いわきアリオスウォールギャラリー企画「いわきニュー・シネマ・パラダイス」に寄せて。

  いわきアリオスウォールギャラリーの「いわきニュー・シネマ・パラダイス」という企画に文章を寄せてくれと依頼がありました。“いわきで見た映画の思い出”とのこと。以下、その文章です。

        ★

  『ホームランとカルメン』                     

 小さい頃、母に連れられて行った怪獣映画やアニメ映画以外の映画を初めて映画館で見たのは、平駅(現いわき駅)前の「聚楽館」だと思う。“思う”と書いたのは、当時は複数館体制だったので、実際は「アポロ座」だったのかもしれないし「平東宝」だったのかもしれない。1976年でぼくは11才で小学校5年生だった。

710x720  

 見た映画は『がんばれ、ベアーズ(1976 米 マイケル・リッチー監督 )』と『激走!5000キロ(1976 米 チャック・ベイル監督 )』の二本立て。元社会人野球の選手だった父に連れられて弟と3人で見た。子供会のスポーツ少年団のソフトボールチームに属し(今はどうか知らないが、当時のいわきの子供たちは野球ではなくソフトボールをやっていた。そして野球をやっているつもりになっていた。)、そして弟とビートルズを初めて聞いて夢中になり始めたのもこの頃のこと。

 「見た映画の思い出」ではなく「映画館の思い出」ということで語らせてもらえば、この時、父がチケットを買うのに並んでいる間、ぼくと弟は隣の館のポスターを眺めていたのだが、そのポスターは『ラストワルツ(1976 米 マーチン・スコッセジ監督 )』だった。4人のカナダ人と1人のアメリカ人からなるロックバンドThe Bandの解散コンサートを捉えたドキュメンタリー映画。だが、勿論、そんな事は当時子供のぼくらは知るわけはなく、ただ映画のワンシーンを捉えた一枚のスチール写真に釘付けになっていただけだった。映っていたのはリンゴ・スター。今の人には信じられないかもしれないが、あの頃は好きな外国のミュージシャンが動いてる姿を見る機会など皆無に等しかった。動いているビートルズが見れる!「こっちでもいいな」と、弟と言い合ったのを思い出す。

 ちなみにこの初めての映画体験である『がんばれ、ベアーズ』にはロックに纏わるこんなシーンがある。テイタム・オニール演じる主人公の女の子は後にチームの主力となる不良少年とある賭けをした結果、デートをすることになるが、そのデートがローリングストーンズのコンサートなのだ。ウォルター・マッソー演じる監督が「ガキのくせにストーンズ?」みたいに言うのを聞いて、子供のぼくはストーンズという単語を何かとても大人びた、そして少しいかがわしい「場所」のように、その時、想像した。

 それから13年後、1989年の夏に父はこの世を去ったが、その初七日も終わらぬうちにぼくはアメリカ旅行に出かけ、その道すがら、当時、日本には来日できないと信じられていたローリング・ストーンズのコンサートをフィラディルフィアで見た。「スティール・ホイールズ・ツアー」の初日。アンコールの曲が終わりメンバーがステージを去った後、何発もの花火が打ち上げられ、映画「Let's spend the night together」の時のようにジミ・ヘンドリックスの「星条旗よ永遠なれ」が流れると思っていたらそうではなく、曲はなんと不意打ちのようにビゼーの「カルメン」だった。「カルメン」は「がんばれ、ベアーズ」の挿入曲。平の映画館のスクリーンに弧を描いた不良少年ケリーが撃った打球が時空を超えフィラディルフィアの夜空に届いたような気がした。そしてその時も、ああ、父と平の駅前でベアーズを見たな、と思った。

     https://youtu.be/dDBhj4GfPBc

 大学進学を契機に、ずっとぼくは東京で生きることになって、特に原発事故以降、様々な事情からいわきに帰る機会は以前よりさらに少なくなった。そしてたまに帰ると平の街の変貌ぶりにいつも驚かされる。だが、当たり前だが街は変わっても思い出は残る。そしてぼくの少年時代の思い出は上に書いたように思わぬところで見た映画と繋がっていて、その映画の多くは平の街で見た映画だ。

