ハマスタのDeNA対巨人

 一昨日のDeNA対巨人の試合は2対1で巨人の勝ちだった。「巨人相手に良い試合するじゃないか・・・」と内心思い、昨日、またテレビをつけるとなんとDNAが5-0で勝っている。

 おお、今年はホント何か違うのか、と見入っていたら、先発から持ちこたえていた尚成がクリーンナップに3連続ホームランを浴びて降板。その裏、また得点し引き離し、今日はこういう試合か・・・と思ったら、なんと8回に大量得点を許し15-9と逆転負け。最後は巨人ベンチも飽きて帰りたそうだった。解説の大魔神佐々木が情けなさそうだった。

 何故、ハマスタのDeNA対巨人戦はこうなってしまうのか。段々と通例化してきたこの“泥試合”は知られるようにもなってきて、今、ハマスタのDNA対巨人戦は笑えると、変な面白がられ方をする始末。確かに水島新二の漫画みたい。「中畑監督が五利監督(漫画「野球狂の詩」のチーム“東京メッツ”の監督)に見えてきた。」と呟くと息子が「火浦健(東京メッツのエース)がいないよ」と、古い漫画なのに良く知っている。そう、ピッチャーがいない。ピッチャーが。

 Park_phe08_5   

 楽天ファンだが、セリーグではDeNAを応援している。監督が中畑(福島県人)だからだが、昨日のジェットコースターのような試合だと展開のふり幅が大きい分、ベンチの監督の一喜一憂ぶりも見ていて気の毒になってしまう。「ファンに見せてはいけない野球をしてしまった」と、試合後の中畑監督の談。

 DeNAは去年だって得点率はリーグ1だった(確か)。ボクシング漫画にノーガード戦法というのがあるが、野球でDeNAはずっとそんな状態か。打たれっぱなしで打ってる。途中まではこんなのも面白いか、と見ていたが、やはり後味が悪い。いい試合を見たい。

 楽天も本拠地で2連敗。強い酒が飲みたくなった。そう言えば近くで仕事していたが「ホルモン家族」(中畑監督の息子さんがやっている仙川駅前の店)で飲まなかったな。明日はモスコーソだと。

 美酒を。

| | コメント (1)

2014 楽天開幕3連勝

 無敗のエース(田中)が抜けた穴を何で埋めるのか?去年から誰もが心配したところだが、この開幕を見る限りそれはその他の豊富な投手陣、また新外国人のユーキリス、と言ったところだろうか。開幕戦での則本の粘投、2戦目のユーキリスの初アーチと塩見の復活、3戦目の辛島の力投から続く継投策と活気のある上位打線。楽天、開幕3連勝。やはり去年のあの優勝を経験したのが大きいだろう。

Photo_9

 今日は久々に西部ドームに出掛けるつもりでいたものが諸事情があって取り止めに。天気も悪かったので、しょうがないとビールを買い込んでテレビで観戦した。前半、先発の辛島はツーアウトから四球を立て続けに出したりして心配したが、中盤、AJのレフト前ヒットあたりから段々と楽天のワンサイドゲームのようになって安心して見れた。結果は7対1。一日の東北開幕に大きなみやげになった。

 嶋のあの感動的なスピーチから3年が経った。

 http://www.youtube.com/watch?v=EoX5usejKB4

 が、忘れてはいけないのは被災地の多くはまだあの時のままだ、という事。アベノミクスとかいう東北を置き去りにした政策が全てにおいて優先したような風潮が幅を利かせる中、東北の人たちがどんな思いで楽天戦を見ているか考えてほしい。作家・村上龍はかつて「日本には何でもあるが“希望”だけがない。」と言ったが、東北は逆だ。多くのものを失い、傷だらけだが“希望”だけがある。楽天ゴールデンイーグルスはその希望の一つだ。

 今朝の新聞のスポーツ欄は楽天の連勝を伝える記事と同じページにヤンキース田中がオープン戦の対マリーンズ戦で10奪三振を奪ったとのニュース。現・楽天投手陣にとってこの偉大なエースを真近に見ていたというのはやはり財産だろう。今日の試合後のヒーローインタヴューは辛島だったが、試合後も謙虚に今日の良い点、駄目な点を分析していた。かつての田中のように若いなりに勝負師の顔をしていた。頼もしい。

