「それぞれのミーワムーラ道」が届いた

 今日も猛暑日。朝、いつものサラダとコーヒー。

 昨日、娘が友人と行ったという話題のかき氷屋に開店の11時頃行くとすでに行列になっていた。店員さんが予約時間を記すノートをかざして「お二人ですか?」と聞くのでそうだと答えると、今だと食べられるのは16時50分だと言う。なので止める。ネットとかで見ると値段も高く、かき氷をそうまでして食べる感覚は自分にはない。スーパーで買い物して帰る。

 昼はそのスーパーで買った稲荷ずしと海苔巻き。

 昨日、「いのちのまつり88」の写真を見ていたら、カクラバ・ロビやサムルノリ等の写真が目について、それでワールドミュージック的なものが聞きたくなり、某中古屋に行くとポールサイモンの「リズム・オブ・セインツ」があった。買って午後はそれを聞きながらドライブした。

 夕方、郵便が届き開けると、いわきの至宝、ミーワムーラのファン読本「それぞれのミーワムーラ道」(ミーワムーラ道製作委員会 定価1500円)が3冊。自分も全アルバム解説(最新アルバムについては全曲解説)を書いたので形になったものを見るのは嬉しい。読むと他の執筆者の文章が面白く、また二人について知らないことが多々あって興味深く読んだ。

 ところでこれを手に入れたい人はどうしたらいいのだろうか。なんにしても二人の音楽が広く聞かれるようになるために助けになれば良いと思う。

Img_7553

 
夕食はカレーピラフ。

 夜、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で石川佳純スペシャルを見る。不調の泥沼でもがき始終不安そうな表情が、いよいよ追い詰められ、段々と勝負師の顔になっていくところが凄かった。優れたスポーツドキュメント。感動した。

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=24684

 その後、「100分de名著 モモ」第2回を見て寝る。

 11時就寝。

|

一日中、家。傷かゆい。

 長崎原爆の日。昨日に引き続きの猛暑で一日中家にいる。

 昨夜、我慢できず恐る恐る頭を洗ったが大丈夫そう。縫った傷はもうかさぶたになっていてそこにホッチキスの針が三つ並んでいて猛烈にかゆい。ガリガリかけたらどんなに気持ちいいか。

 朝起きた時にはあれもやろう、これもやろうと思っていたが、その後、だらだらしていたら何となく機を逸して、結局、ゴロゴロしなが本を読んだりになってしまった。

 家の近くの期間限定のかき氷屋が今大人気だそうで、娘の友人がわざわざ葛西から食べにやってくるという。来て入れなかったら可哀そうなので予約に行く、と娘が言うので、聞くと電話予約はダメなのだとか。12頃のこと。それで帰ってきたところまた聞くと予約は取れたが午後3時20分からとか。そんなに盛況なんかい。開店は11時とか。明日、自分も行ってみようか。

 午後、Facebookを見ていたらWさんが、1988年8月1日~9日まで長野県富士パノラマスキー場で行われた「いのちのまつり No Nukes One Love」の写真集をリンクしていて、しばしそれに見入る。日本のウッドストック。

 https://www.facebook.com/pg/PrasadBooks/photos/?tab=album&album_id=1115230195186470&__xts__%5B0%5D=68.ARAKHDEVfESz8lSrGdpc0beDOuHyisYCqn_TEd0wqYw22gNdid_wNyTMtWuewLuAgNr70cOyvJNiZz94fMKPdz0RAfAApPeMQPu9l2PVCy5EJCTCRqHi_xKSnoc7WSCk94cPZCxtn3nbddw_3rsSmuGiSCc6JjiCJavWI0-o44M_UjWYyS-KiQ9IJAq_tEOaykAULwrH7KmVw8_2SgBKpMbANCDxPKP0Qv5Cjy-mkUYAXqqP6Co9QHo_jSR3PY2G8a3fHDtZJ6m8_mUcMNkWbWQldM7167NJYwqxylL03sUG4nHYEM3zvXV1kew3-1h3ID5ZuB53MxVPPmUI0RfQKZMLvwCwca8BwgcqRNnVgAVVtw5v62F-_d_Z0IN6XJEIAmd93SCxs8fR-t6S3xWz-YP6sU2lvNmzPQv1NiNpdh1EdwiQRk7Kk_6s&__tn__=-UCH-R

