なゴチック体で綴ったエアメールには日本の50円切手が貼って在って消印は1973.12.18となっていた。宛先にThe mayor Shishmaref  Alaska USA" ”とだけ書かれた封筒。村長の手紙は未知の青年を気遣うようなきれいな筆記体で書かれていた。

 この手紙のやり取りから星野道夫の旅が始まる。

 その後の展示では信じられないようなアラスカの自然と動物とネイティブの人々の暮らし、そしてその神話世界の写真が目に雪崩れ込んできて、しばらくその場を離れたく無い気持ちになった。愛用していたカメラも展示されていてニコンFE/ニッコール24mm F2.8とアサヒペンタックス6×7 タクマ105mm F2.4。それと愛用のカヤック。

 そして最後まで見て思ったのはやはり最初の雑誌と2通の手紙の事だ。人の旅(人生を旅というならまさに旅)が何をきっかけに始まるのか。星野の凄い写真を数々見た後でとても不思議な気持ちなった。“あなたは私の家にいることができます”。もう思い出せないが、ネットのない手紙の時代には、何かを待ったり、受け入れたり、またその間にゆっくりと気持ちを育てたりするような、世界にはまだゆとりがあったという事なのか。

 写真は勿論の事、あの二通の手紙が今も大切に保管されていることに強い感動を覚えた。

 展示は銀座松屋で9月5日まで。

|

暑中お見舞い申し上げます。

 暑中見舞い申し上げます。

 毎朝、会社の朝顔が幾つ花開いているのかを楽しみに出かけます。作ってもらった弁当にどうしてももう一品付け加えたい喰い意地の張った自分の最近の楽しみは、現場前のオリジン弁当のお惣菜を昼ごとに100g(大体200円前後)買って、メニューを完全制覇することです。いよいよ明日達成されます。レジのおばさんが優しい。エビ&イカチリソースが絶品です。

 去年末からだいたい府中にいて小さい現場をこなしてきましたが、6月末から市新庁舎建て替えに伴う調査をしています。もしかしたらしばらくここにいることになるかもしれません。府中は自分がこの仕事を始めた場所でして密かに縁を感じています。

 去年の今頃は赤羽にいて、その現場はエレファントカシマシのメンバーの母校を解体するそばから掘り始めるという内容で、しかも発生する残土の置き場がリーダーの元家の跡・・・ということもあり、結局、夏中彼らの歌を聞いて過ごしました。

Img_0684_640x464

 赤羽台団地は元旧陸軍の被服本省があった場所なので、その煉瓦造りの基礎を掘りだしただけでかの時代に逆戻りしたようでしたが、防空壕と思しき遺構の中に細長い楕円の硝子に何らかの液体が入っている物体を見つけ、すわっ火炎瓶か?と思ったら、全く違ってそれは「消火弾」というものでした。空襲などで周りが火の海になったら投げ込むようにと防空壕に備えられていて、それが起き去られたものなのかもしれません。それと缶に入った8mmフィルムが出てきたっけ。

 先週の日曜日、いつも行くラーメン屋に携帯を忘れ、気が付いて取りに行くと店は閉店で“月・火は休み”の貼り紙がしてありました。つまり週の初めの二日間、ぼくは携帯を持たずにいたわけで、それは落ち着かないような気楽なような、何とも言えない妙な気分でした。あの小さな機械がないだけで少し自由になれたような・・・その二日間、現場至近の神社には例の新しいゲームをする人々が鈴なりで、ガラケーユーザーでそれさえ不所持の自分の小さな無頼心がくすぐられたりしましたが、思えば我が細君は未だ携帯すら使わない人。彼女が日頃、何を疎んじてそんな風に暮らしているのか少しだけ分かった気がしました。

 携帯は水曜日に取りに行くと無事にありほっとしましたが、十年通って初めて無口な店主と言葉を交わしました。人間万事塞翁が馬。因みにそのラーメン屋には電話がありません。上には上がいるものです。

 今年はお盆休みもなさそうです。あんなに一生が夏休みだったら・・・としきりに夢見ていた頃が嘘のように、時々、仕事していた方が楽だと思う自分がいます。やっと大人になったのか、ある部分が怠惰になったのか・・・良く分かりませんが。

 毎年のことですが今年の夏も暑くなりそうです。謙虚に見せようとかなんとかそんな下心抜きに、マジにこの季節は一日一日を生きている感じがします。昨日は水を1リットル飲みました。塩飴が欠かせません。皆さんもご自愛下さい。

 ところであの8mmには何が映っていたのでしょうか。今度、聞いてみようと思います。

| | コメント (0)