 シーズンは長いからこの先何が待ち受けているか分からないが、まずは幸先の良い滑り出し。今年も楽天を見る。東北の希望を見る。 

| | コメント (2)

田中の15球

 Photo

 最終回に田中が出てきた時のスタンドの異様な雰囲気はテレビで見ているこちら側にも伝わってきた。前夜に160球投げた翌日の9回リリーフ。この起用は星野監督ならではのものだろう。北京の時、投手の起用の仕方で散々叩かれた彼だが、田中の力投はそれをも払拭したかのように私には見えた。 

 九回表、田中は2本のヒットを打たれ、一打出れば同点というところに立たされたが、見ているこちら側も「田中でだめならしょーがない」と腹が決まっていて、もう見守るしかなかった。田中でなければ駄目で、田中で駄目ならそれは駄目だったのだ・・・とベンチも選手もスタンドも全員が納得しているという状況。こんな場面、長いプロ野球の歴史で一体どれくらいあったのだろう。最後に矢野のバットが空を切った瞬間、家族中で雄叫びを上げてしまった。

 田中ばかりが注目を浴びてしまうのは仕方がないが、このシリーズ、楽天の他の投手陣も好調で、特に美馬、則本。ドラフトで入団が決まった桐光学園の松井がプロでどのくらいできるのかは未知数だが、もし、来季、田中が大リーグに行ってしまっても、楽天は強いだろう、と思った。

 東北人として喜びが一入なのは言うまでもないが、逆に、東日本大震災直後の嶋の例のスピーチ以降、楽天のゲームを“ただの野球”として見れなくなった部分も個人的にはあって、応援していて切ない時もあった。

  だが、それも昨夜の「田中の15球」が終わらせてくれた。一度、楽天が頂点に立たなければどうしても気が済まなかった。この3年、長かった。被災者の苦しい状況は未だ変らずにあるが、来季からはまた、もう少し楽しんで野球を見れる気がする。

 祝・楽天優勝。

 

| | コメント (2)

イチロー、ヤンキースに移籍。

Photo   朝、ニュースを見ていたら速報が流れて、また、どこかで地震か?と思ったらイチローがヤンキースに移籍したとのことだった。

 私はイチローより松井の方が野球人として幸せだとずっと思っていた。弱いマリナーズで数々の偉業を達成したイチローはそれだけで偉大だが、時として野球をしているというより何か特別な種目のゲームを黙々と続けている人のように見えたからだ。

 しかし、野球を一度でもしたことがある人なら言わずもがなだが、いくら自分が活躍できてもチームが負ければつまらないものだ。いや、違うな、自分が打てたりしたことは嬉しいが、チームが勝つことの方が何倍も嬉しい、と言った方が正確だ。4打席4ホームランを打っても負ける時は負けるし、どんな失態をしでかしても勝つ時は勝って、つまるところ野球をする喜びというのは勝利という小さな奇跡に自分がどのくらい貢献できたか、というところからくる。シスラー越えをした時より、WBCの優勝祝賀会で上原にビールを吹きかけられていた時の方がイチロー自身、絶対嬉しかったと思う。

 何故そうなってしまったかというのは、もちろんイチローのせいではない。彼はひたすら全力で自分の野球をしていただけで、強いて原因を挙げるとすればそれは運命だったとしか言いようがない。

 去年3割を切り、連続200本安打の記録が途切れてイチロー自身はホッとしているのじゃないか?と言う人がいたが、私はそんなことは絶対にないと思う。プロである限り最高の状態をいつまででもキープしていたいと思うに決まっている。ただ、記録の種類が種類だっただけに、これからは違う形で野球が出来る、したい、とは思っただろう。

 イチローが記録の重圧から逃れて、本当に勝ち負けだけで野球ができるのはWBCだけだと私は思っていた。だから一報を聞いた時、私は先日、日本が次回のWBCに出ないと正式に決めたことが、何か影響あったのでは?などと勘ぐってしまった。

 イチローが大リーグで活躍し始めた頃、ちょうど小泉改革とやらがあって、単身一人でアメリカに行って結果を出す彼をその最高のモデルのように言う人達がいたし、ある程度それはそうだったのだろう。イチロー自身が意識していてもいなくても。