 10日間自分は全部いて、持っていた食料はすぐに無くなって、会場のゴミ拾いをして飯を食わせてもらっていた。終了後のステージのバラシも手伝った。なので自分や一緒に行った友人、あの場で知り合った人たちが映ってるのではと探してしまった。どの写真も一々懐かしい。

 午後、やろうと思っていたことの一つ、風呂の掃除をようやくやる。先日、テレビで掃除のプロのような人が色々技を披露していて、自分もやってみようと思っていたのだ。だがやってみるとあまり効果なし。結局、普通に洗った方がきれいになった。

 夜、ハヤシライスを作ると妻が言うが、頼んでカレーにしてもらう。暑いのでかえって辛いものが食べたくなった。

 NHKスペシャル「渡辺恒夫・戦争と政治」を見る。

 10時半就寝。頭の傷がかゆい。

|

狭山公園に行った

 本日、8月8日は父の命日。

 三連休の初日。人によっては11日も休みにして9連休という人もいるようで、自分もそうしても良いのだが、4~5月の自粛期間のことを思い出すと長期の連休というのがそうありがたいものでもなくなった。なので自分は3連休、一日おいて5連休。その初日。

 朝、冷蔵庫に残っていた弁当用の豚つくねとごはん。途中から卵かけごはんにする。それとコーヒー。

 午前中、Netflixで「賢い医師生活」を見る。「応答せよシリーズ」の作家(脚本家)の最新作。韓国のあだち充。韓流ドラマも作家で見るようになった。

 昼、買い物に行っていた妻がケンタッキーフライドチキンを大量に買ってきて家族でそれを食べる。なんだか肉食獣の群れのよう。

 息子が激務だったのが今日ようやく休みになって、だが一日寝ているだけで休みが終わりというのももったいない気がすると言うので、何処かへ出かけようということになる。

 ただあまり遠くでは翌日から仕事がまた疲れるし、あんまり近いと気分転換にならないというので、少し遠出して狭山公園に行くことに。妻、息子、自分の3人。

 着くと、思ったより人が少なく、多摩湖周辺は自然の風が気持ちよかった。息子もストレスが抜けたよう。

 木々の緑が色が濃く、林の中はセミの声に交じって野鳥の声が色々していたが、葉が生い茂っているこの季節は見ることができない。なのでデジカメの動画ボタンで録画というより鳴き声を録音。あとで何の声か調べたい。

 帰り、近くに友人の店があるのでそこへ行こうと思ったが、土曜日は休みなことに気づく。

 また、運転中、韓国語の先生から電話があったと留守番中の娘から連絡あり、もしや予定変更で今日授業があったのにすっぽかしてしまったか?と思い急いで電話すると、そうではなく、違う件で安心する。少し世間話。先日、頭を3針縫ったことを話すと先生もCTを撮ったとのこと。

 帰宅して少しして今度は焼き肉屋へ。おごるので行こうと息子。今日は一日肉。美味かった。

 夜、NHK・BSで横溝正史短編集Ⅱを見る。池松壮亮×横溝正史。以前、たまたま「犬神家の一族」を見たら寺山修司のような演出が斬新で、今回は「貸しボート13号」と「華やかな野獣」も含む3話。一話を30分で描き切るというのが面白かった。

 11時就寝。

|

初ゴリララーメン

 猛暑。現場じゃなくて良かった、というのが素直な感想。十条に届け物に行ったが、途中の甲州街道、環七は救急車の出動が多かった。おまけに事故も。

 環七内回り~甲州街道・八王子方面は昼時に何か食べていこうと思っても駐車場を備えた店が無い。調布付近まで来てようやくファミリーレストランなどが少しあって、後は府中に来るで待つほか無い。十条に行った帰りはいつもそんな風で、普段はコンビニで簡単なものを買っておいてどこかで駐車して済ませるが、今日は暑くてそうして買ったものを車に置いておくのが嫌で何も買っておかなかった。

 それで府中まで我慢して1時半頃、ようやく白糸の「ゴリララーメン」へ入る。

https://amakazusan.net/archives/26682

「ゴリララーメン」は甲州街道沿いのランドマーク的な店で、昔からあるが一度も入ったことがなかった。スマホで見ると昭和52年からあるというから創業43年の老舗。いつも通過してしてしまうが、そうした時は客がいっぱいだったり誰もいなかったりで、興味を持って見ていた。