 今度「ポレポレいわき」(「聚楽館」の後身)は2シアターを残して存続…と、従来とは少し形が変わってしまうと聞いたが淋しくない。どんな形であれ映画が上映され続ける限り、そこに新し思い出が生まれ続けることを知っているからだ。ぼくはもう50を過ぎたが、あの前を歩くと今も頭の中で「カルメン」が流れ出す。

     https://youtu.be/6j7MQ2g01_0

|

映画「パターソン」を見た。

Img_2981_800x600_2  

 ジム・ジャームッシュの新作「パターソン」を見た。

 http://paterson-movie.com/

 ウィリアム・C・ウィリアムスとかアレンギンズバーグとか、またディランの歌で有名なボクサー、ハリケーン・カーター等、知った名前が出てきて身近な感じがした。そして見終わった直後から永瀬正敏演じる「日本の詩人」が連発する“a ha”が口癖のようになってしまった。詳しいうんちくは控えることとして、一つだけ感想を言えば、今度、犬を飼うなら絶対ブルドッグにしようと思った。

 上の写真はこの映画のパンフレット。シティ・ライツとかから出ている詩集のようで気に入った。“a ha”.

|

映画「ムーンライト」~ククルクク・パロマ

 アレサ・フランクリンの「One step ahead」、バーバラ・ルイスの「Hello,stranger」、ボリス・ガーディナー「Every nigger is a Star」等々、音楽の使われ方がいちいち絶妙だった映画『ムーンライト』。シーンと音楽の関わり方についてならどの曲についても何か書けそうだが、取り上げたいのは「Cucurrucucu Paloma」(ククルクク・パロマ)と言うメキシコの古い民族舞踏曲。

 虐められてドラッグユザーの巣窟のような廃墟に逃げ込んだ小さなシャロンを心優しき売人のファンが見つける、その出逢いの頃のシーン。ピッタリだった。あまり褒められた人間でない大人の方が子どもに人生を良く教える、ということがままあるが、この出会いの後、ファンも様々なことをシャロンに教える。

 人気のない開いた戸の前に
 毎朝、一羽の鳩が飛んできて哀しそうに泣く
 あの鳩はきっと彼の魂だ
 鳩よ、お願いだ
 そう ククルククと泣かないで
 誰にも彼の愛が分かるはずもないのだから

                                      作詞作曲 トマス・メンデス

「自分の道は自分で決めろ。絶対に他人に決めさせるな。」とファンは小さなシャロンに言う。ドラッグ中毒の母親に育てられたゲイの黒人の物語・・・と言うと自分とは無関係、と考えがちだがそうではない。これはアイデンティティについての映画。アカデミー賞受賞については賞が白人至上主義だという批判やトランプ政権誕生の影響が囁かれるが、こんな寡黙な映画が受賞したのはやはり事件だろう。どうやら僕らは本当に時代の変わり目にいるらしい。

 

|

映画『ライオン~25年目のただいま』~SIAの「NEVER GIVE UP」

 映画『ライオン~25年目のただいま』を見た。5才の時、インドで迷子になり、オーストラリアの養父母の元で育った青年が5年かけてグーグルアースで我が家を見つけ、25年ぶりに帰還したという驚愕の実話。主演は『スラムドッグ・ミリオネア』のデヴ・パデルだが、圧巻は主人公サル―の幼年期を演じたサニー・パワール。何千人ものカメラテストが行われる中、実際に恵まれない子供達が通う学校で見いだされたという彼。演技経験が初めてとは思えないほどのその存在感に圧倒された。動画はシーアが歌う主題歌「NEVER GIVE UP」。この時代の新しい『Get up, stand up』に聞こえる。このゴールデンウィークに是非。