 ただ、これからはヤンキースでチームバッティングに徹し、日々勝利という奇跡に貢献し、仲間と歓喜し合うイチローを見たい。孤高の剣豪のような彼から今まで貰った勇気とはまた別の種類の励まされ方をするような気がする。そして、それを見る時、私達の周囲で少しだけ何かが変わるような気がする。8番ライト イチロー、いいじゃないか。

 しかし、今日、会う人会う人、皆、川崎の心配をしていたのが可笑しかったナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年プロ野球開幕!!~あの頃、中畑清

Photo_3_2  私は父が社会人野球の選手だったため、とても小さい頃からグローブとバットを持たされた。多分、小学校1~2年生の時で、家でもテレビは野球中継ばかりだった。

 だいたい普通、男の子は小学校4、5年生頃から野球に興味を持ち始める。うちの息子もそうだった。別に教えたわけじゃないのに知らずにプロ野球チップスのカードを集めており、それじゃ、と毎週のように野球場へ出掛けるようになった。

 1965年生まれの私たちの世代にとって、この1~2年生から興味があったか、5~6年から興味を持ったかはとても大きな違いがある。それは長嶋茂雄の現役時代を知っているか否かということに繋がっており、私は熱狂的なファンであったが、後続のクラスメート達はもう知らなかった。長嶋のあの歴史的引退試合は1974年10月14日(何も調べなくても月日まで暗記している。)で、私は小学校3年生だった。

 レゲエを聴いて良くなくて、ふと、レゲエが好きだったんじゃなくてボブ・マーレーが好きだだったんだ・・と気づいた時がある。子供の時もそれと同じようなことがあった。もしかしたら、野球が好きなんじゃなくて、長嶋さんが好きだっただけかも・・・と思ったのだが、それは杞憂に終わった。私は野球が好きだった。

そして、その長嶋さんの抜けた穴を埋めるような選手が現れた。それが中畑である。太陽のような存在だった長嶋さんに似て、陽気なイメージ、ガッツのあるプレイ、オーバーアクションな仕草。私ならずとも、当時の野球小僧は皆、中畑が好きだった。子供の頃の草野球というのはだいたいごっこ遊びも兼ねていて、左利きの私はサードを守れず、だから中畑役はやらせて貰えなかった。しかし、その後、原が入団し、ポジション問題が起き結局、中畑はファーストにコンバートされた。私のポジションだ。それで、後で左打ちに直したが、まだ右打ちだった私は中畑ということになった。燃えた。毎日、素振りを100回くらいした。

 中畑は福島出身である。一時期、実家に帰ると地方CMで阿武隈高原牛乳を一気飲みしたりしてた。それを見て、いつも、ああ、帰ってきたなあと思っっていた。

 今年から中畑がDeNAの監督になったのは周知の通りである。頭空っぽ、とか、本物の馬鹿、と散々言われているが、いいじゃねぇか、馬鹿じゃなきゃ誰が4年も最下位のチームの監督なんて引き受けるものか。私は彼が楽天の監督じゃなくて良かったと思う。福島出身の中畑が東北のチームを率いたらどうしても3・11や原発事故と絡めて見てしまう。私は去年、楽天をそのような思いで応援し、失敗した。全然、楽しくなかった。野球はやはりただの野球であるべきだ。

 昨日は、プロ野球セ・パ両リーグ同時開幕だった。面白いゲームがいっぱいあった。私はテレビで巨人VSヤクルト戦を見たが、ヤクルト石川がもう少しでノーヒット・ノーランだったが、9回ワンアウトまでいって坂本に打たれた。名古屋では吉見が7回までパーフェクト・ピッチングだった。たまに他球場の速報で阪神VSDeNAの結果が映ったが、中畑は6回に森本の3塁打で生還した中村を宴会で盛り上がる伯父さんようにハイタッチで迎えていたが、同点にされると露骨にブスッとしていた。分かり易くて笑ってしまった。

              ☆

 2月から昨日まで怒涛の仕事漬けだった。終盤は土日・祝日もなく働きづめだったが、ようやく先が見えたところ。私は頚椎症が再発し始めており、また腰痛もあってボロボロ感たっぷりだが、気分は良い。4~5年続いた現場が去年の夏に終わって以来、初の本格的な調査だったが、こちらは短期決戦だった。それで、やっとシリーズ終了後にCSシリーズがあって、その二つを制したものを覇者とするシステムを受け入れることができる気持ちになった。