 入ると満席で少し待つようだったが、すぐ一番隅の席が空いてそこへ。ソーシャルディスタンスということで隣は空いていて、かえってゆったりできて良かった。頼んだのは店内の張り紙に一番人気!とあるゴリララーメン。麺は細麺を選び、味たまごのトッピングも頼む。醤油ベースのピリ辛スープで、もやしがいっぱいのっていて美味かった。ライスも頼もうと思ったが止めておいた。

 会社に戻ると、校正を頼んでおいたものがFaxで届いていてそれをやる。

 帰宅後、夕食はプルコギと味噌汁とごはん。食後、娘がビックカメラに行きたいというので聖蹟桜ヶ丘に行く。自分はビックカメラのさらに上の階にある啓文堂書店を散策、立ち読み。NHK・Eテレ「100分で名著~モモ」のテキストを買う。

 帰り、コンビニでアイスを家族分買って、自分はまたハーゲンダッツの「リッチミルク」。限定品だがこの夏の定番になりそう。

 11時半就寝。

|

ブリンカーと卵の薄皮

 本日、広島原爆の日から75年。朝8時15分に黙祷す。

 昨日に続き今日も暑い一日。つい先日まで梅雨が続き、今年は冷夏か?などと言っていたのが嘘のよう。現場じゃなくて良かった。昨日、頭にけがを負ったのでその傷も含めて恐る恐るの一日だったが、問題なし。迷惑かけた諸氏にそれぞれ恐縮する気持ち。大人しく過ごす。

 色々考えるに、人それぞれとは思うがマスクって競馬馬のブリンカーのような効果がないだろうか。気が散りがちの馬にブリンカー(覆面)をかぶせると集中力が増して速く走るようになるというあれ。

 自分もマスクをしていると物事に集中できるように感じるが、翻って周囲に広く注意がいかなくなるような気がしていた。運転中は極力外すようにしている。昨日のケガも普通なら絶対起きないようなことで、何かの結界を踏み越えたかのような、今も夢を見ていたような、狐につままれた気分。

 卵の殻の裏側にある薄皮を傷口に貼ると治りが早いと教えてもらう。プロレスラーや相撲取りは切り傷が出来た際、そうして治すらしい。ネットで調べると確かに色々と書いてある。今の傷にやるつもりはないが、今度、そう酷くない傷ができた時には試してみたい。

https://www.onedrop-cafe.com/eggshell-membrane-adhesive-plaster/

一日中、室内にいたが、それでも暑くて帰宅時にコンビニにノンアルコールビールを買おうと思って寄ったら、妻に遭遇した。ゴミ袋を買ったのだとか。

 夕食後、横になっていたら眠ってしまって、目を覚ますと結構な時間だった。テレビで「ダークサイド・ミステリー」が点いていて、フィリピンにおける山下財宝についてやっていた。面白く見た。

 11時就寝。 

|

紙さん、いつもこんな痛い思いをしているのね。

 本日、頭を三針縫うケガ。間抜け過ぎて詳しく書かないが、一言でいえば自爆。これから来週の仕事打ち合わせを、、、というところで、しかも依頼者の庭先でのことで情けない。

 初め、何が起きたか分からなくて、なんだかおでこの辺りがぬらぬらするなあ、と思ったら、地面にボッタっと血が一滴落ちて、それからあっという間に、ズボン、シャツ、顔、腕などが血だらけになった。自分の手のひらに自分の血が溜まるのを初めて経験した。

 初め、頭なので血がいっぱい出てビックリしたが、傷は大したことが無く、血は冷たいタオルで強めに抑えていたらすぐ止まった。しかし念のため病院へ。CTを撮り、後で傷が開いくとまた面倒なので縫おうとことになった。

 ただ縫うと言っても、傷の周りに何本か麻酔を打つのも痛いらしく、同じ痛いなら麻酔を打つよりホッチキスのようなもので止めた方が早い、と医者が言うのでそうすることに。ただし、はっきり言って、このホッチキスのようなもの、の方が、当のケガの傷を負った時より数倍痛かった。三か所。紙さん、いつもこんな痛いを思いしているのね。