 

|

『牯嶺街少年殺人事件』を見た。

Img_1497_800x600  
 今週はこの映画を見逃さない事だけを心掛けて生きていた。3時間56分、トイレに立ちたくないので(途中休憩無しの上映なので)、朝から水分と食事を控え気合を入れて出かけたが、
上映後、映画館から出た時は、映画に打ちのめされたのか腹が減り過ぎたののか良く分からないような状態でフラフラ。“見た”というより、60年代の台湾の明るい光と暗闇、そしてその中を蠢く不良少年たちの抗争と、映画史に残ると言われるファムファタールとの純愛を“体験”したという感じ。

 明後日、二十日にはこの映画を愛してやまない坂本龍一氏個人所有のスピーカーによる爆音上映というのがあって、本当はそれに行きたかったがチケットは早々とソールドアウト。こんなに静かな映画なのに爆音上映?と思いきやこの映画は音響の臨場感が凄い。それだときっと"体験"の深度がさらに増すのだろうと納得。

 パンフレットに故エドワード・ヤン監督の生前の文章があるがそれが感動的だ。以下、一部抜粋。

 「歴史の授業で教えられることに私が不信をぬぐえないのは、自分が個人的に体験したことが歴史には記録されていないからだ。1950年代というかなり近い過去ですらそうなのだ。<中略>幸いなことに、過去の偉大な精神が、芸術、建築、音楽、文学等々の形で残してくれた鍵のおかげで、将来の世代はどうにか真実を再構成し、人類への信頼を取り戻すことが出来る。映画もまた、将来の世代のために、同じ目的で奉仕されなければならない。」 エドワード・ヤン 1991年6月

 権利関係のもつれで最初の上映以後、DVD化もされず、スクリーンでの上映も叶わなかった伝説の傑作だが、上記の監督の文章によれば制作時、スタッフの60%。キャストの75%がこの映画でデヴューを飾る言わば素人だったとか。その無垢と熱狂。出来れば若い人に見て欲しい、と思った。今、人生の時間の中の3時間56分に『牯嶺街(ク―リンチェ)少年殺人事件』の焼印がある。まだ、じゅーっと音がしてモワ~ンと煙が上がってる状態。ボーイ・ソプラノのプレスリーが耳を離れない。切ない。

     http://www.bitters.co.jp/abrightersummerday/

|

映画「弁護人」を見た。

Photo_2
 韓国人(特に若い人)が"パボノムヒョン(バカ盧武鉉)"と言う時は僕らには分からない親しみと哀惜の念が込められているらしい。貧しい農家に生まれ、高卒で、工事現場などで働きながら自力で司法試験に合格し、初めは金もうけ主義の、後に軍事政下で不当な暴力に苦しむ人々を助ける人権派弁護士へと生まれ変わり、ついには大統領まで上り詰めた人。そして多くの人に愛されながら悲劇的な最後(自死)を遂げた人。

 昨日の夕刊に先週見た「湾生回家」の黄銘正監督のインタヴューが出ていたが、その隣に大好きなソン・ガンホのインタヴューもあり、読んで早速、今日、映画「弁護人」を見てきた。映画の主人公のモデルはその弁護士時代の若き盧武鉉。実際に起きた事件を材に取り、ただの男が国家権力と闘うに至る過程とそのラストを見て、自分は現在起きている朴槿恵退陣を求める100万人デモの核にあるものを見たような気がした。

 http://www.huffingtonpost.jp/sungmin-kim/counsel-movie_b_13039290.html

 残念だったのは本日は以前フォークシンガー中川五郎さんから教えて貰った本「九月、東京の路上で」の著者加藤直樹さんのトークショーがあったが満員で見る回が違ってしまい、その場にいるのに見れなかったこと。本当に残念。

|

映画「湾生回家(わんせいかいか)」を見た。

Img_0958_800x600_2  
 わが父方の一族は台湾からの引き上げで、いわゆる「湾生(わんせい)」。夏に族長的な伯父が亡くなったのを機にこの秋は、数年不義理をしてしまっていた伯母二人と再会したが、そこでも二人から聞かされたのはかつての台湾での暮らしのこと。小さい頃から亡き父から何度も聞いた話もあれば初めて聞く話もあった。