 色んな状況をクリアできるものが本当の勝者ということだ。

 PS 昨日、抗癌治療で入院している浜省好きの友人が退院することを彼の奥さんのFaceBookで知った。良かった。今度、会ったら宴会で盛り上がる伯父さんようにハイタッチで迎えてやろうと思う・・・・ほら、オレって中畑だから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パリーグCS終了。ノムさん、お疲れさん。

野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86) Book 野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)

著者:野村 克也
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今年は春にWBCで凄いドラマを見せられ異様に盛り上がったせいか、プロ野球のペナントレースは全然見なかった。もう一つ理由としては野球場大好きの息子が受験生なので自制していたというのもあるが、それにしてもシーズン中一度も野球場に行かなかったというのは我ながら驚く。気が付くとセパ両リーグの優勝チームが決まりクライマックス・シリーズをやっていた。

 野村監督の解任劇というのが今回のパリーグCSには絡んでいたが、どうして最近はシーズン途中とか、これから大事なシリーズが始るという時に監督の辞任やら解任などを発表するのだろう?ちょっと前までは余程結果を出せない監督とか来てすぐ帰る外人選手以外こんなことは無かった気がするけど。選手のモチベーションに影響が出るに決まっているだろうが。

 ただ阪神岡田監督の時や日ハムのヒルマン監督の時と違うのは、今回はやはりノムさんはそれすらを“戦略”の一つとして使おうとしていたフシがある。ベースを投げたり、選手を集めて涙を見せたり・・・まあ、勿論、本心からってのもあるけど、選手達は異様に闘争心を掻きたてられていたな。

 印象的だったのは一昨日23日のCS第2ステージ第3戦での田中マー君。私はここ最近あんなに闘争心剥き出しの若者を見たことがない。特に8回の投球、投げるごとに吠え、叫び、後半だというのにほとんどが150キロ台の、火の玉のようなボールを日ハム稲葉に対して投げていた。もうケンカ腰。ヒーロー・インタヴュー後も観客席に向かってガッツ・ポーズしながらシャウト。あれれれ・・マー君、ちょっと見ないうちキャラ変ったね。

 しかし、ついに昨日、8回まで6対4と接戦だったが、2アウト2・3塁の場面で第2戦で投げた岩隈を投入直後スレッジに3ランを浴び、撃沈。その瞬間、日ハムの日本シリーズ進出が決まり、野村楽天が終わった。

 ノムさんはこういう運命の人なのかな。阪神時代も若手を育て退団。その後、星野に変って阪神の黄金時代が来た。

 試合終了後は史上初の両チームからの胴上げ。そりゃ、そうだ、日ハムにだって稲葉やら武田やら吉井やら、ノムさんの薫陶を受けた選手が一杯いる。

 もう歳も歳だから監督としてのユニホーム姿を見るのはこれが最後だろうか?私が小さい頃から見ていた野球界の匂いをずっと引きずっていた最後の人なので、やはり寂しいなあ。

 ノムさん、お疲れさま。楽天は強くなったヨ。息子が野球に興味を持ち始めた時期とあなたの楽天就任は重なっていて、親子で“ぼやき”も含めて楽しませてもらいました。また、あなたの学校・再生工場入りたかったです(何を再生する?)・・・・・・・・。

そう言えば、かつての同僚?“あぶさん”も引退しますし・・・・・ネ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

WBC決勝 日本VS韓国

 死闘。WBC決勝。五度目の韓国戦。結果は延長10回5-3で日本勝利。大会2連覇。

 あの場面でちゃんと彼のところに出番が回ってくることがまず凄いと思った。そして、ちゃんと結果を出すところも。まるで9回裏に韓国に追いつかれたのは、その後の10回表のあの場面で彼に打たせるために天が配剤したかのようだった。

 彼とはもちろんイチロー。今回、図らずも私たちは苦悩しもがくイチローを目撃したが、実は本当は彼はいつだってそういう風に野球をしている人だ。

 アメリカに初めて渡った時 「自分にはこのバットで表現したいことがある。」と言って周囲の記者達を驚かせた彼だが、ならば彼がそのプレーの一つ一つで表現しようとしていることは何か。それは見る人それぞれによって受け止め方は違うと思うが、唯一つ言えることはいつもが胸のすくような一話完結のドラマだとしたら、今回のそれは長い長い大河ドラマだったということ。本当に長かった。そして、結末はあまりにも劇的だった。