 というわけで、午後は早退して家で寝る。全然、平気なのに。。。と思っていたが、やはり血が多く出たので少し貧血気味だったのか。しばらくぐっすり眠る。

 被っていた帽子、シャツ、ズボン、止血に使ったタオル数本、どれも血だらけだったが、今、妻が洗濯したらきれになって、部屋干しされているそれを見て少し安心する。

 それにしても、随分、皆に迷惑をかけた。大反省。

|

朝、スタージェンムーン(チョウザメ月)

 早朝4時に寝苦しくて目覚める。外を見ると窓の外に赤い満月。思わずカメラを探してシャッターを切る。

 そういえばネットに昨夜からこの未明にかけてネイティブアメリカンが言うところのスタージェンムーン(チョザメ月)とか書いてあった。見た時間にもよるが火の玉が空に浮かんでいるような感じだった。そして空が白んでいくのに併せ色を変えながらすぐ落ちていいた。

Img_7506


Img_7510


 朝食はいつものサラダとコーヒー。息子はこれから四日間、仕事が激務なようで色々と大変そう。

仕事は昨日の続きで写真の整理。昼食は某スーパーの"体育会弁当"とかいうやつ。

 納品の件で午後はまた府中。経理に言われ請求書も持っていく。帰り、立て続けに3件やった現場のそれぞれのその後を見て回った。

 夜、夕食後、車のオイル交換に行く。20日に工場に入れる予約をしたと息子が言っていたが、それまでまだ日があるので、それだけでもやっておこうと思った。

 少し時間がかかるのを見越して本を持っていき待合室で読んでいたが、クーラーが効きすぎていてとても寒かった。おまけに缶コーヒーをかなり大量こぼす。Tシャツ、トートバッグなどがびしょびしょ。スタッフに謝る。対応してくれたのは娘と同じくらいの女性で「お気になさらずに」ときびきびと処理してくれてありがたがった。感謝。帰宅後、風呂場でそれぞれを手洗い、洗濯す。

 外ではウォークマンで音楽、家でもPCでドラマや映画等見る時はイヤホンをしているせいか最近耳が痛い。微かに耳鳴りもする。まだそんなにひどくはないが用心して控えようと思う。

 11時頃就寝。

|

のんの朗読

 今日から久しぶりの本社。先日までの現場の写真整理をする。自分が乗っているデミオが変な音がするというので休みの息子に車屋に乗って行って見てもらうことにして、出勤は息子のタントに乗っていく。

 昼はこちらも久しぶりにからやまで親子丼。唐揚げとのセットメニューをメインとしてあるものだが、いつも親子丼だけ頼む。それで十分で、これに唐揚げをつけて食べる人の気が知れない。

 夕方、今後の打ち合わせ。ちょっと特別な仕事のようで、色々と話を聞く。

 帰宅して息子に聞くと、車屋は今いっぱいで点検の予約を取ったとのこと。少し先になるようなので、近いうちにオイル交換だけでもするか。

 夜はゴーヤチャンプルと味噌汁とごはん。

 寝しなにテレビを点けたらNHK、Eテレ「100分で名著」が今月はミヒャエルエンデの「モモ」で朗読がのんだった。

 https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/100_momo/index.html?fbclid=IwAR0yjjn5qjj1WKt9uy9QcRLSYgH5Xok4VPBrX507Psnk0J1GJiUaQ-Dt53A#box01

彼女がテレビに出れないようになって何年も経つが、最近は少し緩んできたのか。プレミア感のある人になって、かえって良かったのではと個人的に思う。

 11時頃就寝。

|

「August and Everything After」

 梅雨明けで快晴なのが嬉しく、朝から洗濯する。靴も洗う。布団を干すのを手伝う。

 冷蔵庫を見ると、先日まで自分の現場にバイトに来ていた娘が作業員のAさんに貰ったルートビアがあった。昔、一度飲んだことがあるがどんな味だったか覚えていないので興味が湧き「飲まないの?」と娘に聞くと、一本まるまる飲む自信は無いとの返事。なので半分づつ飲むことにした。

 現場では昔、人伝手に聞いた話で、禁酒法時代にビールの代わり飲まれたものとか、黒人が酒を飲むのを禁じられてこれを飲んでいた、などの話をしたが、真偽は分からず、ネットでその辺のことを知りたいと色々検索したが分からなかった。スヌーピーの好物、という事は分かった。

 飲むと最初の印象はサロンパス臭。そのせいで最初シップ薬をそのまま液体化したものを飲むような気分に襲われたが、そこをこらえて口に含むと結局はコーラ同様に甘い炭酸飲料。飲むうちに慣れてしまった。今年の夏はルートビアで始まった感じ。