 今日見た映画「湾生回家(わんせいかいか)」はこの「湾生」たち数人の人生を追ったドキュメンタリー。

http://www.wansei.com/index.html

 本日が日本公開初日とあって台北駐日経済文化代表処・駐日代表や出演者の舞台挨拶などがあった。会場の年齢層は幅広く、上映途中、会場内は年齢問わずすすり泣く声が聞こえていた(僕も涙腺決壊)。そしてこの傑作を台湾と日本の若いスタッフが作り上げたことに先々への希望を感じた。

 僕は先週末、伯父の遺品を整理していたら出てきたと言う古い写真をいわきの伯母から川崎の伯母へ渡すのを買って出たばかり。今度伯母にあったら住んでいたのは台湾のどのへんなのか、地図でも手に入れて詳しく聞いて来ようと思う。一度行かなければと思う。

|

約30年ぶりに恩師による映画の講義を受けた。

Photo_2  昨日、有明の武蔵野大学で約30年ぶりに恩師による映画の講義を受けた。「ウェスタンからハードボイルドへ~アメリカ国家建設神話の崩壊」。取り上 げた映画は「荒野の決闘」(1942年米 ジョン・フォード監督)と「チャイナタウン」(1976年米 ロマン・ポーランスキー監督)。

 「マカロニウェスタンには教会と学校がない」とは淀川長治の名言だが、本家アメリカの西部劇には勿論、教会と学校がある。ヒーローは荒野から町にやって 来て悪を倒し、秩序をもたらすとまた荒野へと去っていくが、その時、町には病院、教会、学校等(文明の象徴)が残されるのだ。映画「荒野の決闘」の主人公 ワイアット・アープの盟友ドク・ホリデーは医者だし、ヒロイン"愛しのクレメンタイン"は教師。建設前の教会における日曜礼拝でのあの有名なダンスシー ンでは星条旗がたなびいている。

 しかし、その後、西部劇が作られなくなって、代わって作られるハードボイルド映画では事件が収束(解決ではない)しても決して町に秩序はもたらされない。悪は居直って在り続ける。それどころか主人公ですら多少いかがわしい人物であり、ただ一線を越えそうなところをギリギリで自らの信条・哲学に踏みとどまるのだ(それによりさら悲劇が起きてしまったとしても)。

Photo_4  映画「チャイナタウン」でジャック・ニコルソン演じる探偵はかつてチャイナタウンで起きた出来事がトラウマとなっているが、それについては最後まで語ら れない。この物語には最初から空洞がある。だが映画にはシーンごとに様々な暗喩や散りばめられている。

 恩師は若い学生達に今回の都知事の不祥事を例に、ユーモラスに説明していた。事件には初めから空洞があ り、一応、収束はするが(決して解決ではない)、悪は居直って在り、町(東京都議会)に真の意味で秩序はもたらされない、我々はハードボイルドな世界に住んでいるの だ、と。

 昨日はどうゆうわけか打ち上げでぼくが恩師にカクテルを振る舞うことになっていたが、二人で「ギムレットには早すぎる」(レイモンド・チャンドラー著 「長いお別れ」の中のセリフ)を連発しながら原宿のレンタル・スペースに移動・・・だが最後には無事シェイカーを振れた。良かった。