 「負けた事実、腹立ちますよね。僕にとっては日本での最後の試合なので…。プレッシャーがかかっていたのは向こう(韓国)のほうだから」 3月10日のイチローのインタヴュー

「第3打席のバントの失敗でほぼ折れかけていた心がさらに折れた。ほぼ折れかけていた心をギリギリでつなぎ止めた。きょうの結果は天国行きか地獄行きかを決める試合。天国に行けて良かった。流れをくい止めていたのは完全に僕だった。本当に支えてくれて、ありがとうと思った。チームメートがつないでくれるというのはすてき」 3月19日のイチローのインタヴュー

 「やあ、もう苦しいところから始まって、苦しいがつらいになって、心が痛んで、最終的に笑顔になった。日本のファンの人たちに笑顔が届けられて最高です」。3月24日のイチローのインタヴュー

                     ☆ 

 今日の試合は大袈裟じゃなく球史に残る一戦だったと思う。アメリカの新聞は“もう野球はアメリカのお家芸じゃないのかもしれない”と、日本戦に敗退後、そう報じたと言うが、確かにアジア野球のレベルの高さを世界に見せつける形になった。

 そして、5度も同じ相手に当たるってことでトーナメントの仕組みに問題有りと言われた本大会だが、個人的にはこの韓国とは一度とことんやった方が良いと思っていたので、面白かった。パーソナルな喧嘩を世界のひのき舞台でやっている、なんかそんな感じだった。

 で、第2回WBCは韓国戦のこと・・・とずっと思っていたが、終わってみたら実は“人間イチロー劇場”だったと言う印象。そしてこのドラマ、第1回の時よりずっと“濃かった”。

 ああ、今日は疲れた。仕事じゃなく(笑)。でも良かったね、イチロー、おめでとう。

PS ただ、次回からは“侍ジャパン”っての、やめてくれー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WBC準決勝 日本VSアメリカ

 今日はほとんど試合を見なかった。聞かなかった。人づてに松坂が先頭打者ホームランを打たれたと聞いた後、暫くしてちょっとラジオを着けると今度は6-2で日本がリードとの情報。その後昼過ぎに9-4で日本が勝ったことを知った。え、こんなもんなの?ってのが正直な感想。韓国VSベネズエラが10-2で韓国だったので、今日の結果を見るほどに第1組って一体どんなレベルだったんじゃい、と文句の一つも言いたくなる。

 今、録画の試合を見ながらこれを書いているが、お約束どおり松坂は立ち上がりが悪い。ボールが高目に浮いていて、なるほどこれじゃホームランの一つも打たれるだろう。今、ちょうど4回裏、日本打線が連続ヒットで逆転に成功し、一挙5点を入れるのを見たところ。そうか今日は川崎が出ていたのか。

 結果が分かっている試合なので安心して見ているのだが、その分、全然、勝負とは違う所に目が行き、私の目が捕えたのはアメリカの監督ジョンソン。

 ジョンソン!私の世代で子供の頃野球少年だった人でこの人を知らない人はいないだろう。長島引退後、純潔主義だった巨人に何十年ぶりかにやってきた外人選手がこのジョンソンだったのだ。彼が来た年、巨人は最下位で、ジョンソンはその原因の一つでもあるかのようにボロクソに非難の的になった。

子供の頃の草野球なんて、だいたい“ごっこ遊び”も兼ねていて、皆、王とか張本とかやりたがるんだけど、当時、右打ちだった私は(後に左打ちに直す)、ジョンソン役を買って出てそれで実際とは大違いに打ちまくってやったものだ。

 彼は帰国後、日本で経験した緻密な野球を大リーグで生かし、良い指導者・指揮官になったと風の噂に聞いていた。そして現在、こうした国際大会でアメリカ代表を率いるまでになり、多分30年ぶり位に私の目の前に現われた。素直に懐かしいぞ、ジョンソン。゚゚(´O`)°゚

 で、クライド・ライトって今どうしてんだろ。リンドとか。あー、ゲームを見ながら頭の中はどんどん脱線していくなあ。

 明日は決勝。5度目の韓国戦。え、うんざりだって?いいじゃない、私も韓国の選手をすっかり覚えてしまったことだし。

 頂上で白黒決めようじゃないの。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBC2第ラウンド 1組1・2位決定戦 日本VS韓国