The poet speaks ギンズバーグへのオマージュ フィリップ・グラス×パティ・スミスを見た。

Photo
 フィリップ・グラス×パティ・スミスによるギンズバーグへのオマージュ(訳 村上春樹、柴田元幸)。「お経のよう」というのはネガティヴな意味で使われることが多い言葉だが、昨日のパティのリ―ディングはポジティブな意味で経のようだと思った。「ウィチタ渦巻きスートラ」「ひまわりのスートラ」。ギンズバーグの詩には「~スートラ」という題のものが幾つかあるが、スートラとは経典という意味。パティはカウンターカルチャーの渦中からこの時代の悪霊を鎮めるために使わされた魔女、いや高僧のように見えた。

 リーディングの合間にレニー・ケイのギターと娘ジェシー・スミスのピアノで数曲が歌われたが、昨日はモハメド・アリの訃報が伝えられたこともあり、彼に一曲(確かアルバム「Gone Again」の中の「Wing」)が捧げられていた。「彼は世界中の人々にインスピレーションを与える美しい男だった」とパティ・スミスは言った。

 そして最後にアコースティックな「People have the power」。小石を投げた水の波紋が最後に大きな波のうねりになるような演奏と会場。終わっても、雷に打たれたような、嬉しい困惑の中に置き去りにされたような気持ちだった。そして一夜明けてもその困惑はまだ続いている

|

ゴールデンウィークが終わる  

 明日でゴールデンウィークが終わる。自分は2日、6日と仕事だったので10連休とはならなかったが、それでも谷間の出勤日も巷の空気は休日のそれだったので、やはり大型連休という気分を十分に味わった。連休中は前半に会津若松市―山形県長井市ー高畠町を旅して、後半は文庫本片手に都内を散策したりして結構充実していた。

 この5月、数年前に退官した恩師が武蔵野大学で映画についての講義をイレギュラーですることになったと聞き、また取り上げる映画の一つが「ダンス・ウィズ・ウルブス」(米 1990 監督 ケビン・コスナー)と知り、受講できるかどうかも分からぬままに予習(復習?)のつもりでずっと読んでいたのは「ブラック・エルクは語る~スー族聖者の生涯」(J・G・ナイハルト著 弥永健一訳 現代教養文庫)と言う本。大学の頃から何度も読んでボロボロになり、保護フィルムを貼って、本棚の奥にしまってあったものをひっぱり出してきて数年ぶりに読んだ。

Img_0572_800x558

 http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/BlackElk.htm

 本はアメリカ西部開拓史の終焉を告げたと言われる事件「ウンデッドニーの虐殺」を経験した年老いたメディスンマン、ブラックエルクが、自らの生い立ちを含めJ・G・ナイハルトにその経験を語ったもの。丁度、読んでいる時、会津若松の飯盛山で白虎隊の墓を見、会津戦争の資料を鶴ヶ城内に新設の博物館で見ていたので、奇兵隊に虐殺されるスー族と官軍の前に斃れる会津人たちの姿が重なってしまった。

1

 西部開拓史、と言うと日本人にはピンと来ないかもしれないが、「ウンデッドニーの虐殺」が起きたのは1890年で会津戦争が1868年。会津戦争が先だ。因みにこの休み中に見た映画「レヴェナント~蘇えりし者」(米 2015  アレハンドロ・G・イニャリトゥ)も西部開拓時代の話で時代設定が1820年代とあったから、順番に並べると、「レヴェナント」→「会津戦争」→「ウンデッドニーの虐殺」となる。日本で言えば江戸時代後半から幕末、明治中期の頃となろうか。当時の世界が何処から何処に移行しようとしていたかが垣間見れるような気がする。

 この休日中の大きなニュースというと続く熊本の地震と、3日の"憲法記念日"の護憲派による大きなデモ、また反対に首相が改憲に向けての声明を出したこと、それとアメリカでドナルド・トランプ氏が大統領選挙共和党候補の指名権を獲得したたことだろうか。今はどんな時代にいるのか。後世にどんな時代だったと言われる時を生きているのだろうか。

 写真は会津・飯盛山にある『ローマ市寄贈の碑』。白虎隊の精神に深い感銘を受けたローマ市が昭和3年に寄贈したもの。碑の円柱はポンペイから発掘された古代宮殿の柱だとか。以下、案内板より。

 Img_0416_800x600_2

 基礎表面にはイタリア語で“文明の母たるローマは白虎隊勇士の遺烈に、不朽の敬意を捧げんが為、古代ローマの権威を表わすファシスタ党の鉞(まさかり)を 飾り、永遠偉大の証たる古石柱を贈る”の文字が、裏面には“武士道に捧ぐ”の文字が刻まれてあったが、第二次世界大戦後、GHQに削り取られた。

 Img_0418_800x600

 今の時代に後世が刻む文字は何か。そして削られるのは。

 ゴールデンウィークが終わる。

|

より以前の記事一覧