 30年前、この恩師の授業をジャックして別の講演者を立てしまったりするふとどきな学生だったが、つくづく自分は損をしていたのだと思った。昨日、一回 分取り返した。来週は「ディア・ハンター」(1978年米 マイケル・チミノ監督)と「アメリカン・スナイパー」(2014年米 クリント・イーストウッド監督)。ヴェトナム戦争とイラク戦争について。講義があるのが平日で残念。

|

映画「オデッセイ」を見た。

 今日見た映画「オデッセイ」は火星に取り残された男が地球に帰ろうとする話。

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

酸素=地球の1/200、食料=31日分、通信手段なし、救出が来る可能性は4年後・・・ぼくはtrailerのこの歌い文句だけなら見なかったかもし れない。でも船長が残して行ったのが何故か70年代のダサダサ、デイスコ・ミュージックのヒット曲集!で、主人公がそれを生きる縁(よすが)に頑張る (本当は嫌いだけどそれしかないから)・・と人づてに聞いて俄然興味が沸いた。ディスコ・ミュージックがBGMのサヴァイヴァルSFムービー。新しい。

 

 ネットでは“火星版Dash村”などと早くも言われているが、言い得て妙。今後この手の音楽を聞くたびにぼくはあの赤茶けた火星の風景と無機質な 宇宙空間、それに有機栽培のジャガイモ畑を思い出してしまうだろう。どの曲もシーンに合っていて、もし歌詞を知っていると、この映画、面白さが更に増すのだろう。(さてデビッド・ボウイの「スターマン」はどんな場面でかかるでしょうか?)

 監督は「エイリアン」「ブレードランナー」のリドリー・スコット。主演は「グッドウィルハンティング」のエンドロール以来、ぼくが勝手にビートニクスの末 裔だと思っているマット・デイモン。音楽は70sディスコミュージックだが、映画の奥そこに60Sのカウンターカルチャーのメッセージが遠くこだましている気がした。
 
 日本版のキャッチコピーは「70億人が、彼の還りを待っている」だが、映画を見て、ぼくらもひょっとしたら、この星の偶然の生存者にすぎないのでは?と思った。70億分の1の。そしてこの火星、もしかしたら未来(今)の地球の暗喩かもしれない。

|

映画「縄文号とパクール号の航海」を見た。

 「このTwitterに故網野善彦氏が紹介していた中国大陸から見たアジア地図を貼り付けたら、映画「縄文号とパクール号の航海」のTwitterにお気に入り登録された。確かに原始的な方法で航海する人の大陸の感じ方はぼくらとは違うだろう。」~4月26日。 自分のTwitterよりコピペ。

 春に上のようなことがあって以来、ずっと見たいと思っていたドキュメンタリー映画「縄文号とパクール号の航海」(2015 水本博之監督)をついに見た。場所はルネ小平。

Photo_3

そのホームページ。http://jomon-pakur.info/

「砂鉄を集め工具を作り、その工具による手作りで舟を作り、エンジンを使わずにGPSやコンパスも使わず、島影と星だけをたよりにインドネシアから日本まで航海する」(パンフレットより)という恐ろしく手間のかかる計画を立案したのはあの「グレートジャーニー」の関口晴夫氏だ。目的があって行為がある。でも効率や成果を度外視し、行為そのもを喜びにしてしまえば、人生はもっと生々しく、恐ろしく、豊なのだろうと、見てそんな事を考えた。

 

 舟の上の野趣あふれる料理が美味そうだった。そして乗組員のマンダール人一人一人も実に味わい深い男たちだが、異文化に身を投じ、葛藤しながらも一歩一歩共生を果たしていく若者二人も素晴らしいと思った。
 Cai_0596

 帰りの電車の中でも、ずっと耳の奥でチャプチャプと水の音がしていて、洋上にいるように体がフワフワしていた。駅のホームに吹く風に潮の匂いが混じっているような気がした。しばらくは舟の上にいるような気持ちで生活するだろう。今東京で、あんなにでかく星は見えないが。

  PS

 昨日は東京での今年最後の上映だったが、11月末に神奈川県逗子のシネマアミーゴで2週間に渡る上映が決まったとのこと。

   http://cinema-amigo.com/movie/000474.html

震災後のライフスタイルを考え直すきっかけにもなる。是非一人でも多くの人に見て貰いたい映画だと思う。

| | コメント (0)