 今日は打線を大きく変えてきた。4番に城島。うん、これは凄く良いぞ、と思った。おまけに先発は内海なので同じジャイアンツのキャッチャー阿部にマスクを被ってもらい、城島はDHで打撃に専念できる。昨日キューバから5点取ったものの、前回の韓国戦のテイタラクを考えると何かてこ入れをしなければいけないのは明らかで、その結果、この打順。原君やるじゃん!と素直に思った。

 野球は選手の心理を見るスポーツである。だからその辺が分からないとサッカーみたいに動きを追うスポーツを見るのに慣れている人にはつまらなく感じるかもしれない。が、逆に分かると下手なサスペンスよりスリリングで、そういう意味では今日の先発の内海は凄く面白かった。

 初回、立ち上がりを突かれあっという間に先制点を許し、一昨日の韓国戦の悪夢がよぎる。この投手陣の立ち上がりの悪さってのは日本人特有の民族的な病気なのか?ダルビッシュもそうだったし、キューバ戦で快投を演じた松坂だって実はあの日、立ち上がりは微妙に悪かった。技術的には誰もが申し分ないのに同じような傾向に陥ると言うことは、皆一様にメンタル系が弱いということ。そして、その部分だけははどうしたって鍛えることは難しく、ただ一人超然として見えるのは岩隈のみ。

 1点を許した後、すぐ内川のホームラン、片岡のポテン・ヒットで逆転に成功、内海は落ち着いたかに見えたが、3回、韓国の2番イ・チョンスの後頭部にデッド・ボールを与えると再び動揺し、たちまち手投げの覇気の無いボールになる。腕を振れ、内海!!。もしかしたらこの時決壊し、日本はまた取り返しのつかないことになる可能性もあった。だが、救ったのはピッチング・コーチの山田。間髪入れずマウンドに走り、何やら助言。すると内海はまた回復しなんとか切り抜ける。内海ぃ、分かり易いぞ、お前。ピッチャーの心理の変化によっていかに結果に影響が出るか、まるで何かの実験のような序盤であった。

 その後、試合はお互い点が入らず2対1のまま。このままいってくれ、と祈るような気持ちで見つめていたが、ゲームが動いたのは7回裏、やっと出陣できたと荒ぶる若武者のような田中マー君、韓国のイ・デホからセンター、バック・スクリーンにまさかのホームランを浴びる。ゲームは振り出しに。マー君、若い。6回裏、登板直後3・4番を三振に討ち取り磐石に思えたが、7回、真ん中やや高め、さあ、打ってくださいというようなコースへ。明らかに失投。日本チームに嫌やーーなムードが漂う。

 だが、その後8回表、日本は青木のドラッグ・バントによる出塁で流れをまた引き戻す。青木は凄い。苦悩する天才(イチロー)の代わりを昨日に引き続き今日も演じているのは彼。このバントによる出塁はホント、舞台の幕が変ったような印象を球場全体にもたらした。で、ここで今日4番にすえた城島と思いきや原君、稲葉を代打に。“バッキャロー、なんで城島に打たせねぇーんだ!!”と私が言った瞬間タイムリー・ヒット、その後またまた代打小笠原、2度空振りして“今の小笠原じゃ打てる気しないよーー・・”と私が言った瞬間、テレビのアナウンサーが「打ったあーーー!!」とセンター前。一緒に見ていた妻、息子、娘、さすがに呆れて私を見る。スイマセン、日本追加点を入れ3対2。そして岩村にもヒットが出てさらに2点追加、5対2。

 ・・・・と、ここでお約束になったイチロー・レポートだが、ここまでくると何か貴重なものを見せられている気になってきた。昨日のキューバ戦後のインタヴューでも「自分が流れを止めているのは明らか・・・。」とか「自分だけJapanのユニホームを着ていない・・・あれ(三塁打)でやっとユニホームが着れた・・。」なんて珍しく弱気な発言をしていて、加齢とともにこの天才も段々と普通の選手になっていくのか・・・なんて、過去の偉大な選手達の晩年なんかを思い出したりしてしまった。