 午前中、一人で買い物に行っていた妻が昼頃帰宅するなり、鍵束を失くしたとのこと。丁度、昼食に冷麺を作っているところだったので、とにかく作って食べて、自分も探しに行く。彼女が自転車で通っただろう道を1時間ほどうろうろしたが見つけられず、帰るとすれ違いに妻が先に戻っていて、買い物に行ったスーパーの駐輪場に落ちていたのを見つけたとのこと。良かった。

 午後、少し昼寝して、某大型電気店に電気シェーバーを買いに行く。体温計の電池が切れていたことを思い出し、ボタン電池もついでに買う。帰り、急にアイスクリームが食べたくなりハーゲンダッツのアイス、リッチミルク(期間限定)を買い食べる。これ、美味しい。

 夜はキーマカレーとパン。だがそれだと少し足りなくてごはんでも食べる。

Photo_20200802211101

 
 YouTubeでカウンティング・クロウズの「August and Everything After」を聞く。1993年に発表された名盤「August and Everything After」には同名のタイトルトラック曲が収録されていない。アルバムジャケットに題名は走り書きしたものの、歌は収録しないことにメンバーで決めた、のようなことが海外版ウィキペディアにある。で、この歌が正式にスタジオレコーディングされたのはなんと26年後の去年2019年でAmazon originalとして。自分も初めて聴いたがオーケストラバージョンで美しい。あのアルバムの最後にこれが収められているのを想像してしまう。

https://youtu.be/uQpRNR90qME

 この歌、誰か対訳してくれないものか。

|

「応答せよ1994」を見た。

 朝、レタス、トマト、キュウリのサラダとバナナ、それとコーヒー。今日から8月。それと梅雨がやっと明けた。 

 「愛の不時着」のヒットで、今は何度目かの韓流ドラマブームらしいが、自分もその流れで数日かけてNetflixにある「応答せよ、1994」を見た。本日、午前中に20話と最終回の21話。

 以前「応答せよ、1988」をケーブルテレビで見た時、身近に見たという人がやはりいて、盛り上がって話し始めたがどうしても話がかみ合わず、「あれ?僕見たのは88だけど。。。」「いえ、私は94です」のような事になった。で、その人の“ロスぶり”を見て、94も88同様、面白いのだろうなあ、とずっと思っていた。

 この「応答せよ、シリーズ」は97、94、88とあって、自分は88の大ファンなので、この94も良くある単なるラブコメとは思ってはいなかったものの、こんなにも揺さぶられるとは思わなかった。最後はちょっと泣いてしまった。

1944

 
 1話ずつ薄皮を剥くようにされ、最後には自分の芯にある(あることすら忘れていた)20代の頃の感情をむき出しにされ取り出されたかのようだった。どの場面のどれも、見覚え、身に覚えがあり、だが世代を問わず誰をもそうした気にさせるところが、このドラマの人気の所以なのだろう。97も以前見たが、自分には88と94が双璧(97ファンの人ごめんなさい)。何かにつけ魅力的なエピソードやシーンをピンポイントで見るだろう。

 ドラマを見ていて羨ましかったのは、登場人物たちが昔を振り返る時、当時の仲間たちが一人も欠けることなくそこにいるが、自分はそうでないということ。自分にとって同時代を余さず共に生きたチング(友だち)と敬愛したヒョン(兄貴)の二人はもう故人。特にヒョンは意外にもドラマ好きで、良く夜中、ドラマ談義で電話をかけてきたりしたっけ。できればこれも一緒に見て騒ぎたかった。

 昼、冷麺を作ろうと思ったがなんだか面倒くさくなってどうするかと考えていたら、妻がチャーハンを作ってくれた。美味。

 午後は韓国語の授業。午前中に見たドラマの余韻を引きずっていて、中で使われていた気になったことばや言い回しをいくつか質問した。

 夜、夕食はアジの干物、刺身こんにゃく、枝豆、茗荷と油揚げのお吸い物。ごはんは抜き。その後、欲しいものがあって百草の100円ショップへドライブがてら買い物に行く。

 蒸し暑いがまだ冷房を点けるほどではなく、かえって中途半端な感じ。読書して寝よ。

|

より以前の記事一覧