 今日も6回、ランナー1・2塁のチャンスを潰してしまうシーンがあった。セイフティー・バントを決めようとしたが失敗。内野ゴロで少なくともランナーを進塁させたい場面だったがセンターフライ。ベンチで肩身が狭そうにしている彼を見て、私はこのWBC後の来季シーズンまでこの不調を引きづってしまったらどうしようと本気で心配になってきた。

 結局9回、イチローにヒットが出てそこからまた1点入る。6対2。そして藤川が抑えて日本勝利。良かった。

 東京ラウンドは韓国に負けて2位通過だったが、第2ラウンドは韓国を下し1位通過。次は23日、2組2位通過のアメリカ戦である。そこで勝てば決勝はベネズエラか韓国。ベネズエラとやりたい気もするが、ここまでくると頂点でまた韓国と闘いハッキリ白黒決めたい気もまた、する。

 でも、 やっと韓国、キューバ以外の国と戦うのが見れる。次のアメリカ戦の先発は大方の予想では松坂となっているが、チーム内に多数いる大リーガー達にはかえって平常心で望めるゲームなのかもしれない。もちろんイチローも。

 調子は少しずつ上がってきているぞ。走れ、イチロー!。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WBC第2ラウンド1組敗者復活戦 日本VSキューバ

 首の皮一枚で残ったWBC第2ラウンド1組敗者復活戦。結果5-0で日本勝利。いやー良かった、良かった。そして楽天ファンの私としては今日は岩隈久志が誇らしい一日だった。 69球を投げて被安打5、6回を無失点に抑えるピッチング。

 例えば昨日のダルビッシュの投球と何が違うのか。それは表現しているものの違い。ピッチングをアートと考えると昨日のダルは“闘志”とか“打破”とか、何かそういったファイティング・スピリットを表現したピッチング。で、力みが出た。対する岩隈が今日表現していたものは“平常心”である。彼は背水の陣だった今日のようなビッグ・ゲームでも、シーズン中、楽天で投げている時となんら変らなかった。

 岩隈は去年、近年には珍しく21勝を上げ沢村賞を受賞。しかし、その前年、前々年は故障のためろくに投げられず、治療とトレーニングを繰り返す日々だった。そして、その明日をも知れない不安と恐怖からくるプレッシャーは今日の試合の比ではなかった筈で、文字通り彼は地獄を見てきたのだ。

 岩隈は投球もさることながら守備が良い。今日も招いたピンチを自らのフィールディングで何度か救っい、キューバに持っていかれそうな“流れ”をその都度断ち切っていた。

 打線は昨日の韓国戦に比べれば上々で、特に青木。かつてのイチローをボブ・ディランとするなら彼はスプリングスティーン、つまり“チルドレン”ってことだが、もし、イチローの復調が果たされなければ川崎じゃなくこの人を1番に持っていっても良いのだな、とそんな風に思った。

 で、御大イチロー。ついに出た。7回にシングル・ヒット、9回に三塁打を1本。

 今日仕事中、事務所でラジオで聞いていた女の子の話によると、ラジオの解説者が“イチローのバットが火を噴いた”と言ったとかで笑っていたが、帰宅後、テレビで見たら“火を噴く”って程じゃなかった。

 いつからスポーツ中継のアナウンスってあんなに大袈裟にギャーギャー騒ぐようになったのかしら?ラジオで聞いた試合とテレビで見る試合の印象があまりにも違いすぎる。(本当は知っている。古館一郎から。目の前で起きていることを正確に伝えようとするのじゃない、スポーツの、言葉によるエンターテイメント化は彼から起こった。そして多くの場合、失敗している。そして誰もそれに気づいていない。)

 で、明日は四度目の韓国戦。WBCって韓国戦のことか?知らない子供とかはホントそう思うぞ。ただし、勝っても負けても準決勝出場は決まっているが、正直勝った方が得か負けたほうが得なのか。

 勝てば2組2位のアメリカ、負ければ1位のベネズエラということに。そしてそこで日本が勝ち、韓国も負けなかったりしたら5度目の韓国戦と言うこともあり得る。

  おい、今回WBCってやはり韓国戦のことか?もう少し他の国とやるのも見たいと思うのは私だけかな?

  明日は試合開始10時。出かける予定があったが止めた。それで家でゆっくりテレビで見させてもらおうと思うが、果たしてイチローのバット、火を噴く・・・・・か?

| | コメント (2) | トラックバック (0)